今週の説教

2020年1月26日説教(ヨハネ6:22-35、命のパンを求めなさい)

1.5千人の養いの後で ・ヨハネ福音書を読んでおります。ヨハネは他の福音書とは異なり、物語そのものよりも、物語の意味を探求する福音書です。イエスが5つのパンと2匹の魚で5千人を養われた「パンの奇跡」は有名で、4福音書全てに記事が載っています。他の福音書では記事は物語を説明する比較的小さなものですが、ヨハネではこれが6章全体に及ぶ長い物語となっています。物語そのものは15節で終りますが、この奇跡がどのような意味を持っているのかが22節以降で詳しく展開されます。 ・今日の聖書箇所は物語に続く説話場面ですが、最初に物語を振り返ります。イエスの話を聞くために多くの人々が集まり、夕暮れになったため、弟子たちは食事の心配をします。ヨハネはそこに「男だけで5千人」(6:10)いたと述べています。イエスは食べるものもない群衆を憐れまれ、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」(6:5)と弟子たちに問われます。弟子たちは困惑します。フィリポは言います「めいめいが少しずつ食べるためにも、二百デナリオン分のパンでは足りないでしょう」(6:7)。その時、アンデレがイエスに言います。「ここ ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

最新記事

説教書庫

旧約書庫

新約書庫

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.