江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年6月28日説教(第一テサロニケ4:13-18、再臨を待望する生活)

1.再臨信仰 ・パウロの書いたテサロニケ教会への手紙を読んでおります。今日、私たちは、テサロニケ人への手紙4章から、御言葉を聞いていきます。パウロはギリシャのテサロニケに福音を伝え、そこに教会が形成されましたが、その福音とは「イエスの十字架の死による購い、イエスの復活による救い、イエスの再臨による救いの完成」であったことが手紙の冒頭から読み取れます。パウロは言います「あなたがたは偶像から離れて神に立ち帰り、生けるまことの神に仕えるようになった。また御子が天から来られるのを待ち望むようになった」(1:9-10)。「御子が天から来られる」、キリストの再臨です。現代の教会は、「十字架と復活」を中心に宣教しますが、初代教会においては、「再臨」、キリストが再び来られることを通して救いが完成することが信仰の中核的な意味を持っていました。主の祈りで、私たちは「御国を来たらせたまえ」と祈りますが、「御国が来る」、神の支配がこの地上に来るようにとの祈りこそ再臨、神の国の完成を待望する祈りです。 ・再臨はギリシャ語では「パルーシア(到来)」ですが、それがラテン語で「アドベントゥス」となり、英語の「アドベン ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.