江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2022年1月23日説教(マルコ6:30-44、命のパンをいただく)

1.飼い主のいない民を憐れむイエス ・マルコ福音書を共に読んでおります。イエスは十二弟子を訓練のために各地に派遣されました(6:6-13)。弟子たちがイエスの下に戻ってきて、派遣先でどのようなことを行ったのか、どのようなことを話したのかを、興奮して次から次へ報告します(6:30)。イエスは弟子たちが疲れているのを見て、「あなたがただけで人里離れた所へ行って、しばらく休みなさい」と言われ、弟子たちと共に舟に乗って向こう岸に行かれます。イエスたちが舟に乗ったのを見た人々が、先回りして駆け出し、イエスたちを待ちました。今日の物語はそこから始まります。 ・人々は驚くべき熱心さでイエスを求めています。もちろん、願いは自分や家族の病気の癒しでした。その彼らを、イエスは「憐れまれ」ます。マルコは記します「イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた」(6:34)。そこには5千人の人がいたとマルコは記します。それほど多くの人々がイエスを求めて来ました。イエスは彼らを拒絶されず、「飼い主のいない」彼らを、「深く憐れ」まれました。 ・「飼い主の ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.