すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

2017年6月18日説教から

2017-6-18
「というのは、私たちの一つの体は多くの部分から成り立っていても、すべての部分が同じ働きをしていないように、私たちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです」(ローマ12:4-5)

私たちは多くの兄弟姉妹と共に教会を形成します。個人個人は多様な価値観と世界観を持ちます。お酒を神が下さった恵みとしていただく人もいるし、酒の害を見てお酒を飲むことは罪だと思う人もいます。肉を食べても良いと考える人もいれば、肉は動物の生命を絶って食べるのだから、「殺すな」という戒律に反すると考える人もいます。どちらも正しい。

しかし、教会において求められるのは「人の正しさ」ではなく、「神の正しさ」です。「神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜び」です。「肉を食べてもよいか」という問題は、「キリストは彼のためにも死なれた」という真理の前では些細な問題です。その些細な問題で教会を壊してはいけない。

パウロは語りました「愛は隣人に悪を行いません」。キリスト者の自由とは、自分の権利を相手のために放棄する自由です。病気の人が教会に来ても病気が良くなるわけではなく、貧乏な人が教会に来ても金持ちになるわけでもありません。しかし、病気のままに、貧乏のままに祝福を受けるのが教会です。外部状況は変わらなくとも内部から新しい人間に変えられていくのが教会と言う場です。しかしそこに争いがあれば、神の国は壊れます。信仰の本質にかかわらないところで争って、教会を壊すことはやめたい。違いがあってもよい。お酒を飲む人も飲まない人もいていい。本質に関わらない問題では争わない。本質で一致し、細部は個々人の決断に委ねる。そこに神の国が生まれていきます。そのような教会を、共に建設したいと祈ります。

説教

新着一覧

証などのビデオ


17-06-18cnoncert後半

再生数:34 コメント0


17-06-18concert前半

再生数:45 コメント0


2017-06-11 証し 神学校に学ん...

再生数:27 コメント0


2017年6月11日聖歌隊讃美...

再生数:22 コメント0
祈れないあなたのために


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから