江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2022年5月22日説教(使徒言行録26:19-32、神がして下さったことを証しする)

1.アグリッパ王の前で弁明するパウロ ・使徒言行録を読んでいます。パウロはエルサレムで保守派のユダヤ人たちに襲われ、ローマ当局は彼をカイザリアの牢獄に幽閉します(23:33)。そのカイザリアにユダヤ教の大祭司アナニアが訪れ、パウロを正式に告発します。大祭司は、「パウロは疫病のような危険人物で、世界中のユダヤ人に暴動を伝染させるから排除すべきだ」と主張します(24:5-6)。それに対してパウロは「私は神に対しても人に対しても責められることは何もありません」と弁明します(24:16)。総督フェリクスは結論を出さず、パウロをカイザリアの牢獄に監禁し、パウロは二年間そこに幽閉されました。 ・総督フェリクスは紀元53年、ユダヤ総督の地位につきました。彼の在任中(53-58年)、数多くの反ローマの暴動が起こり、暴動を鎮圧する際の非情さが、穏健なユダヤ人を怒らせ、さらなる暴動発生の原因となります。彼は奴隷出身の総督で、後に皇帝になったクラウディウスと親しく、パレスチナ総督に任命されています。しかし、彼の行政は腐敗と不正の温床となりました。歴史家タキトウスは「フェリクスは王の特権を奴隷根性で行使した」 ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.