江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年11月29日説教(マタイ6:5-13、主の祈りを生きる)

1.祈りの前半~神を称える三つの祈り ・今週からクリスマスにかけてマタイ福音書を読んでいきます。今日与えられたテキストはマタイ6章、「主の祈り」の箇所です。主の祈りは教派を超えて祈られます。キリスト教会はカトリックとプロテスタントに分かれており、プロテスタントではさらに細かく教派が分かれています。信仰の形の違いが多くの教派を生みましたが、その中で教派を超えて、この「主の祈り」が共に祈られています。ここに信仰の中核が凝縮されているからです。 ・主の祈りは前半に神への三つの祈りがあり、後半に私たちの願いの祈りが配置されています。私たちが通常祈る場合は、自分の必要性を最初に祈ります。「どうか私の病をいやしてください」、「どうか家族が安泰でありますように」と祈ります。私たちは様々な心労や困窮を抱え、「何とかしてください」と神に訴えます。しかし、イエスは最初に神の聖名を崇め、御国の到来を祈るように示されています。何故なら、「あなた方の父は願う前から、あなた方に必要なものはご存じなのだ」(6:8)からです。前半の三つは「天におられる父」への呼びかけです。この父にはアラム語「アッバ」という言葉が残さ ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.