江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年10月18日説教(コヘレト4:1-12、不条理の世をどう生きぬくのか)

1.人生の不条理にコヘレトはどう対処するのか ・コヘレト書を読んでいます。コヘレトは「この世に悪があること、そのことにより多くの人が苦しんでいる」現実を見つめます。3章でも彼は語りました「太陽の下、更に私は見た。裁きの座に悪が、正義の座に悪があるのを」(3:16)。世の現実は不条理に満ち、正義を行うべき司法の場にも、行政の場にも悪があります。4章はこの3章に続いて、世の悪に対してどう対処すべきかについてコヘレトの言葉です。彼は語ります「私は再び、日の下で行なわれる一切の虐げを見た。見よ、虐げられている者の涙を。彼らには慰める者がいない。虐げる者が権力をふるう。しかし、虐げられている者には慰める者がいない」(4:1、新改訳)。イスラエルの伝統神学では、「神は弱者が虐げられたままには放置されない」と説きます(箴言22:22-23「弱い人を搾取するな、弱いのをよいことにして。貧しい人を城門で踏みにじってはならない。主は彼らに代わって争い、彼らの命を奪う者の命を、奪われるであろう」)。しかし世の現実は異なります。「見よ、虐げられる人の涙を。彼らを慰める者はない」とコヘレトは語ります。だから彼は ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.