すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

2018年4月15日説教から

2018-4-15
「パウロもアポロもケファも、世界も生も死も、今起こっていることも将来起こることも。一切はあなたがたのもの、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものなのです」(1コリント3:22-23)

パウロは「一切はあなたがたのもの、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のもの」と語りました。私たちの教会もこのような理想を持ちたいと思います。私たちには「神と世の和解の言葉」が委ねられています。私たちには世を救う「福音」が委ねられています。

パウロはコリント教会を「神の教会」、その信徒を「召されて聖なる者とされた人々」と呼びます。争いを繰り返している教会の人々を、パウロはそれでも「聖徒」と呼ぶのです。神に召された故に聖なる者とされたのです。私たちも「キリストの名によって召され、神の言葉を聞き、それぞれの場で福音を伝えるために」集められていいます。仲間割れや分派争いをしている時ではありません。

教会には違う者が集められています。しかし、主から使命を委ねられているという理解は一致しています。この一致を持って教会を形成し、世に出て行くのです。内村鑑三の墓は多磨霊園にありますが、その墓碑には次の言葉が刻まれています「I for Japan.japan for the world.The world is for Christ. And all for God.」。「私は日本のため、日本は世界のため、世界はキリストのため、そして全ては神のため」、私たちがキリストにある大志を持って教会形成に取り組んでいった時、教会は世に福音を伝える拠点になりうるのです。

説教

新着一覧

証などのビデオ


2018-04-01聖歌隊讃美

再生数:38 コメント0


20180331 ライジングゴスペルクワ...

再生数:51 コメント0
受難日礼拝 永遠にあなたと


2018.03.31 ライジングゴスペル...

再生数:47 コメント0
柔軟日礼拝Because Of Who You Are ...


2018.02.11聖歌隊讃美

再生数:99 コメント0
誰かのために


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから