すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

2016年7月24日説教から

2016-7-24
「良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける」(マタイ7:19-20)

ユダの手紙は問題を含んだ文書です。歴史的に見ても、四世紀に正典と認められるまで様々な否定的評価がありました。しかし、私たちはこの書を神により与えられた書として読んでいきます。現代の私たちに、異端やカルトの問題を考える契機を与えるからです。

ウィリアム・ウッド著「教会がカルト化する時」によれば、韓国で1970年代から爆発的な伝道がスタートし、信徒数が数千人、数万人のメガチャーチが生まれ、「信徒数が多い教会」こそが、祝福された教会と考える風潮が生まれました。そしてクリスチャンが少ない日本でもメガチャーチを作ろうと考える牧師が現れるようになり、その過程で、効率良く、速成で信徒数を増やせる、弟子訓練やセルチャーチ的な手法が用いられるようになり、それが行き過ぎて、日本でもカルト化した教会が現れてきました。

宗教学者・櫻井義秀氏は警告します「教会成長のビジョンが成功し、創業者がカリスマ的になり、権力の乱用が起こる。教会成長をもたらすのは信徒による熱烈な布教活動で、実績を焦って強引な勧誘をしたり、脱会者に圧力をかけたり等のカルト化が現れてくる。弟子訓練が信徒の教会生活だけでなく、日常生活にも介入するようになる。さらに信徒は神の代理人である指導者に従うことが信仰的となり、教会が権威主義化する」。教会がカルト化する時、教会はもはや救いの場ではなく、貪りの場になってしまいます。カルト化した教会では、カリスマ的な牧師の言葉が絶対視され、キリストが見失われていきます。私たちが拝むべき方はキリストのみです。ユダが強調するのはそのことです。

説教

新着一覧

証などのビデオ


献金奨励

再生数:28 コメント0
日本基督教海外医療協力会のために...


16.06.12聖歌隊讃美

再生数:86 コメント0
小さな羊が


16.05.22献金奨励

再生数:127 コメント0
シオンクリスチャンスクールのために...


2016.05.15証し

再生数:111 コメント0
ペンテコステを記念して


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから