すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

2017年8月20日説教から

2017-8-20
「ヤコブよ、あなたを創造された主は、イスラエルよ、あなたを造られた主は、今こう言われる。恐れるな、私はあなたを贖う。あなたは私のもの。私はあなたの名を呼ぶ。水の中を通る時も私はあなたと共にいる。大河の中を通ってもあなたは押し流されない。火の中を歩いても焼かれず、炎はあなたに燃えつかない」(イザヤ43:1-2)

イスラエルはイザヤを通して与えられた神の約束を信じて、捕囚期を耐え抜き、70年後に故郷エルサレムに戻り、神殿を再建します。しかし、エルサレムに戻ったユダヤの民はその後も政治的な独立は得られず、ペルシャ、ギリシャ、ローマの支配下で苦しめられ、再建した神殿もローマにより再び破壊させられ、その後のユダヤ人は国をなくした「流浪の民」として世界各地に散らされ、各地で「キリストを殺した民」として迫害を受け、終にはナチス・ドイツによるホロコーストによる民族大虐殺を経験します。

1943年にワルシャワのゲットーでドイツ軍に殺されたヨセル・ラコーバーは死を前に手記を書きました「神は彼の顔を世界から隠した。彼は私たちを見捨てた。神はもう私たちが信じることができないようなあらゆることを為された。しかし私は神を信じる」。

人生はいつも思い通りに行くわけではありません。神の約束を疑わずにいられないほどの失望や悲しみが襲ってくることもあります。その中で神を信じて行くのです。イエスは最後の晩餐の時に語られました「神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい」。死んでもまた会えるではないか、その時はお互いに「喜びのぶどう酒を飲もう」とイエスは語られているのです。そしてイエスは復活された。私たちは復活の命を信じます。そして守ってくださる神に感謝し、礼拝します。

説教

新着一覧

証などのビデオ


17-08-13聖歌隊讃美

再生数:13 コメント0
友よ歌おう30番「知っていますか、イエス様を」...


17.07.23神学校教会音楽科への学び...

再生数:37 コメント0
東京バプテスト神学校 十時節子先生...


2017.07.09聖歌隊讃美

再生数:43 コメント0
インマヌエル賛美歌「こころくじけて」...


17-06-18cnoncert後半

再生数:78 コメント0


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから