江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2024年2月25日説教(ヨハネ12:20-36、一粒の麦として死ぬ)

1.一粒の麦が死ななければ ・先週2月14日灰の水曜日から、受難節に入りました。本日与えられた聖書箇所はヨハネ12章です。ヨハネは12章から受難週の最後の一週間の出来事を記していきます。12章の中心となる言葉は、12章24節「一粒の麦は地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ」です。多くの人がこの言葉に感銘を受けました。ドストエフスキーは「カラマーゾクの兄弟」の冒頭にこの言葉を書きます。アンドレ・ジイドは自伝の表題を「一粒の麦」と名付けました。三浦綾子・塩狩峠の主題も「一粒の麦」です。この言葉は本来、イエスが受難を前に、「自分は死ぬが、父はその死を通して豊かな実をお与えになる」という決意を示された言葉です。今日はこの言葉の持つ意味を共に考えたいと思います。 ・12章の物語は数人のギリシア人たちがイエスに会いに来るところから始まります。「祭りの時、礼拝するためにエルサレムに上って来た人々の中に、何人かのギリシア人がいた。彼らは、ガリラヤのベトサイダ出身のフィリポのもとへ来て、『お願いです。イエスにお目にかかりたいのです』と頼んだ」(12:20-21)。ユダヤは ...

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.