江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年7月12日説教(第二テサロニケ1:3-12、働くことの意味は何か)

1.苦難の中にある教会への二つの手紙 ・ペンテコステ以降、弟子たちは宣教の業を続け、福音はエレサレムを超えて異邦世界に伝えられていきました。しかし、福音宣教は決して順調に行ったのではありません。多くの異邦人たちは弟子たちの言葉に耳を傾けませんでした。パウロはギリシャのアテネで宣教しました。町には偶像の神々の像がいたるところにありました。パウロは「このような偶像神は何の力も持たない、人の手で作った彫刻に過ぎない。世界を創造された神は一人子イエスを遣わし、救いの手を差し伸べられた。私たちはイエスが復活されたのを見た。この方こそ救い主=キリストだ」(使徒17:30-31)と説教しました。しかし、アテネの人々は死者の復活ということを聞くと、ある者はあざ笑い、ある者は「いずれまた聞かせてもらおう」といって、その場を去っていきました。誰も信じようとはしなかったのです。 ・またパウロがテサロニケで伝道していた折は、その地に住むユダヤ人によって騒乱罪で告発されています。ユダヤ人たちは「世界中を騒がせてきた連中が、ここにも来ています・・・彼らは皇帝の勅令に背いて、『イエスという別の王がいる』と言っていま ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.