江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2022年6月26日説教(コロサイ4:2-17、祈りの輪の中で生かされて)

1.パウロの最後の勧め ・コロサイ書を読み続けてきました。今日が最終回です。コロサイ教会を創立したエパフロスはエペソの獄にパウロを訪ね、教会が異なる福音に惑わされ、混乱しているゆえに、教会に宛てて手紙を書いてほしいと願います。パウロはコロサイの人々の為に祈りながら、この手紙を書いています。彼は語ります「私たちは、いつもあなたがたのために祈り、私たちの主イエス・キリストの父である神に感謝しています」(1:3)。同時にパウロはコロサイの人々にも、自分たちのために祈って欲しいと伝えます「目を覚まして感謝を込め、ひたすら祈りなさい。同時に私たちのためにも祈ってください」(4:2-3a)。祈りの基本は相手のためのとりなしです。共に祈りあう、そこに祈りに結ばれた交わりが成立します。祈りの内容は「神が御言葉のために門を開いてくださり、私たちがキリストの秘められた計画を語ることができるように」(4:3b)です。最初期のローマ世界ではキリストの教えは邪教とされ、そのためパウロは「牢につながれています」。獄中でパウロは「福音=キリストの秘められた計画」を語り続け、そのために「コロサイの人々の祈りと励ましを ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.