江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年9月20日説教(出エジプト記20:1-17、祝福としての十戒)

1.十戒の付与 ・エジプトを出たモーセと民は、3カ月の荒野の旅の末に、主の山シナイにたどり着きました(19:1-2)。シナイはモーセが最初に神と出会った場所であり(3:1)、エジプトを出た民はここに1年間滞在し、主の民としての訓練を受けます。このシナイで主は民と契約を結び(シナイ契約)、その条文が「十戒」です。主は「あなた方をエジプトから救済した」のは、「あなた方を聖なる民とし、あなた方を通して救いを諸民族に伝える」ためだと語られます(19:5)。モーセが主の言葉を伝えると、民は主の申し出に応じて契約を結ぶことを誓います「私たちは主が語られたことをすべて行います」(19:8)。 ・そしてモーセは主から戒めを受けるために、主の山に一人で登っていき、十戒を記した石の板を受け取ります。それが24章にあります「モーセが山に登って行くと、雲は山を覆った。主の栄光がシナイ山の上にとどまり、雲は六日の間、山を覆っていた。七日目に、主は雲の中からモーセに呼びかけられた。主の栄光はイスラエルの人々の目には、山の頂で燃える火のように見えた。モーセは雲の中に入って行き、山に登った。モーセは四十日四十夜、山に ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.