江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2023年2月5日説教(ルカ19:41-48、信教の自由の日を覚えて)

1.信教の自由の日を覚える ・2月11日をキリスト教会では「信教の自由を守る日」として覚えます。国の法律で定められた「建国記念の日」という呼称は、戦前の紀元節の復活であり、戦時中に天皇を神と崇めることを強制され、激しい宗教弾圧が起こったことへの戒めとして、キリスト教会はこの日を「建国記念の日」ではなく、「信教の自由を守る日」にしました。戦前の紀元節とは、日本書紀で最初の天皇とされている「神武天皇」即位の日(紀元前660年2月11日)という神道神話に由来する日であり、天皇が執り行う宮中祭儀と密接に結びついていました。戦前の紀元節では、学校では校長が御真影と日の丸の下で教育勅語を朗読し、君が代を斉唱し、神国日本が祝われた日でした。戦後、国家神道は解体され、紀元節は廃止されましたが、次第に戦前回帰の動きが始まり、1966 年には佐藤栄作内閣の下で、旧「紀元節」が「建国記念の日」と制定されました。その後、靖国神社法案が提出され、元号法が制定、総理大臣の靖国神社公式参拝、君が代・日の丸強制等々の戦前回帰の動きが次々に出てきました。キリスト教会は戦前の軍国主義、世界侵略への反省の意味をこめて、2月 ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.