江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2021年12月5日説教(ヨハネ1:1-13、初めに言があった)

1.神が人となって来られた ・待降節を迎えています。今日、私たちに与えられました聖書箇所はヨハネ1:1-13、ヨハネ福音書の最初の言葉(序文)です。この序文は初代教会の讃美歌(ロゴス賛歌)であったと言われています。ヨハネは語ります「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(1:1)。この言葉=ロゴスを「キリスト」と読み替えると意味がはっきりします。「初めにキリストがおられた。キリストは神と共におられた。キリストは神であった」。そして、「言(キリスト)は肉となって私たちの間に宿られた」(1:14)。ヨハネは、クリスマスの本質とは「神が人となって私たちの所へ来られた」、その一点にあると考えています。 ・ヨハネ福音書は、「初めに=エン・アルケー」と言う言葉で始まります。その時、ヨハネの心には、創世記1章1節が浮かんでいたと思います。当時、ヨハネが読んでいた聖書は70人訳ギリシャ語聖書で、その最初の創世記は、「初めに=エン・アルケー」で始まります。「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた“光あれ”。こうして、光 ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.