今週の説教

2020年2月16日説教(ヨハネ10:1-18、良い羊飼いは羊のために命を捨てる)

1.良い羊飼いは羊のために命を捨てる ・ヨハネ10章「羊と羊飼い」の記事は、「羊のために命を捨てるイエスと、羊である私たち」との深いつながりが示されています。ヨハネ10章には「命を捨てる」という言葉が繰り返されています。牧草や水を求めて山野を歩く羊飼いに危険はつきものです。狼はいつ襲ってくるかわかりませんし、強盗に遭遇する危険もあります。羊飼いは無力な羊のために身体を張って戦う覚悟をしなければなりません。イエスは当時の日常生活に例えをとりながら、自分がどのようにして死んでいくのかの決意をここに語られています。 ・イエスは「私は良い羊飼いだ」と言われました。そして、「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(10:11)と言われます。群れのために命を捨てる羊飼いこそ、良い羊飼いだと語られています。この羊飼いの喩えはユダヤ人、直接的には祭司やファリサイ派の人々に対して語られています。「イエスは、この喩えをファリサイ派の人々に話されたが、彼らはその話が何のことか分からなかった」(10:6)。羊飼いの話は9章から続いている文脈の中で語られています。イエスは生まれつきの盲人の目を開けられましたが、その ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

最新記事

説教書庫

旧約書庫

新約書庫

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.