江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2021年5月2日説教(使徒言行録9:1-19、復活と回心)

2021年5月2日説教(使徒言行録9:1-19、復活と回心) 1.パウロの回心体験 ・今週から使徒言行録の学びに入ります。エルサレムに始まった教会はペテロやヨハネ等ガリラヤ人の弟子たちを中心にした集まりでした。彼らは復活のイエスに出会ってその存在を変えられた人々ですが、信仰的には「律法を守り、神殿を尊ぶ」、保守的なユダヤ教徒でした。ユダヤ教会も彼らの存在を容認し、彼らはユダヤ教の一派「ナザレ派」として活動しています。しかし、ギリシア語を話すユダヤ人たち(ヘレニスタイ)と呼ばれる人々が教会に入ってくると、少しずつ教会が変わり始めます。彼らは「人はイエスの十字架の贖罪を通して救われる、律法や割礼は不要だ」と説き、「神は人が造った神殿には住まわれない」と公言します(7:49-50)。これは神殿礼拝や割礼を大事にするユダヤ教徒には我慢が出来ない異端であり、指導者ステファノは殺され、ギリシア語系キリスト教徒たちはエルサレムを追われて、サマリアやシリアに逃れていきます。紀元32年ごろ、イエスの死と復活から2年後のことです。 ・その様子を使徒言行録は記します「サウロは、ステファノの殺害に賛成していた ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.