江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2020年10月21日祈祷会(ヨハネ黙示録20章、最後の審判と千年王国)

投稿日:

 

1.千年王国

・バビロンは滅び、悪魔は裁かれ、千年の間、牢に閉じ込められるとヨハネは預言する。戦いに敗れた捕虜を一時投獄して、その後に処刑することが、当時は一般的であった。
-黙示録20:1-3「私はまた、一人の天使が、底なしの淵の鍵と大きな鎖とを手にして、天から降って来るのを見た。この天使は、悪魔でもサタンでもある、年を経たあの蛇、つまり竜を取り押さえ、千年の間縛っておき、底なしの淵に投げ入れ、鍵をかけ、その上に封印を施して、千年が終わるまで、もうそれ以上、諸国の民を惑わさないようにした。その後で、竜はしばらくの間、解放されるはずである」。
・終末の裁きに先立つ千年の間、殉教者たちが復活し、キリストと共に統治し、人々はサタンの力から解放され、自由の空気を吸うとヨハネは宣言する。
-黙示録20:4-6「私はまた、多くの座を見た。その上には座っている者たちがおり、彼らには裁くことが許されていた。私はまた、イエスの証しと神の言葉のために、首をはねられた者たちの魂を見た。この者たちは、あの獣もその像も拝まず、額や手に獣の刻印を受けなかった。彼らは生き返って、キリストと共に千年の間統治した。その他の死者は、千年たつまで生き返らなかった。これが第一の復活である。第一の復活にあずかる者は、幸いな者、聖なる者である。この者たちに対して、第二の死は何の力もない。彼らは神とキリストの祭司となって、千年の間キリストと共に統治する」。
・千年王国の幻想の背景には、激しい迫害の中で、多くの信徒たちが殺されていくという現実があった。神はヨハネに、「殉教者たちの死は決して無駄ではない」と幻を示された。本当に恐れるべきものは肉体の死ではなく、魂の死である。
-マタイ10:28「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい」。
・キリストと信仰者の千年支配は、現在の世界内の出来事として描かれている。そのため、歴史上千年王国の教説は、大飢饉やペスト、戦争、革命等の社会不安の中での希望として読まれてきた。出口のない社会の根本的変革と救済を望むユートピア願望である。アウグスチヌスはこの千年王国は今実現していると教える。
-アウグスチヌス・神の国「教会の聖徒たちは地上で戦う兵士であり、召天した人々は現在キリストと共に世を支配している。この意味で、私たちは現在、千年王国の只中に生きているのである」

2.最後の審判

・千年は私たちにとっては長いが、神の目から見れば千年もまた一瞬だ。千年王国が終わると、サタンが再び解放され、神の軍勢と戦いを挑む。「悪の力は世の終わりまで滅びない」とヨハネは語る。
-黙示録20:7-9「この千年が終わると、サタンはその牢から解放され、地上の四方にいる諸国の民、ゴグとマゴグを惑わそうとして出て行き、彼らを集めて戦わせようとする・・・彼らは地上の広い場所に攻め上って行って、聖なる者たちの陣営と、愛された都とを囲んだ。すると、天から火が下って来て、彼らを焼き尽くした」。

・マゴグとゴクはエゼキエル書に出てくる。マゴグに住むゴグは辺境の民を率いて神の都エルサレムに進撃し、神により滅ぼされる。ヨハネはエゼキエル書を基本に最後の審判の記事を書いている。

-エゼキエル38:1-3「主の言葉が私に臨んだ。『人の子よ、マゴグの地のゴグ、すなわちメシェクとトバルの総首長に対して顔を向け、彼に預言して、言いなさい。主なる神はこう言われる。メシェクとトバルの総首長ゴグよ、私はお前に立ち向かう』」。
・最後の裁きの時が来た。人は全て復活し、神の御前に立たされ、行いに応じて裁かれる。
-黙示録20:11-12「私はまた、大きな白い玉座と、そこに座っておられる方とを見た。天も地も、その御前から逃げて行き、行方が分からなくなった。私はまた、死者たちが、大きな者も小さな者も、玉座の前に立っているのを見た。幾つかの書物が開かれたが、もう一つの書物も開かれた。それは命の書である。死者たちは、これらの書物に書かれていることに基づき、彼らの行いに応じて裁かれた」。
・死者たちは復活し、命の書に名前を記されていない者たちは永遠に滅ぼされる。
-黙示録20:13-14「海は、その中にいた死者を外に出した。死と陰府も、その中にいた死者を出し、彼らはそれぞれ自分の行いに応じて裁かれた。死も陰府も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である」。
・最後の裁きがどのようなものか、私たちには知ることが許されていない。誰が命の書に名前を記されているかも知らない。ただ、私たちが人生の総決算をここでしなければいけないことは事実である。しかし安心してよい。裁かれるのはキリストである。
-マタイ25:31-33「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると・・・彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。そこで、王は右側にいる人たちに言う『さあ、私の父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、私が飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。・・・私の兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、私にしてくれたことなのである』」。

 

3.千年王国をどう考えるか

 

・ヨハネ黙示録20-21 章は、神と悪魔の最終戦争で、悪魔は完全に敗北し、それによってそれまで悪魔が支配していた古い世界があとかたもなく崩壊し、そのあとに神の国(「新しい天、新しい地」黙示録)が始まると預言する。ここから「千年王国論」が生まれる。それは全人類の最後の審判以前に、キリストがよみがえった聖人たちと共に地上に戻り、この地上で千年にわたって栄光ある王国を統治するという信仰である。

・キリストが統治する千年王国というこの地上のユートピアは、サタン= アンチ・キリストを暴力的な闘争において打倒することによってのみ達成されるという点で、革命的な性格を帯びている。実際、17 世紀なかばのイギリスにおいて爆発的流行の時代を迎えた。この千年王国論がピューリタン革命を推進する力ともなっていくと同時に、この千年王国の思想はピルグリム・ファーザーズと呼ばれるピューリタンたちによって新世界アメリカにも移植される。彼らはアメリカを「ヨハネ黙示録」にある「新しい天、新しい地」として意識するようになるのである。

・村上伸はヨハネ黙示録講解説教の中で語る。

-「千年王国説は、社会的不安の中で、現状の根本的な変革と社会全体の救済を望む一種のユートピア待望である。だが、ヨハネがここで言っていることには大きな意味があった。彼は、迫害の下で苦しみ・動揺している信徒たちを慰め、励ますためにこれらの幻を語った。元来の「千年王国説」のルーツは後期ユダヤ教の時代にあった。祖国を失い、エルサレム神殿も失って離散したユダヤ人は、安息日に会堂に集まって律法を学ぶという形で信仰を守り続けたが、「このような苦しみはやがて必ず終わる」と信じていた。ヨハネ黙示録はこの信仰を受け継いだ」。

-「初代のキリスト教徒たちは、ローマ帝国による迫害に苦しみながら、「このような不義の世界はやがて終わる」と信じた。その後で、世界は再び新しく創造され、正しく生きた人々は救われるだろう。正しい者たちは復活を許され、キリストと共に統治する時を与えられる。「至福の千年」が到来する。それはまだ本当の終末ではない。歴史の結論はまだ出ていない。それに先立つ千年間だ。しかし、その間はサタンも自由に動きまわることができないように閉じ込められる。彼らは、この信仰・希望によって耐え難い苦難を生き抜いたのである。これは、混迷の中にある現代の我々にとっても意味のあることではないか」。

・「至福の千年」が到来しても、それがいつまでも続くわけではない。「この千年が終わると、サタンはその牢から解放される」(20:7)。サタンは再び牢から解放され、「地上の四方にいる諸国の民、ゴグとマゴグを惑わそうとして出て行き、彼らを集めて戦わせようとする」(20:8)。戦いは続くのである。その時こそ、神はこれらの軍団に立ち向かうとヨハネは語る。「天から火が下って来て、彼らを焼き尽くした」(20:9)。戦争そのもの、軍事力そのものの廃絶を意味する。その後で、最後の裁きが来る。死者たちは皆、神のみ座の前に出て、その「行いに応じて裁かれ」(20:12)、救われるものは「命の書にその名が記される」(2:15)。村上伸は語る「戦争はサタンの業である、と明確に言われている。戦争は神の御心ではない。だから、やがて必ず廃絶される。サタンの業である戦争を肯定しないことが、「命の書」に登録される道なのではないか」。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.