江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2007年4月11日祈祷会(ヨハネ黙示録1章、ヨハネが見た幻)

投稿日:2019年8月21日 更新日:

1.流刑地にいたヨハネに幻が示される

・ヨハネ黙示録は、ローマ皇帝ドミテイアヌスの迫害の中で、流刑囚ヨハネに示された幻である。教会は皇帝礼拝を拒否したために迫害された。ヨハネは迫害に悩む各地の信徒たちに、見た幻を文書にして送れと命じられる。
―ヨハネ黙示録1:9-11「私は、あなた方の兄弟であり、共にイエスと結ばれて、その苦難、支配、忍耐にあずかっているヨハネである。私は、神の言葉とイエスの証しの故に、パトモスと呼ばれる島にいた。ある主の日のこと、私は“霊”に満たされていたが、後ろの方でラッパのように響く大声を聞いた。その声はこう言った『あなたの見ていることを巻物に書いて、エフェソ、スミルナ、ペルガモン、ティアティラ、サルディス、フィラデルフィア、ラオディキアの七つの教会に送れ』」。
・黙示文学はいずれも迫害の中で書かれている。黙示(アポクリファー)とは、隠されたものが明らかになることである。見える現実に何の希望もない時に、人は神の審きを待望し、その審きが天上の出来事として示される。
―ヨハネ黙示録1:1「イエス・キリストの黙示。この黙示は、すぐにも起こるはずのことを、神がその僕たちに示すためキリストにお与えになり、そして、キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったものである」。
・ヨハネは黙示を通して、ローマ皇帝が世を支配しているのではなく、神が支配しておられることを証しする。その証し(ギリシャ語=マルチュリア)は、最終的には殉教(martyr)を伴うものになるかもしれない。
―ヨハネ黙示録1:2-3「ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした。この預言の言葉を朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちとは幸いである。時が迫っているからである」。
・彼が見た幻は、死んで復活された天上のキリストである。勝利者キリストが審判者キリストとして来られる幻をヨハネは示された。聖なる姿に接して気を失ったヨハネに、キリストは右手を置いていやし、言葉を語られる。
―ヨハネ黙示録1:17-19「恐れるな。私は最初の者にして最後の者、また生きている者である。一度は死んだが、見よ、世々限りなく生きて、死と陰府の鍵を持っている。さあ、見たことを、今あることを、今後起ころうとしていることを書き留めよ」。

2.苦難をどのように受け入れるのか

・私たちに何故苦しみが与えられるのか、苦しみの意味は何なのか、わからない時がある。何故、神が沈黙されているのか。最初の殉教者ステパノは、エジプトに売られたヨセフの苦しみの中に、自分の苦しみを見た。
―使徒言行録7:9-14「族長たちはヨセフをねたんで、エジプトへ売ってしまいました。しかし、神はヨセフを離れず、あらゆる苦難から助け出して・・・彼をエジプトと王の家全体とをつかさどる大臣に任命したのです。ところが、エジプトとカナンの全土に飢饉が起こり、大きな苦難が襲い、私たちの先祖は食糧を手に入れることができなくなりました。・・・そこで、ヨセフは人を遣わして、父ヤコブと七十五人の親族一同を呼び寄せました」。
・ヨセフは兄弟たちに奴隷として売られたが、やがてヨセフは兄弟たちに言う「神が私をここに遣わされたのだ」と。苦難を神が与えられたものとして受け入れる時、その苦難は祝福に変わっていく。それが信仰の勝利だ。
―?コリント7:10「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」。
・ヨハネはローマの迫害の中で、抵抗して立ち上がれとは言わない。苦難を耐えよと勧める。今の世界を良くしていこう、地上に神の国を造ろうとする運動はことごとく失敗している。私たちが求めるべきは、新しい天と地が来ますようにとの祈りである。教会が為すべきことは福音の宣教であり、社会改革や社会福祉ではない。
―ヨハネ黙示録21:1-4「私はまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。更に私は、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意を整えて、神のもとを離れ、天から下って来るのを見た。そのとき、私は玉座から語りかける大きな声を聞いた『見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである』」。
・私たちは主の再臨を待てば良いとヨハネは言う。主は始めであり、終わりであられる方だからだ。
―ヨハネ黙示録1:7-8「見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、ことに、彼を突き刺した者どもは。・・・神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる『私はアルファであり、オメガである』」。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.