江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2019年12月22日説教(マタイ2:1-12、クリスマスの日に起こった出来事)

投稿日:

1.御子の降誕と人々の反応

 

・クリスマス礼拝の時を迎えました。今年はマタイ福音書を読んでいきますが、今日読みますマタイ2章は、イエスがお生まれになった時、東方から三人の占星術の学者たちが星に導かれて幼子イエスを礼拝したとマタイは記します「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来た」(2:1)。占星術、今日の言葉で言えば天文学です。当時は占星術が盛んで、人々は天体の異変を見て自分たちの未来を知ろうとしました。アレキサンダー大王が生まれた時、天に異変があり、占星術師(マゴス)が「アジアを滅ぼす者が生まれた」ことを告げたとされています。マタイは、メシアの星を東方の占星術師たちが見て、「パレスチナに世界を救う王が生まれた」と示されて、その星を追ってユダヤに来たと記します。

・占星術の学者たちはエルサレムの王宮を訪ねて聞きます。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」(2:2)。「ユダヤ人の王」という占星術師たちの言葉は、ヘロデを不安にしました(2:3)。ヘロデはイドマヤ出身の異邦人であり、ローマ軍の後押しを受けてユダヤ王になりましたが、民衆の支持はありませんでした。ヘロデは王権の正当性を保つためにユダ・ハスモン王家の血を引く女性を妻にむかえますが、彼女が王位を狙っているとの猜疑心にかられ、妻を殺し、妻の親族を殺し、ハスモン家の血を引く三人の子も反逆罪で処刑しています。このようなヘロデですから、占星術師たちの言葉に自分の王位を脅かす者の出現を予感し、不安になったのです。

・彼は「メシアは何処に生まれるのか」と祭司長たちに質しました。祭司長たちはミカ書5章2節の預言から、それはベツレヘムであると答えます。ミカは預言していました「ユダの地、ベツレヘムよ、おまえはユダの君たちの中で、決して最も小さいものではない。おまえの中から一人の君が出て、わが民イスラエルの牧者となるであろう」(2:6)。新しい王の誕生を聞いて、ヘロデ王だけでなく、エルサレムの指導者たちも不安を感じたとマタイは記します(2:3)。現状に満足する者にとって、新しい世を招く神の子の出現は不安をもたらすのです。祭司長たちは「メシアがベツレヘムで生まれる」との預言を確認し、今また「メシアが生まれた」との報告を聞いても、誰も礼拝に行こうとはしません。

・占星術師たちはベツレヘムを目指してエルサレムを出発します。東方でみた星が先立って進み、彼等はイエスとその両親が住む家に導かれ、幼な子を拝し、黄金・乳香・没薬を献げたとマタイは記します(2:11-12)。その後、「ヘロデのもとに帰るな」という啓示を受け、別な道を通って故国に帰って行きました。他方、御使いはイエスの父ヨセフに現れ、「ヘロデが命を狙っているのでエジプトに逃げよ」と指示し、ヨセフはマリアと幼子イエスを連れてエジプトに逃れたとマタイは記します(2:13)。マタイはその後ヘロデがベツレヘムに軍隊を派遣し、2歳以下の男子を全て殺し、ベツレヘムには子が殺されたことを嘆く母親の泣き声が響いたと記します。


2.マタイの視点から考える

 

・マタイは、「東から来た占星術師たちはその星を見て喜びにあふれた」と書きます(2:10)。東とは、多くのユダヤ人たちが寄留し、メシア伝承を保持していたバビロンだと思われます。当時、「ユダヤから世界を支配する者が現れる」との期待が広がっており、彼らは故郷バビロンで、「東方に輝くメシアの星を見た」(12:2)。だから彼らはその星に導かれてエルサレムに来て、やがてベツレヘムに向かいます。その時、「東方で見た星が先立って進み、幼子のいる場所の上に止まった」(2:9)。神が彼らにメシアを啓示してくださった。だから彼らは「喜びにあふれた」のです。

・彼らはひれ伏して幼子を拝み、「黄金、乳香、没薬」を差し出しました。ある注解者は記します「この黄金、乳香、没薬は未来を占うために必要な商売道具だった。彼らはそれを捧げた。もう占う必要なくなったからだ」と。黄金は生きるために必要であり、乳香は礼拝を捧げる時に用いられ、没薬は死者を葬るときに用いられます。それらは彼らが占いをする上で必要な道具でした。学者たちは、将来何が起こるかを知るために、星占いをしていました。しかし神は彼らに救い主を啓示してくださった、その救い主は「インマムエル=神共にいます」という名の幼子であった。将来何が起こるかわからないが、救い主がどのような時にも共にいて下さるのであれば、どのような未来も受けいれることが出来ます。魔術や占星術はもはや不要となり、彼らは自分の最も大事にしているものを救い主に捧げたとマタイは語るのです。

・この個所に関連して、富山鹿島町教会の小堀康彦牧師は語ります「東方の博士たちは占星術を行う者でした。旧約聖書において「占い」は、偶像礼拝と並んで最も忌み嫌われる行為でした。「占いや呪術を行ってはならない」(レビ19:26)その他で禁じられている行為です。占いというものは、神以外の何らかの原理によってこの世界が支配されており、それを知ることによって予め明日起きることを知ろうとする技術です。しかし、イエスの誕生を知らされたのは占星術の学者であり、彼らは星に導かれてイエスを拝みに来たとマタイは書きます。何故だろうと思っていた時、気づきました「彼らは占星術の学者という、神から最も遠い所に生きていた者だ。彼らは神の御前に誇るべきものを何一つ持ち得ない者であったが故に、選ばれた」のではないかと。

・「この占星術の学者たちは、その後どうしたのでしょうか。ある人はこの占星術の学者たちが献げた黄金、乳香、没薬は、占星術のために用いる高価な道具であったと言います。とすれば、彼らがイエスにそれを献げたということは、今まで自分たちの生業としていた占星術から足を洗った。彼らは神に選ばれ、導かれ、まことの救い主、まことの王、自分の人生の主人と出会った。だから、彼らはもう占う必要はなくなった。そのような者に変えられた。マタイはそのことを、12節「彼らは別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。」という表現で示しているのではないかと思います」(富山鹿島町教会、2015年12月20日)。見事な釈義だと思います。

 

3.クリスマスの意味を考える

 

・今日の招詞にヨハネ1:11-12を選びました。次のような言葉です「言は、自分の民のところへ来たが、民は受入れなかった。しかし、言は、自分を受入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」。神の民となるべく養育されてきたユダヤ人はイエスを拒絶しましたが、異邦人はイエスを受け入れ、その結果救いが全人類に及ぶようになったとのヨハネの信仰告白の言葉です。マタイが福音書2章で述べている事柄をヨハネは別の視点から告白しています。

・私たちは20世紀を終えて、21世紀に生きています。20世紀は「科学と技術の世紀」と言われ、科学技術の進歩により私たちの寿命は延び、人口は増え、経済的には豊かになりました。しかし私たちは幸福にはなっていません。何故ならば、科学技術の進歩は他方で大量殺戮兵器を生み出し、この兵器を用いて人間は殺し合いの規模を拡大させていったからです。20世紀はまた「戦争と殺戮の世紀」でもあります。二度の世界大戦を経験したにもかかわらず、現在も争いは繰り返され、イラクやシリアでは、テロとの戦いの枠を超え、白人とアラブ人の、キリスト教徒とイスラム教徒の民族紛争の様相を強めています。戦争の多くは民族紛争です。人間は民族の壁を乗り越えることが出来ない、それは人間が民族を超える神の存在を受入れることを拒否したからだと聖書は言います「言は、自分の民のところへ来たが、民は受入れなかった」。

・しかし少数の人はこの神を受入れました。「人間の生と死は、人間の知恵や努力を超えた大きな力によって動かされている」ことを知るものは、神を受け入れます。そして「言は、自分を受入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」。自分を超えるもの、民族を超える神を見出した時、人は初めて自分と異なる者を受入れることが出来ます。人が自分の思い(エゴ)から解放されない限り、人は他者を受入れることが出来ず、争いを繰り返さざるを得ません。どうすれば自己から解放されるのか、それは全ての人の神である方を受入れることしかありません。キリストは私のために死んでくださいましたが、同時に私たちが争う他者のためにも死んで下さいました。そのことを知る時、初めて他者との和解が可能になります。

・私たちの明日は、神の御手の中にあります。その神は私たちを愛し、「共にいる(インマヌエル)」と言って下さるのですから、私たちは安んじて自らの明日を神にお委ねする。だから私たちはもう自分のことを祈る必要はなくなったから、次のように祈ります「主よ、私を平和の器とならせてください。慰められるよりも慰める者としてください。理解されるよりも理解する者に、愛されるよりも愛する者に。それは、私たちが、自ら与えることによって受け、許すことによって赦され、自分の体をささげて死ぬことによって、とこしえの命を得ることができるからです」(フランシスの祈り)。この祈りを通して福音は広がって行くのです。私たちは和解の器としての使命を神から与えられています。私たちは和解の福音を伝えるために、今日この教会に集められています。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.