江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2006年11月8日祈祷会(ヤコブ3章、人を殺す舌を制御しなさい)

投稿日:2019年8月21日 更新日:

1.舌は火であり、人を殺す力を持つ

・ヤコブは教会の指導者、教師として、言葉の持つ恐ろしさをしばしば経験したのであろう。教師の心無い一言が、一人の人を天国から締め出してしまうのを彼自身が経験している。
―ヤコブ3:1-2「私の兄弟たち、あなたがたのうち多くの人が教師になってはなりません。私たち教師がほかの人たちより厳しい裁きを受けることになると、あなたがたは知っています。私たちは皆、度々過ちを犯すからです。言葉で過ちを犯さないなら、それは自分の全身を制御できる完全な人です」。
・舌は馬のくつわ、船の舵のようなものだ。舌がその人の全人格を支配する。舌は人を破滅させることも出来るのだ。
―ヤコブ3:3-5「馬を御するには、口にくつわをはめれば、その体全体を意のままに動かすことができます。また、船を御覧なさい。あのように大きくて、強風に吹きまくられている船も、舵取りは、ごく小さい舵で意のままに操ります。同じように、舌は小さな器官ですが、大言壮語するのです。どんなに小さな火でも大きい森を燃やしてしまう」。
・人は舌を制御できない。舌は燃えさかる火のようだ。燃えさかる火のように相手を焼き尽くしてしまう。
―ヤコブ3:6-8「舌は火です。舌は不義の世界です。私たちの体の器官の一つで、全身を汚し、移り変わる人生を焼き尽くし、自らも地獄の火によって燃やされます。あらゆる種類の獣や鳥、また這うものや海の生き物は、人間によって制御されていますし、これまでも制御されてきました。しかし、舌を制御できる人は一人もいません。舌は、疲れを知らない悪で、死をもたらす毒に満ちています」。
・人は口で讃美しながら、同じ口で神の子である兄弟姉妹を呪う。だから教会の中でも争いが起きる。制御されない舌は諸悪を招いているのだ。
―ヤコブ3:9-10「私たちは舌で、父である主を賛美し、また、舌で、神にかたどって造られた人間を呪います。同じ口から賛美と呪いが出て来るのです。私の兄弟たち、このようなことがあってはなりません」。
・人間の本性は悪だ。それが舌を通じて人を害する。キリスト者は舌を制御することを学ばなければいけない。
―ヤコブ3:11-12「泉の同じ穴から、甘い水と苦い水がわき出るでしょうか。私の兄弟たち、いちじくの木がオリーブの実を結び、ぶどうの木がいちじくの実を結ぶことができるでしょうか。塩水が甘い水を作ることもできません」。

2.舌を制御するために天の知恵を

・私たちの本質は悪であり、私たちの中には何の良いものもない。まずそのことを知ることが大事だ。
―ヤコブ4:1-3「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。あなたがた自身の内部で争い合う欲望が、その原因ではありませんか。あなたがたは、欲しても得られず、人を殺します。また、熱望しても手に入れることができず、争ったり戦ったりします。得られないのは、願い求めないからで、願い求めても、与えられないのは、自分の楽しみのために使おうと、間違った動機で願い求めるからです」。
・ねたみや利己心は私たちの心に住む悪(原罪あるいはサタン)から来る。放置すれば、私たちは人を殺しかねない言葉を吐く。悪を制御する知恵が必要だ。
―ヤコブ3:14-16「あなたがたは、内心ねたみ深く利己的であるなら、自慢したり、真理に逆らってうそをついたりしてはなりません。そのような知恵は、上から出たものではなく、地上のもの、この世のもの、悪魔から出たものです。ねたみや利己心のあるところには、混乱やあらゆる悪い行いがあるからです」。
・悪を制御する知恵は天から来る。神の知恵であるキリストを見よ。キリストは私たちのために十字架で死なれた。だから私たちも十字架で死ぬのだ。十字架を負ってキリストの後に従う時、人を呪う言葉が出るはずは無いではないか。
―?コリント1:21-25「世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。・・・ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、私たちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです」。
・神の知恵を求めよ。そのために必要な努力を為せ。時間を割いて聖書を読み、時間を割いて祈れ。それは一人で出来ないから、私たちは共に集まって聖書を読み、共に祈るのだ。祈祷会は礼拝を支える基礎なのだ。
―ガラテヤ6:7「思い違いをしてはいけません。・・・人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです」。
・神の知恵を求めよ。神の知恵は人を柔和で正しい者にする。平和を実現する者にする。
―ヤコブ3:17-18「上から出た知恵は、何よりもまず、純真で、更に、温和で、優しく、従順なものです。憐れみと良い実に満ちています。偏見はなく、偽善的でもありません。義の実は、平和を実現する人たちによって、平和のうちに蒔かれるのです」。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.