2019年3月21日祈祷会(サムエル記下6章、神の箱がエルサレムへ)

投稿日:2019年8月21日 更新日:

1.神の箱の意味するもの

・ダビデはエルサレムに王宮を築くと、キリヤテ・エレアムに仮安置されていた「神の箱」をエルサレムに運び入れることにした。神の箱がエルサレムにあれば、エルサレムが“主の臨在される”場所、国の中心になる。そのことによってダビデは軍事的権威と共に、宗教的権威も手に入れることが出来ると考えた。
−サムエル記下6:1-2「ダビデは更にイスラエルの精鋭三万をことごとく集めた。ダビデは彼に従うすべての兵士と共にバアレ・ユダから出発した。それは、ケルビムの上に座す万軍の主の御名によってその名を呼ばれる神の箱をそこから運び上げるためであった」。
・祭司アビナダムの子ウザとアフヨが神の箱を載せた牛車を御していたが、途中で牛がよろめいたため、ウザは主の箱を支えようと手を伸ばし、箱に触れた。主はウザの行為を怒られ、その場で彼を打たれ、ウザは死んだ。
−サムエル記下6:6-7「一行がナコンの麦打ち場にさしかかったとき、牛がよろめいたので、ウザは神の箱の方に手を伸ばし、箱を押さえた。ウザに対して主は怒りを発し、この過失のゆえに神はその場で彼を打たれた。ウザは神の箱の傍らで死んだ」。
・何故ウザは打たれたのか。「聖なるものに手を触れるな」という掟を破ったためだが(民数記4:15)、それ以上に神を助けようとした行為に冒涜があった。神が箱の中におられ、その箱が落ちるのを防ごうとした。神は人の助けを必要とされないし、人の造った家や神殿にはおられない。箱を偶像視した処に罪があった。
−列王記下8:27「神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天もあなたをお納めすることができません。私が建てたこの神殿など、なおふさわしくありません」。
・ダビデは主を恐れて、神の箱をエルサレムに運ぶことを断念した。神の力を政治的に利用しようとした間違いに気づいた。
−サムエル記下6:9-10「その日、ダビデは主を恐れ『どうして神の箱を私の元に迎えることができようか』と言って、ダビデの町自分のもとに主の箱を移すことを望まなかった。ダビデは箱をガト人オベド・エドムの家に向かわせた」。

2.神の祝福と呪い

・神の箱はオベド・エドムの家に置かれた。主はその家を祝福することによって、ダビデに御心を示された。ダビデは改めて主の箱をエルサレムに運ぶ。
−サムエル記下6:12「神の箱のゆえに、オベド・エドムの一家とその財産のすべてを主は祝福しておられるとダビデ王に告げる者があった。王は直ちに出かけ、喜び祝って神の箱をオベド・エドムの家からダビデの町に運び上げた」。
・前にダビデは3万人の軍隊で神の箱を守ろうとした。今回、ダビデは軍服を脱ぎ、祭服を着て、神の前に踊った。神はその力を利用しようとする者には呪いを、その力を喜ぶ者には祝福を与えられることがわかったからだ。
−サムエル記下6:14-15「主の御前でダビデは力のかぎり踊った。彼は麻のエフォドを着けていた。ダビデとイスラエルの家はこぞって喜びの叫びをあげ、角笛を吹き鳴らして、主の箱を運び上げた」。
・ダビデの妻ミカルはダビデの気持ちを理解せず、ダビデをなじる。ダビデはそのミカルに「選ばれた喜びを表すことこそ礼拝なのだ」と伝える。礼拝とは恵みを喜ぶことだ。
−サムエル記下6:20-22「サウルの娘ミカルがダビデを迎えて言った『今日のイスラエル王は御立派でした。家臣のはしためたちの前で裸になられたのですから』・・・ダビデはミカルに言った『そうだ。お前の父やその家のだれでもなく、この私を選んで、主の民イスラエルの指導者として立ててくださった主の御前で・・・私は踊ったのだ。私はもっと卑しめられ、自分の目にも低い者となろう。しかし、お前の言うはしためたちからは、敬われるだろう」」。
・ダビデはサウロ一族との関係修復のためにサウルの娘ミカルを妻とした。しかしダビデとミカルの間には心の交流は生まれず、ミカルは夫ダビデの喜びを共に喜ぶことが出来ず。子を産まないままに生涯を終える。
−サムエル記下6:23「サウルの娘ミカルは、子を持つことのないまま、死の日を迎えた」。

3.サムエル記下6章の黙想(契約の箱=Ark of the Covenantとは何か)

・神の箱をエルサレムに迎え入れることによって、エルサレムは神の都とされ、神が臨在される聖なる場所となった。ダビデの後継者ソロモンはエルサレム神殿を立て、その至聖所に契約の箱は安置された。
−詩編46:5-8「大河とその流れは、神の都に喜びを与える、いと高き神のいます聖所に。神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。夜明けとともに、神は助けをお与えになる。すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。神が御声を出されると、地は溶け去る。万軍の主は私たちと共にいます。ヤコブの神は私たちの砦の塔」。
・やがてエルサレムに神殿があるゆえに、そこに神が臨在される故に、エルサレムは不滅だとの信仰が生まれる。エレミヤはその虚偽を激しく攻撃する。
−エレミヤ:11-18「私の名によって呼ばれるこの神殿は、お前たちの目に強盗の巣窟と見えるのか・・・シロの私の聖所に行ってみよ。かつて私はそこに私の名を置いたが、わが民イスラエルの悪のゆえに、私がそれをどのようにしたかを見るがよい・・・私の名によって呼ばれ、お前たちが依り頼んでいるこの神殿に、そしてお前たちと先祖に与えたこの所に対して、私はシロにしたようにする。私は、お前たちの兄弟である、エフライムの子孫をすべて投げ捨てたように、お前たちを私の前から投げ捨てる」。
・紀元前586年、エルサレムはバビロニア軍に占領され、エルサレム神殿は破壊され、支配者や貴族たちは首都バビロンへと連行された(バビロン捕囚)。これ以降、契約の箱は行方不明になり、現在に至る。失われた経緯についても不明である。このことから、失われた聖櫃(The Lost Ark)と呼ばれることもある。
・神の箱はエルサレム滅亡時に奪い去られ、今はない。神の箱はもう要らないと新約聖書は語る。神の子イエスが来られて、紙に書かれた臨在のしるしが不要になった。神の契約はイエスの血によって私たちの心に書かれた。
―第二コリント3:3「あなたがたは、キリストが私たちを用いてお書きになった手紙として公にされています。墨ではなく生ける神の霊によって、石の板ではなく人の心の板に、書きつけられた手紙です」。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.