江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2014年12月21日説教(ルカ2:1-20、イエスの降誕物語)

投稿日:2014年12月21日 更新日:

1.ルカの描く生誕物語

・クリスマスになりました。私たちは12月25日を、主イエス・キリストの誕生日としてお祝いし、今年は直前の主日である12月21日にクリスマス礼拝を持ちます。クリスマスとはクリストス・マス、キリストの礼拝です。しかし、キリストと呼ばれるようになったイエスがいつお生まれになったのか、歴史上はわかっていません。イエス・キリストの誕生日を12月25日として祝うようになったのは4世紀頃からで、当時行われていたミトラ教の「冬至の祭り」を、教会がキリストの誕生日に制定してからだと言われています。冬至、夜が一番長い暗い闇の時、しかしそれ以上に闇は深まらず次第に光が長くなる時、人々は冬至の日こそ、救い主の誕生日に最もふさわしいと考えるようになりました。
・ルカはイエスがどのような歴史の中で生まれて来られたかを記して、その降誕物語を始めます。「そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である」(2:1-2)。ローマ皇帝アウグストゥスが世界を支配し、皇帝の部下キリニウスがシリア州の総督であった時、シリア州の一部であったユダヤにおいて、住民登録をせよとの命令が下されたとルカは記します。イエスの両親ヨセフとマリアは、住民登録をするために、ガリラヤのナザレから、本籍地であるユダのベツレヘムまで旅をしたとルカは記します。住民登録とは、今日で言えば国勢調査であり、目的は植民地住民への兵役と課税のためでした。ナザレからベツレヘムまで120�、山あり谷ありの道です。ヨセフの妻マリアは身重でしたので、その旅は難儀であり、一週間以上も歩いてベツレヘムに着いたとされます。たどり着いたベツレヘムの町は、住民登録をする人々であふれ、彼らには泊まる宿屋もなく、家畜小屋に案内され、その小屋の中で、マリアは産気づき、幼子が生まれたとされます。二人は生まれたばかりの子を布にくるみ、飼い葉桶の中に寝かせた。これがルカの語るイエス誕生の記事です。
・この短い文章が示すことは、ユダヤはローマの植民地であり、ローマに税金を支払うために、全国の人々がその本籍地への移動を強制されたということです。命令に従って、イエスの両親は、遠いベツレヘムまで旅をし、旅先でイエスは生まれられた。ベツレヘムはダビデの町です。ダビデはイスラエルの全盛時代を築いた王、ダビデの子孫からイスラエルの救い主が生まれるとの預言を人々は信じていました。その預言通り、ダビデの血を引く、一人の幼子が、ダビデの町に生まれられたが、当時の人々はこの出来事に何の意味も見出さなかった、だから歴史はイエスの誕生日を知らないとルカは語ります。

2.アウグストゥスではなくイエスを

・聖書学者の多くは、イエスは、紀元前4年~6年頃、ガリラヤのナザレで生まれられたのであり、ベツレヘム生誕は伝説であろうと考えています。ルカは歴史学者であり、当時の事情に精通していたと思われますが、それにも関わらず、彼はイエス生誕の時と場所を、紀元6年のキリニウスの住民登録時のベツレヘムにしました。ルカは意図的にイエス降誕をここに設定したと思われます。何故ならば、「アウグストゥスではなく、その治世下に生まれになったイエスこそ本当の救い主である」と告げるためです。歴史はイエスの誕生日を知りませんが、ローマ皇帝アウグストゥスについてはその生誕を知っています。彼は紀元前63年9月23日に、ローマ貴族の家に生まれ、成人してローマの支配者ユリウス・カエサルの養子となり、カエサル死後、政敵との争いに勝利を収め、初代ローマ皇帝となりました。彼の長い治世下(前27~後14年、在位41年間)、ローマは帝国として統一され、「ローマの平和(パックス・ロマーナ)」と呼ばれる繁栄期を迎えます。人々は彼を「救い主」(ソーテール)と呼び、「主」(キュリエ)と呼んで崇めました。
・ルカはイエスが生まれられた時、天から声があったと伝えます。その声は「民全体に与えられる大きな喜びを告げる」(2:10)でした。「告げる」、ギリシア語「エウアンゲリゾー」、「福音(エウアンゲリオン)」の動詞形であり、元々はローマ帝国の皇帝礼拝で用いられた言葉でした。ベルリン・ペルガモン博物館蔵の碑文は「皇帝アウグストゥスこそ、平和をもたらす世界の“救い主(ソーテール)”であり、神なる皇帝の誕生日が、世界にとって新しい時代の幕開けを告げる“福音(エウアンゲリオン)”の始まりである」と告げます。それに対してルカは、「きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである」(2:11)と述べます。ルカは、アウグストゥスの時代にローマ帝国のはずれ、ユダヤの片田舎に一人の幼子が生まれた、この方こそ本当の主(キュリエ)であると語っているのです(D.クロッサン「最初のクリスマス」)。
・このルカの記事は、私たちにも選択を迫ります。あなたはこの世の支配者「アウグストゥス」と、神の御子とされた「イエス」のどちらを救い主とするのかと。ローマ帝国の首都から発せられた命令は、遠いユダヤの地に住むヨセフとマリアをガリラヤからベツレヘムに連れてくる力を持っていました。そのベツレヘムで一人の幼子が生まれたのを、皇帝は知らないし、総督も知らないし、ユダヤの支配者も知リません。その幼子は成長し、やがてローマ帝国への反逆者として十字架につけられて死にます。イエスが殺された時のローマ皇帝ティベリウスはイエスが死んだことも知りません。だから、イエスがいつ死なれたのかを歴史は記録していません。しかし、その死から300年後ローマ帝国はキリスト教を受け入れ(313年ミラノ勅令)、やがてキリスト教はローマの国教となります(392年)。かつてイエスを殺したローマ皇帝の子孫が、キリストと呼ばれたイエスの前に、頭を下げたのです。今日、アウグストゥスを救い主として礼拝する者はだれもいません。しかし、何十億の人が、キリストの前に頭をたれてクリスマスを祝います。何がこの逆転をもたらしたのでしょうか。

3.キリスト教は何故受け入れられたのか

・今日の招詞にマタイ25:35-36を選びました。次のような言葉です「お前たちは、私が飢えていた時に食べさせ、のどが渇いていた時に飲ませ、旅をしていた時に宿を貸し、裸の時に着せ、病気の時に見舞い、牢にいた時に訪ねてくれたからだ」。ロドニー・スタークという社会学者が書いた「キリスト教とローマ帝国」(信教出版社、2014年)によれば、福音書が書かれた紀元100年当時のキリスト教徒は数千人という小さな集団であり、100年後の紀元200年においても数十万人に満たない少数であったとされています。当時のローマ帝国の総人口が6千万人とされますので、人口の0.3%に過ぎなかったわけです。現代日本でさえキリスト教徒は100万人、人口の1%いるとされていますが、紀元200年においてさえ、全世界のキリスト教徒人口はそれよりも少なかったのです。まことに小さな群れであったのです。その彼らが紀元300年には600万人を超え、キリスト教が国教となる紀元350年頃には3千万人、人口の50%を超えたとされています。何故彼らはそのように増えたのか、それは「キリスト教の中心教義が人を惹き付け、自由にし、効果的な社会関係と組織を生み出していった」からだとスタークは述べます(p265)。
・その中心教義の一つが、「飢えている人に食べさせ、渇いている人に飲ませ、病人を見舞え」という招詞の言葉です。スタークは具体例として、疫病の時にキリスト教徒がどのように行為したかを詳細に述べます。ローマ時代には疫病が繰り返し発生し、時には人口の1/3~1/4を失わせるほどの猛威を振るったと言われています。死者は数百万人にも上り、疫病の流行がローマの人口減少を招き、ついには滅ぼしたと考える歴史家さえいます。人々は感染を恐れて避難しましたが、キリスト教徒たちは病人を訪問し、死にゆく人々を看取り、死者を埋葬したと伝えられています。何故ならば聖書がそうせよと命じ、教会もそれを勧めたからです(紀元251年司教ディオニシウスの手紙、エウセビオス「教会史7.22.7-8」)。そしてこの「食物と飲み物を与え、死者を葬り、自らも犠牲になって死んでいく」信徒の行為が、疫病の蔓延を防ぎ、人々の関心をキリスト教に向けさせたとスタークは考えています。社会保障も健康保険も無い中で、教会は信徒の奉仕という形でそれを提供したのです。彼はテキストの最後に述べます「キリスト教が改宗者に与えたのは人間性だった」と(p271)。原著が書かれたのは1997年で、その時点では彼は無神論者でしたが、この研究を通してクリスチャンになったと言います。
・先週私たちはパウロがコリント教会に書いた手紙を読みました。その中でパウロは「全てのキリスト者は、キリストの香りであり、キリストの手紙なのだ。世の人はキリスト者の生き方を通して、キリストを、そして神がどなたであるかを知るのだ」と語っていました。そしてヘンドリック・クレーマーの「信徒の神学」では、「教会は世にあって、世に仕える。その世で働く者こそ信徒であり、教会が世に仕えるためには信徒が不可欠である」という言葉を聞きました。初代教会の歴史は二人の言葉を裏打ちしています。「お前たちは、私が飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれた」、この行為こそが福音をローマ帝国内の人々に伝えました。そして今日私たちがそのように行為する時、本当のクリスマスが世に来るのです。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.