今週の説教

2020年4月5日礼拝説教「ヨハネ19:17-28、君もそこにいたのか」

1、罪なきイエスを裁く者の罪 ・私たちは今、受難節の中にあります。一週間後の4月10日金曜日は受難日です。イエスはピラトの法廷で死刑の判決を受け、刑場まで連れて行かれました。ヨハネ福音書は記します「イエスは、自ら十字架を背負い、『されこうべの場所』、ヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。」(19:17)。十字架刑の宣告をうけた罪人は自分が架けられる十字架を背負わされ、刑場へ向かうことになっていました。十字架は縦木と横木を組み合わせたもので、相当な重さです。刑場へ向かう道はでこぼこの悪路でした。そこを罪人が十字架を背負わされ、道の両側には物見高い群衆が押し寄せ、衆人環視の中を、重い十字架を背負わされて刑場へ向かう、十字架刑はその最初からすでに恥と苦しみの残酷な刑罰でした。 ・アウグスティヌスは十字架を背負って歩むイエスの姿を次のように描写します。「何という偉大な光景か。だが不敬虔な者が見れば大いなる戯れである。敬虔な者が見れば、偉大な秘儀である。だが不敬虔な者が見れば、大いなる恥辱の見本である。敬虔な者が見れば大いなる信仰の砦である。だが不敬虔な者が見れば、王杖の代わりに自分の罪の木 ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

 

 

投稿日:2019年8月16日 更新日:

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.