今週の説教

2019年11月10日説教(ヘブル11:1-16、信仰の先人と共に)

1.篠崎キリスト教会の原点としてのヘブル書 ・教会創立50周年の時を迎えています。篠崎キリスト教会の第一歩は、1969年11月6日の新小岩バプテスト教会・篠崎伝道所の第一回礼拝でした。当初は教会堂もなかったため、現在の下篠崎町にある篠崎文化館の一室を借りて礼拝がなされたと聞いております。その礼拝の時、読まれたテキストがヘブル11章です。その後、宮地牧師が招聘され、新小岩教会から株分けとして17人の人が派遣されることになり、1971年6月27日に牧師就任・信徒派遣式が行われ、その式で読まれた聖書も同じくヘブル11章でした。ヘブル書は当教会にとって原点とも言うべき書ですので、今日の記念礼拝の聖書個所として選びました。 ・ヘブル書は紀元90年頃に書かれた手紙だと言われています。イエスが十字架で死なれたのは紀元30年頃ですが、その後イエスを救い主=メシアと信じる人たちが教会を形成していきます。しかし、生れたばかりの教会は、最初はユダヤ教からの、次にはローマ帝国からの迫害で、多くの人々が殉教していきました。人々はキリストが再び来られて神の国がこの地上に築かれることを待望していましたが、50年経っ ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

 

 

投稿日:2019年8月16日 更新日:

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.