今週の説教

2020年3月29日説教(ヨハネ18:28-40、真理とは何か)

1.イエスとピラト ・私たちは受難節を迎えています。今年は、4月11日・土曜日に受難日礼拝を、12日・日曜日に復活礼拝を持ちます。今日は、受難日を前に、ローマ総督ピラトによるイエスの裁判の記事を読みます。ピラトの行った裁判は後に使徒信条にも書き込まれ(「主は・・・ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に」)、ピラトは稀代の悪人として、教会史に名を残しています。実際には何があったのでしょうか。ヨハネ福音書を読み解いていきます。 ・木曜日の深夜、イエスはエルサレム郊外のゲッセマネで捕らえられ、大祭司の屋敷に連行されました。大祭司はイエスを「神を冒涜する者」として死刑を宣告しますが、当時のユダヤはローマの植民地であり、ユダヤ最高会議は死刑執行権を持たなかったため、彼らはイエスをローマ総督官邸に訴えます。金曜日の明け方のことです。総督ピラトは彼らの所に出てきて、「どういう罪でこの男を訴えるのか」と訊ねます(18:29)。ユダヤ人たちはイエスを、「ローマに対する反逆者」として告発しました。ピラトはユダヤ人たちの宗教上の争いで、イエスが捕らえられたことを知っていました。だから ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

最新記事

説教書庫

旧約書庫

新約書庫

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.