江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2021年2月18日祈祷会(詩編40編、犠牲の捧げものではなく、御旨を)

投稿日:

 

 

  • 感謝と嘆きと

 

・詩篇40篇は感謝の歌と嘆きの歌が結合されている。直前の詩篇39編は「死の床にある病者の祈り」であった。編集者はそれを受けて、「求める者には主は応えて下さる」という感謝の歌をここに挿入したのだろう。滅びの穴、泥沼は陰府を示す。詩人は死の淵から生還することができた。「主は私を陰府から救い出して下さった」と詩人は歌う。

-詩篇40:2-4「主にのみ、私は望みをおいていた。主は耳を傾けて、叫びを聞いてくださった。滅びの穴、泥沼から私を引き上げ、私の足を岩の上に立たせ、しっかりと歩ませ、私の口に新しい歌を、私たちの神への賛美を授けてくださった」。

・「滅びの穴、泥沼から私を引き上げる神」、「イエスは十字架で死なれた後、陰府にまで下られた」とペテロは記す。「陰府にまで下られる神」、私たちが絶望の底にいる時、神もそこにいて下さる。

-第一ペテロ3:18-19「キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました」。

・詩人は主のみ信じると宣言する。「ラハブを信ずる者」とは混沌を象徴する海の怪物ラハブを信じる異教の神々を奉ずる者の意味であろう。詩人は「あなたに並ぶものはない。あなたの不思議な御業を語り伝えていく」と歌う。

-詩篇40:5-6「いかに幸いなことか、主に信頼をおく人、ラハブを信ずる者に組せず、欺きの教えに従わない人は。私の神、主よ、あなたは多くの不思議な業を成し遂げられます。あなたに並ぶものはありません。私たちに対する数知れない御計らいを私は語り伝えて行きます」。

 

2.犠牲の捧げものではなく

 

・詩人は救われた感謝を示すために、神殿に行くが、その時、犠牲の捧げものや穀物の供え物を持って行かない。なぜなら主が求められるのは、主の御旨を行うことであり、捧げものを捧げることではないからだ。

-詩篇40:7「あなたは生贄も、穀物の供え物も望まず、焼き尽くす供え物も、罪の代償の供え物も求めず、ただ、私の耳を開いてくださいました」。

・彼は言う「巻物の文には、私のための教えが書かれています」。御言葉を慰めとして聞き、それを証ししていくと詩人は言う。

-詩篇40:8-10「そこで私は申します。御覧ください、私は来ております。私のことは巻物に記されております。私の神よ、御旨を行うことを私は望み、あなたの教えを胸に刻み、大いなる集会で正しく良い知らせを伝え、決して唇を閉じません」。

・新約へブル書は詩篇40:7-10を、キリストの言葉として引用する「生贄も、穀物の供え物もいらない」、何故ならばキリストが私たちのために自らの体を生贄として捧げられたことによって、私たちはもう生贄を必要としない。

-へブル10:5-10「キリストは世に来られた時に、次のように言われたのです『あなたは、生贄や献げ物を望まず、むしろ、私のために体を備えてくださいました。あなたは、焼き尽くす献げ物や、罪を贖うための生贄を好まれませんでした。そこで、私は言いました。御覧ください。私は来ました。聖書の巻物に私について書いてあるとおり、神よ、御心を行うために』。ここで、まず、『あなたは生贄、献げ物、焼き尽くす献げ物、罪を贖うための生贄、つまり律法に従って献げられるものを望みもせず、好まれもしなかった』と言われ、次いで、『御覧ください。私は来ました。御心を行うために』と言われています・・・イエス・キリストの体が献げられたことにより、私たちは聖なる者とされたのです」。

 

3.最後に再び救いの嘆願が

 

・13節以降では再び救いの嘆願が記される。

-詩篇40:13-18「悪は私にからみつき、数えきれません。私は自分の罪に捕えられ、何も見えなくなりました。その数は髪の毛よりも多く、私は心挫けています。主よ、走り寄って私を救ってください。主よ、急いで私を助けてください。私の命を奪おうとねらっている者が、恥を受け、嘲られ、私を災いに遭わせようと望む者が侮られて退き、 私に向かってはやし立てる者が、恥を受けて破滅しますように・・・主よ、私は貧しく身を屈めています。私のためにお計らいください。あなたは私の助け、私の逃れ場。私の神よ、速やかに来てください」。

・この部分はほとんど詩篇70編と同じ文章である。おそらく詩篇40編の編集者が詩篇70編を此処に挿入し、過去の苦難を再現したと言われる。本詩は基本的には、死に瀕するほどの苦難から解放された信仰者が感謝と讃美を捧げた歌である。

-詩篇70:2-6「神よ、速やかに私を救い出し、主よ、私を助けてください。私の命をねらう者が恥を受け、嘲られ、私を災いに遭わせようと望む者が侮られて退き、はやし立てる者が、恥を受けて逃げ去りますように・・・神よ、私は貧しく、身を屈めています。速やかに私を訪れてください。あなたは私の助け、私の逃れ場。主よ、遅れないでください」。

 

4.詩篇40編の黙想

 

・預言者たちは社会的弱者保護の義と公正を踏みにじりながら、供犠や供物を捧げれば十分だという祭儀信仰を激しく批判した。聖書が求めるのは犠牲の祭儀ではなく、御旨を生きることだ。

-イザヤ1:15-17「お前たちが手を広げて祈っても、私は目を覆う。どれほど祈りを繰り返しても、決して聞かない。お前たちの血にまみれた手を洗って、清くせよ。悪い行いを私の目の前から取り除け。悪を行うことをやめ、善を行うことを学び、裁きをどこまでも実行して、搾取する者を懲らし、孤児の権利を守り、やもめの訴えを弁護せよ」。

・本詩は預言者たちの祭儀批判を継承し、御言葉を供犠や供物の上に置く。それは私たちが何故主日に礼拝を行うのかとも関連する。礼拝で聞いた御言葉を、日常生活の中で主を証ししていけとパウロは語る。

-ローマ12:1-2「神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生ける生贄として献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です・・・心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい」。

・他の詩編も祭儀ではなく、御言葉を行うことも求めている。ダビデの悔い改めの詩編として有名な51編もそうだ。

-詩篇51:18「もし生贄があなたに喜ばれ、焼き尽くす献げ物が御旨にかなうのなら、私はそれをささげます。しかし、神の求める生贄は打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を、神よ、あなたは侮られません」。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.