江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

2006年5月28日説教(ヨハネ17:1−13、世にあって生きる)

投稿日:2006年5月28日 更新日:

1.弟子たちのために執り成されるイエス

・イースターから6週にわたって、ヨハネ福音書から御言葉を聞いて来ました。今日がその最終日です。イエスは最期の食事を弟子たちと取られた後、弟子たちに別れの言葉を述べられました。その言葉が13章から16章までにあります。それは世を去ろうとするイエスが、残る弟子たちに与えられた遺言でした。その遺言を語り終えられた後、イエスは弟子たちの為に、天を仰いで父に祈られ始めます。残される弟子たちのための祈りです。その祈りが17章にあります。
・「あなたの子があなたの栄光を現す時が来ました」(17:1)とイエスは祈りを始められます。イエスはこれから十字架にかけられて死なれますが、その十字架の時を栄光の時と言われています。歴史的に見れば、イエスはユダヤ人の指導者やローマ帝国によって、反逆者あるいは世を乱すものとして、十字架にかけられて殺されました。しかし、信仰の目で見れば、イエスはご自分の命を「罪のためのあがない」として十字架に捧げられたのです。殺されるのではなく、命を捧げていくのだという積極的な意思がここにあります。
・何故、イエスが十字架で死なれることが神の栄光になるのか、理解が難しい事柄です。パウロも十字架の言葉は理性では理解できないことを認めています。「私たちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです」(〓コリ1:23-24)。ユダヤ人にとって十字架にかけて殺された者は神から捨てられた者でした。そのような者が神の子であるはずはありません。ギリシア人にとっては十字架にかけられた者は世の敗残者であり、救い主であると信じることは出来ません。ユダヤ人もギリシア人も「十字架を栄光の時」といわれたイエスの言葉を理解できません。現代の多くの人々も理解できません。しかし、私たちはこの十字架の中にこそ救いがあることを知っています。
・イエスは続けられます「あなたは子にすべての人を支配する権能をお与えになりました。そのために、子はあなたからゆだねられた人すべてに、永遠の命を与えることができるのです」(17:2)。永遠の命はキリストを通して与えられることが言われています。永遠の命とは何か、イエスは続けて言われます「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」(17:3)。
・永遠の命、救いとは「神と子を知ることである」と言われています。神を知るとは、自分が神でないことを認めることです。自分は神ではない、不完全な人間でしかない、誘惑にあえば罪を犯してしまいかねない存在であることを知ることです。先日、佐賀県で車を運転中に自転車の小学生をはね、事故を隠すため被害者を遠くの山林に捨てて逃げた男が、殺人未遂で逮捕されました。被害者を病院に運ぶべきなのに、連れ去って事故を隠したことが悪質だとして、殺人未遂罪が適用されたわけです。加害者の男は「(子供が)ぐったりして恐ろしかった」と供述しています。ひどい男だと思いますが、では私たちはこの男と違うのでしょうか。私たちも過って車で人をはねた時、頭の中が真っ白になり、怖さのあまり、被害者を置き去りにして逃げかねない存在ではないでしょうか。そうでないと言い切れません。かつて、姦淫の女を連れてきて、石打の刑にして殺せと叫んだ群衆にイエスは言われました「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」(ヨハネ8:7)。群衆は誰もいなくなりました。自分は「姦淫の罪を犯したことがない」と言い切る人は誰もいなかったのです。
・パウロは「正しいものはいない。一人もいない」と告白しました(ローマ3:10)。自分を神でないことを知るとは、自分が罪人であり、この罪が赦されなければ救いがないことを知ることです。私たちの世界に起きる多くの問題は、不完全な人間に依存するところから生じます。人間とは自我、自分の欲望のために相手から奪い、傷つけ、殺す存在です。だから、何千年かかっても、戦争や犯罪を止めることが出来ないのです。そのような人間に依存するから、不和や争いが生じるのです。救いとは、人により頼むことをやめて、神により頼むことです。神は私たちを赦すために、そのあがないとしてキリストを十字架につけられました。ペテロは「(イエスの)お受けになった傷によって、あなたがたはいやされました」と証言します(〓ペテロ2:24)。地上に来られたイエスを通して神と和解する、それが救いであると言われています。

2.世にあって生きる

・イエスを通して、私たちは父なる神を知ります。しかし、そのイエスはいなくなります。ですから、イエスは自分がいなくなった後のことを、父に祈られます。その祈りが11節からの言葉です。「私は、もはや世にはいません。彼らは世に残りますが、私は身元に参ります。聖なる父よ、私に与えてくださった御名によって彼らを守って下さい」とイエスは祈られます。世はイエスを憎みました。イエスを憎んだ世は、弟子たちをも憎むでしょう。その弟子たちを守って下さいとイエスは祈られます。
・今日の招詞に、ヨハネ17:14−15を選びました。今日の説教箇所の続きです。「私は彼らに御言葉を伝えましたが、世は彼らを憎みました。私が世に属していないように、彼らも世に属していないからです。私がお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守って下さることです。私が世に属していないように、彼らも世に属していないのです」。
・イエスは父から受けた言葉を、弟子たちに伝えました。弟子たちは言葉を受け入れ、神の子とされ、世と分かたれました。世はイエスを、神を受け入れません。何故ならば、世は自分の力により頼むからです。神などいらない、自分たちは自力で生きることが出来ると主張する人々の群れです。ですから、世は、世と分かたれた弟子たちをも憎むのです。キリストが罵られ、殺されたのと同じように、キリストに属する者もそうなるのだとイエスは言われます。だから「彼らを守って欲しい」と父に執り成されるのです。
・しかし、それでも、弟子たちは世に遣わされます。世には神の民がいるからです。それらの人もまた、イエスを通して、救いに至って欲しいと神は願われているからです。ですから、神の子とされた私たちは、世にあって生きます。イエスも世にあって生きられました。イエスは、世から罪人として排除されていた、徴税人や娼婦と同じ食卓につかれました。それを批判するパリサイ人や律法学者に対してイエスは言われました「徴税人や娼婦たちの方が、あなたたちより先に神の国に入るだろう。なぜなら、ヨハネが来て義の道を示したのに、あなたたちは彼を信ぜず、徴税人や娼婦たちは信じたからだ」(マタイ21:31-32)。徴税人や娼婦は自分が罪人であるのを知っているため、イエスの言葉に接して悔い改めました。他方、パリサイ人や律法学者たちは、自分たちが正しいと思っているので、悔い改めようとはしません。その彼らは救いから遠いとイエスが言われたので、彼らは怒ってイエスを十字架につけるのです。私たちもイエスの弟子として生きようとすれば世から憎まれます。
・私たちは、世にあって、世に属しない者として生きます。それを私たちの生活の場で考えれば、アフリカで人々が飢えていることも、日本で住む所がなく野宿生活をしているホームレスの人々の問題も、私たちの問題になるということです。学校に行けずに不登校になっている子供たちも、引きこもりをしている若者たちもまた私たちの問題になります。何故ならば、自分の子供が飢えていれば私たちは食物を用意するでしょうし、兄弟が寝る所がなければ宿泊の手配をするからです。私たちが「世にあって生きる」ことの意味を知り行動を始めれば、多くの困難な問題が私たちの肩にかかってきます。出来れば避けたい問題です。でも、避けることは出来ません。避ければ、私たちは、イエスの弟子ではなくなるからです。
・私たちの教会の今年の標語は「地域に福音を」です。地域に福音を伝えるとは、伝道集会を開いたり、「教会においで下さい」というチラシをまくことだけではありません。この町におられる主の民を探しに行くことです。その人は、引きこもりの形で家の中におられるかもしれないし、病院のベッドで最後の時を迎えているかもしれない。私たちは出会ったその人の所に行って、その人の課題を共に担います。イエスは言われました「疲れた者、重荷を負う者は、だれでも私のもとに来なさい。休ませてあげよう。私は柔和で謙遜な者だから、私の軛を負い、私に学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。私の軛は負いやすく、私の荷は軽いからである」(マタイ11:28-30)。この言葉は、私たちを通して実現します。イエスは私たちを通して、活動されるのです。地域に福音を伝えるとは、そういうことです。大事な、しかし、重い課題です。ある時は私たちの生活にも重荷となってくるでしょう。ただ、私たちは主イエスの祈りの中にあります。イエスの執り成しを通して、神の加護の中にあります。もし私たちが「地域に福音を」の意味をそのように受け止め、祈った時、1年後、私たちの教会は大きく変わっているでしょう。共に祈りたいと思います。

-

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.