江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年5月24日説教(使徒言行録8:1-8、26-40、散らされることを通して道が開いた) 

 1.迫害を通して福音が広がる ・ペンテコステの日に弟子たちは聖霊を受け、「救いの時が来た」と宣教を始めました。弟子たちの宣教を聞いて、悔い改めてイエスをキリストと信じる者たちが起こされ、教会が生まれ、宣教が続けられました。その結果、日々信じる者が与えられ、教会の群れは成長していきます。ただユダヤ教当局者はこの時点では、積極的な迫害はしませんでした。中核にいる使徒たちはユダヤ教の枠内にあって、神殿礼拝を大事にしていたからです。しかし、群れが拡大するに従い、神殿批判を行う信徒たちも出てきました。ステファノやフィリポのような、ギリシャ語を話すユダヤ人(ヘレニスタイ)たちは、「神は人の造った神殿には住まわれない。本当の神殿はイエスを信じる者の心の中にある(7:48)」と主張するようになりました。彼らはディアスポラと呼ばれる海外生まれのユダヤ人たちです。彼らは、広い世界を体験していますので、神殿礼拝という過去のしがらみから自由な信仰を持ち、ユダヤ教の枠の外に出ようとしていました。 ・神殿に敬意を払う使徒たちには我慢できたユダヤ教当局者も、神殿を否定するステファノたちには我慢が出来ず、指導者たち ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.