すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

今週の招詞(2008年8月24日説教から)

2008-8-24
「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな、そのほかどんな掟があっても、隣人を自分のように愛しなさいという言葉に要約されます。愛は隣人に悪を行いません。だから、愛は律法を全うするものです。」(ローマ13:9-10) 


イエスは「情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである」と言われました。男性が情欲をいだいて女性を見る時、女性を隣人として、人格ある存在として、愛の対象としてではなく、単に情欲を満たすための道具にしてしまっている。これこそ隣人である女性を貪る行為ではないかとイエスは言われているのです。

「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」、創世記は男女の性の営みを通して、新しい命が生まれることを祝福しています。しかし、「情欲をいだいて女を見る」ことによって、そこに罪が生まれます。

姦淫の例えは全て男に向けて語られています。男女それぞれが役割をもって、愛し合って生きよとの神の戒めを、男性中心の律法がゆがめてしまったからです。その情欲は不倫と言う形をとって、他人の家庭を破壊し、自分の家庭をも破壊する力を持ちます。今日の日本では二組に一組は離婚し、離婚理由のトップは不倫です。離婚は夫婦相互を苦しめるだけでなく、子どもたちも傷つけていきます。

私たちはこの情欲を制御する知恵を学ぶ必要があります。情欲を制することが出来るのは愛です。神に愛された者は、人を傷つけることはもう出来ないからです。「姦淫するな」という禁止命令は、「愛し合いなさい」という奨励になることによって、完成されるのです。

説教

新着一覧

証などのビデオ


教会員の証し

再生数:24 コメント0
聖歌隊リーダーとして立てられて


2017.09.10聖歌隊讃美

再生数:16 コメント0
福音讃美歌245番「主を褒め称える歌声」...


17-08-13聖歌隊讃美

再生数:61 コメント0
友よ歌おう30番「知っていますか、イエス様を」...


17.07.23神学校教会音楽科への学び...

再生数:67 コメント0
東京バプテスト神学校 十時節子先生...


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから