すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

2018年2月18日説教から

2018-2-18
「二つのことをあなたに願います。私が死ぬまで、それを拒まないでください。むなしいもの、偽りの言葉を私から遠ざけてください。貧しくもせず、金持ちにもせず、私のために定められたパンで私を養ってください。飽き足りれば、裏切り、主など何者か、と言うおそれがあります。貧しければ、盗みを働き、私の神の御名を汚しかねません」(箴言30:7-9)

聖書学者の市川喜一氏は注解の中で記します「富は神からの祝福です。しかし、それを神からのものと自覚するところに、富に処する道の出発点があります。ところが、神を極力排除してきた日本では、成功した者たちは富を自分の欲するままに使って傲慢になるばかりです。社会が真に豊かになるためには、富に処する知恵が必要です」。その知恵こそが「貧しくもせず、金持ちにもせず、私のために定められたパンで私を養ってください」という箴言の言葉ではないでしょうか。

ペテロはイエスの生前は、イエスのことを本当には理解できなかったと思えます。しかしイエスに従い通し、復活のイエスに出会った。金持ちの青年はお金や才能があったばかりに自分の力に頼り、「人には出来ない」という場所で引き返し、イエスとの真の出会いをしなかった。イエスに従い続ける時、私たちは、「見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が開く」体験をするのです。

自己実現が人生の目標になっている者は常に欠乏に悩まされます。どんなに金持ちになっても、どんな高い地位についても、またどんなに幸せな家庭を築いても、それらはやがて無くなります。自分のためだけではなく、他者のためにも生きる決心をした時、神の国が現れます。イエスが言われたように「実に、神の国はあなたがたの間にある」。神の国は努力して掴み取るものではなく、イエスに従う時に与えられるのです。

説教

新着一覧

証などのビデオ


2018.02.11聖歌隊讃美

再生数:15 コメント0
誰かのために


2018.01.21聖歌隊讃美

再生数:40 コメント0
聖歌隊讃美「神の国と神の義」


18-01-14成人祝福式

再生数:48 コメント0


2017.12.31バイオリン讃美...

再生数:76 コメント0


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから