江戸川区南篠崎町にあるキリスト教会です

日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会

今週の説教

2020年6月7日説教(第一テサロニケ1:1-10、希望の信仰)

2020年6月7日説教(第一テサロニケ1:1-10、希望の信仰)
1.無牧になった教会を心配するパウロ ・6月に入りました。6月、7月の2ヶ月間は、パウロの書いた「テサロニケの信徒への手紙」を読んでいきます。この手紙はパウロが紀元50年ごろに書いたとされ、新約聖書に収められている諸文書の中で、最も古いもの、最初に書かれたものです(福音書が書かれたのは70年代、80年代です)。テサロニケはマケドニア州の州都で、陸海の交通の要所として栄えた都市でした。初めてギリシアに渡ったパウロらは、先ずフィリピで伝道し、そこに信徒の群れ、教会が生まれました。しかし敵対者たちによる騒動が起こり、投獄され、フィリピを退去せざるを得なくなり、次に伝道がなされたのがテサロニケでした。パウロは手紙の中に記しています「私たちは以前フィリピで苦しめられ、辱められたけれども、私たちの神に勇気づけられ、激しい苦闘の中であなたがたに神の福音を語ったのでした」(2:2)。テサロニケはマケドニア州の州都であり、大都市で、そこにはユダヤ教の会堂がありました。パウロ一行は会堂を拠点として、宣教活動を行います。使徒言行録17章にその記述があります。「パウロはいつものように、ユダヤ人の集まっていると ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

新約聖書

旧約聖書

説教

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.