今週の説教

2019年12月8日説教(マタイ1:18-23、イエスの父ヨセフの苦悩と決断)

1.ヨセフを通してのイエス生誕物語 ・私たちはクリスマスを待つ待降節の中にいます。先週、私たちは、ルカ福音書を通じて、イエス・キリストが、どのようにして生まれられたかを学びました。母マリアは受け入れることが難しい「婚姻外妊娠」という事実を受け入れ、「お言葉通りこの身になりますように」と出産を決意しました(ルカ1:38)。ルカ福音書は母マリアの側からイエスの誕生を描きます。他方、今日読みますマタイ福音書は父ヨセフの立場から物語を描きます。「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」(1:18)。 ・「聖霊により身ごもる」、マタイは、普通の人には理解できない言葉を、何の説明もなしに述べています。人は通常は結婚している父と母から生まれます。その場合、妻の妊娠、子の誕生は祝福です。しかしそうでない場合は、子の誕生が大きな波紋を招きます。ヨセフはマリアの許嫁でしたが、まだ婚約中で、同居していません。その許嫁が身ごもった。ヨセフには身に覚えはありませんので、マリアが不義の罪を犯したと考えざるを得ません。ヨセフはマリアとの婚約を解消しよう ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

最新記事

説教書庫

旧約書庫

新約書庫

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.