今週の説教

2020年1月19日説教(ヨハネ6:16-21、たとえ嵐の中にいても)

1.嵐に悩む弟子たち ・ヨハネ福音書を読んでいます。イエスはガリラヤを回って、教え、人々の病をいやされました。大勢の人々がイエスの周りに集まって来ました。ある時、イエスの話を聞くために、ガリラヤ湖のほとりに数千人の人が集まりましたが、食べるものもない群衆を憐れまれたイエスは、手元の五つのパンで、5千人の人を養われます。群衆はその奇跡に驚き、賞賛の声が大波のように広がりました。「人々はイエスのなさったしるしを見て、まさにこの人こそ、世に来られる預言者であると言い、イエスを王にするために連れて行こうとした」と記します(6:14-15)。興奮状態の中で、今にも暴動が起こりそうになり、また弟子たちも興奮に巻き込まれていました。そのため、イエスは弟子たちを舟に乗せて向こう岸に行かせ、群衆を解散させ、ご自身は祈るために山に登られます(6:15b)。 ・弟子たちが舟に乗ったのは夕方でした。その時、山の方から強い北風が吹き、舟は湖の真ん中で立ち往生してしまいます。強風が吹き荒れ、波は逆巻き、舟は嵐に翻弄されます。弟子たちは必死に舟を進めようとしますが出来ません。時はいつの間にか、明け方に近くなりました ...
説教全文と礼拝ビデオはこちら

最新記事

説教書庫

旧約書庫

新約書庫

Copyright© 日本バプテスト連盟 篠崎キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.