すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

投稿者 : admin 投稿日時: 2010-03-14 16:50:10 (2865 ヒット)

3月14日の礼拝において、最近読みました「死の谷を過ぎて〜クワイ河収容所」を皆さんに紹介しました。第二次世界大戦下、インドシナ半島を占領した日本軍は、インド侵入のためビルマへの陸上補給路を必要とし、連合軍捕虜と現地人労務者を使って、死の鉄道といわれた泰緬鉄道を建設します。18ヵ月の突貫工事で400キロの鉄道が敷設されるまでに、1万6千人の捕虜と6万人の労務者の生命が犠牲となりました。クワイ河流域に設けられた収容所の連合軍捕虜の死亡率は30%近くに上りました。著者アーネスト・ゴードンは書いています「飢餓、疲労、病気、隣人に対する無関心、私たちは家族から捨てられ、友人から捨てられ、自国の政府から捨てられ、そして今、神すら私たちを捨てて離れていった」(122P)、まさに「死の谷」の収容所生活を著者は送ったのです。

著者は20代のイギリス人将校でしたが、収容所生活の中で、マラリヤ、ジフテリヤ、熱帯性潰瘍等の病気に次々に罹り、「死の家」に運び入れられます。死体置き場の横に設置された病舎の、粗末な竹のベッドに横たわり、人生を呪いながら命が終わる日を待っていた著者のもとに、キリスト者の友人たちが訪れ、食べずにとっておいた食物を食べさせ、膿を出して腐っている足の包帯を替え、体を拭く奉仕をします。彼らの献身的な看護によって、著者は次第に体力を回復し、彼らを動かしている信仰に触れて、無神論者だった彼が聖書を読み始めます。そこで彼が見出したのは「生きて働いておられる神」でした。彼は書きます「神は私たちを捨てていなかった。ここに愛がある。神は私たちと共におられた・・・私はクワイ河の死の収容所の中に神が生きて、自ら働いて奇跡を起こしつつあるのをこの身に感じていた」(176P)。そして彼自身も仲間たちと共に奉仕団を結成して病人の介護を行い、竹やぶの中で聖書を共に読み、広場で主日礼拝を始めます。死にゆく仲間の枕元で聖書を読み、祈り、励まし、その死を看取ります。やがて無気力だった収容所の仲間たちから笑い声が聞こえ、祈祷会が毎晩開かれようになり、収容所に賛美の歌声が聞こえてくるようになります。彼はその時、思います「エルサレムとは、神の国とは結局、ここの収容所のことではないか」(202P)。

彼は1945年の日本敗戦によって3年半いた収容所から解放され、故国イギリスに戻って神学校に入り、牧師になります。彼は最後に書きます「人間にとって良きおとずれとは、人がその苦悩を神に背負ってもらえるということである。神はキリストを通してそれを背負っておられる・・・ご自分の子どもである私たち人間が最も悲惨な、最も残酷な苦痛の体験をしている時、神は私たちと共におられた。たとえそれが私たちすべての者を破滅させるかに思える苦痛であっても、その苦痛を、いや死そのものすら、分け持って下さっている。神は私たちの死の家の中に入ってこられる。私たちをそこから外へと導きだすために」(383P)。

しかしクワイ河流域にある全ての収容所でゴードンの経験したような命のよみがえりが起こったわけではありません。同じイギリス人の描いた「クワイ河捕虜収容所」(レオ・ローリングス著)の副題は「地獄を見たイギリス兵の記録」です。他方、ゴードンは「神の国とはここの収容所のことではないか」と記述しています。ゴードンとローリングスを分けたものは何でしょうか。「悔い改め」です。他者を無条件で赦し、迎え入れる時、死の谷の収容所で起きたような、奇跡が起こります。それに対して、自分たちは不当に差別されている、日本軍は自分たちを適切に待遇しなかったと恨む時、そこは地獄になっていきます。天国と地獄を分けるのは、私たちいかんではないかと思います


投稿者 : admin 投稿日時: 2010-01-15 13:53:15 (2218 ヒット)

2010年1月10日の礼拝招詞でイザヤ42:1-3を読みました「見よ、私の僕、私が支える者を。私が選び、喜び迎える者を。彼の上に私の霊は置かれ、彼は国々の裁きを導き出す。彼は叫ばず、呼ばわらず、声を巷に響かせない。傷ついた葦を折ることなく、暗くなってゆく灯心を消すことなく、裁きを導き出して、確かなものとする」。イエスの受洗時に天から響いた声です。イエスは、自らが罪人のために身代わりとして死ぬことによって罪の赦しを人々にもたらしました。このようなイエスに私たちは出会い、新しい者となりました。その新しい者として生き方はイエスに従う生き方は、「叫ばず、呼ばわらず、声を巷に響かせない」、そして「傷ついた葦を折ることなく、暗くなってゆく灯心を消すことなく」生きる生きかたです。

その生きかたを示すものとして、マザー・テレサの言葉を当日の礼拝でご紹介しました「人々は、理性を失い、非論理的で自己中心的です。それでも彼らを愛しなさい。もし、良いことをすれば、人々は自分勝手だとか、何か隠された動機があるはずだ、と非難します。それでも良い行いをしなさい。もし、あなたが成功すれば、不実な友と、ほんとうの敵を得てしまうことでしょう。それでも成功しなさい。あなたがした良い行いは、明日には忘れられます。それでも良い行いをしなさい。誠実さと親しみやすさは、あなたを容易に傷つけます。それでも誠実で親しみやすくありなさい。あなたが歳月を費やして建てた物が、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。それでも建てなさい。ほんとうに助けが必要な人々を助けたら、彼らに襲われてしまうかもしれません。それでも彼らを助けなさい。持っている一番良いものを分け与えると、自分はひどい目にあうかもしれません。それでも一番良いものを分け与えなさい」。

「良いことをしても必ずしも報われない、むしろ良いことをして非難さることが多い」、その例として、ケビン・カーターの出来事をその週の祈祷会で皆さんと考えました。ケビン・カーターは南アフリカ出身のカメラマンで、1993年3月、内戦と飢餓に苦しむアフリカ・スーダン南部のアヨド村を取材していた時、「飢えでしゃがみこみ、両手で目を覆う少女の背後にいまにも襲おうとする1羽のハゲワシ」を見ました。彼は言います「国連の食糧配給センタ−から500メ−トル離れたところで一人の少女に出会った。うずくまった少女の近くにハゲワシがいて、その子に向かって近づいて行った。 その瞬間、フォト・ジャ−ナリストとしての本能が“写真を撮れ”と命じた。目の前の状況をとても強烈で象徴的な場面だと感じた。ス−ダンで見続けてきたもののなかで、最も衝撃的なシ−ンだと感じた」。この写真は『ニューヨーク・タイムズ』(1993・3・26)に掲載され、1994度のピュリッツァー賞を受賞しました。

しかし、この写真が『ニューヨーク・タイムズ』に掲載されて以来、彼には非難の声が殺到します。「なぜ、カメラマンは少女を助けなかったのか」と。受賞から1ヶ月たった94年7月27日、ヨハネスブルグ郊外で彼は追い詰められて自殺します。彼はスーダンの悲劇を伝えるために、この写真を撮りました。後に彼は語っています「この後、とてもすさんだ気持ちになり、複雑な感情が沸き起った。フォト・ジャ−ナリストとしてものすごい写真を撮影したと感じていた。この写真はきっと多くの人にインパクトを与えると確信した。写真を撮った瞬間はとても気持ちが高ぶっていたが、少女が歩き始めると、また、あんたんたる気持ちになった。私は祈りたいと思った。神様に話を聞いて欲しかった。このような場所から私を連れ出し、人生を変えてくれるようにと。木陰まで行き、泣き始めた。タバコをふかし、しばらく泣き続けていたことを告白しなくてはならない」。

裁くのは神だけであるのに、いつの間にか人が神のようになって他者を裁きます。その裁きは「声高であって、傷ついた葦を折り、暗くなってゆく灯心を消す」ような裁きです。イエスの裁きは決してそのようなものではないことを、今一度想起したいと思います。


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-10-31 23:16:29 (2050 ヒット)

2009年10月27日朝日新聞夕刊に、坪野吉孝・東北大学教授の「失業率と自殺率」というコラム記事がありました。日本では、失業率が増加すると自殺率も増加しますが、海外でも同じ傾向があります。失業してこれからどうしてよいかわからない、自分はこの社会では不要な人間だ、その絶望が人を自殺に追いやります。イギリスのランセット誌に掲載された論文では、EU26カ国の動向分析をしていますが、EU全体の平均を見ると、失業率が増えると自殺率も増加し、またアルコール乱用死も増加していました。

しかし、フィンランドとスウェーデンは違いました。フィンランドでは、1990年から1993年にかけて失業率が増加(3.2%から16.6%に急増)したのに、自殺率はむしろ減少しました。スウェーデンも、1991年から1992年にかけて失業率が増加(2.1%から5.7%)した時に、自殺率は減少しました。坪野先生は最後に言われます「失業しても自殺につながるような大きな不安なしに暮らせる社会が実際にある。この事実は、失業と自殺が連動する社会に暮らす私たちにとって、大きな希望と教訓を与える者ではないだろうか」。

北欧は高福祉・高負担であり、私たちの社会とはなじめないと思う人もいますが、聖書的に見ると「分かち合い」を制度化したものが高福祉・高負担のシステムではないかと思います。ある新聞のコラムに次のような記事がありました「経済のグローバル化が進む世界で、高福祉・高負担の北欧式は生き詰まるのではないかと言われた。だが実際には、産業構造や労働市場を巧みに調整しながら経済成長を続けている。日本人は北欧について”高負担の国々が、どうやって経済成長できるのか”という点に関心を抱くが、彼らは経済成長よりも、尊厳をもって生きられる社会をどうやって築くかを重く考えている。スェーデンでは、社会サービスを“オムソーリー”(悲しみを分かち合う)と呼ぶ。他者に優しくし、必要とされる存在になることが生きることだと考える。その概念によって社会が支えられている。高い税金に不満が少ないのも、分かち合いの発想から来ている。いつかは自分も子供を持ち、高齢者、或いは失業者になる。充実した介護や育児サービス、教育や職業訓練があれば安心できる」(2008年5月朝日新聞コラムから)。

隣人愛、分かち合いが社会化されるとき、そこに神の国が生まれていくのです。福音が教会内で語られ、教会内でしか働かない時、それは福音の死蔵化です。福音を聞くだけではなく行っていく時に、神の祝福がそこに与えられると感じます。

川口通治


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-10-03 23:07:53 (2330 ヒット)

私は篠崎キリスト教会の牧師ですが、同時に東京バプテスト神学校の事務長も兼ねています。神学校では毎年夏季集中講座を開いており、今年は青山学院大学経済学部・東方敬信先生をお招きして「キリスト教と経済」のテーマで学びました。その中で、東方先生が「献身にはすべてを捨てて仕える修道院的献身と、持ちながら仕えるザアカイ的な献身がある」と言われました。面白い言葉ですが、ザアカイ的な献身とは何でしょうか。

「ザーカイの物語」はルカ福音書19章にあります。ザアカイはローマ帝国の徴税請負人で金持ちでしたが、異邦人のために働く者として、また不正を行う者として社会から疎外されていました。これまでザアカイに声をかけたラビ(律法の教師)はいませんでした。汚れた職業に従事していると考えたからです。この徴税人ザアカイにイエスは声をかけられます「ザアカイ、今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」。偏見から自由なイエスの心の開きがザアカイを変えていきます。ザアカイは立ち上がって言います「主よ、私は財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します」。イエスはザアカイの献身を喜ばれます「今日、救いがこの家を訪れた」。

別の徴税人の召命物語がマルコにあります。レビの召命です。イエスはアルファイの子レビが収税所に座っているのを見かけて、「私に従いなさい」と言われました。レビは立ち上がってイエスに従います。イエスは、レビには「従いなさい」といわれながら、ザアカイには「従う」ことを要求されませんでした。またザアカイもすべてを捨ててイエスに従うとは言いません。ザアカイは徴税人をやめないのです。ただ自分の置かれた場で精一杯、正しいことを行い、貧しい人を大切にして生きようという決意するのです。イエスはその決意を受け入れます。

神の国共同体には、いろいろな献身者が必要です。みんなが「すべてを捨てて従った」時、教会は崩壊します。財政的に支える人がいなくなるからです。初代教会はすべてのものを共有する原始共産社会を形成しましたが、しばらくするとこの共同体はきしみ始めます。使徒行伝6章によれば、教会の中に「日々の配給」の件で争いが起こります。自分たちのもらい分は少なく、これでは生活できないという人々が出てきたのです。生産を伴わない消費だけの共同体は永続できないのです。

ザアカイ的献身の代表者は使徒パウロです。彼は天幕職人として経済的に自立しながら伝道していきました。彼は言います「主は、福音を宣べ伝える人たちには福音によって生活の資を得るようにと、指示されました。しかし、私はこの権利を何一つ利用したことはありません」。おそらく、教役者を経済的に支えるだけの余裕のない教会が多かったから、パウロは自活伝道者として生きたのでしょう。

日本の多くの教会は、牧師に世間並みの給与を支払うだけの経済力に欠けています。その時、自分の稼ぎで教会を支える、そのようなたくましい牧師も必要とされているのです。クリスチャンが絶対的に少数派の日本の教会では、「職業を持って仕える」、あるいは「働きながら伝道する」形の、ザアカイ的な牧師がより必要とされているような気がします。


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-28 08:46:10 (3349 ヒット)

・心の糧・きっとよくなる!いい言葉 2009.9.28 Vol.474 作家 中井俊已 http://www.t-nakai.comからヴィクトール・フランクル「それでも人生にイエスという」についての配信がありました。次のような内容です。

▼ユダヤ人強制収容所で絶望して自殺を決意した二人の囚人に、ヴィクトール・フランクルはこう語りかけました。「あなたを必要とする何か」がどこかにあり、「あなたを必要としている誰か」がどこかにいるはずです。そしてその「何か」や「誰か」は、あなたに発見されるのを待っているのです。(フランクル 著『夜と霧』)より)
▼フランクルは、1905年にウィーンで生まれた精神科医でした。ユダヤ人だったので、第二次大戦中、ナチスによって、強制収容所に送られます。妻子も両親も殺されてしまいます。フランクは、持ち物を全部取り上げられ、素っ裸にされたとき、心の中でこうつぶやきました。「あなたたちは私から妻を奪い、子どもたちを奪うことができるかもしれない。私から服を取り上げ、体の自由を奪うこともできるだろう。しかし、私の身の上に降りかかってくることに対して、私がどう反応するかを決める自由は、私から取り除くことはできないのだ」。
▼フランクルは、非人間的な扱いを受ける収容所の中で、なお人間としての誇りを失わず、人々に優しい言葉をかけ、生きる希望をもち続けました。そして、人々が次々と死んでいく中でも、彼は生き延びました。彼と同じように、希望を持ち続けることを選んだ人たちも、また生き延びることができました。「どんな状況でも人生にイエスという意味があります。どんな状況でも人生にイエスと言うことができるのです。」(フランクル 著『それでも人生にイエスと言う』)
【出典】ヴィクトール・エミール・フランクル 著『夜と霧』http://tinyurl.com/ybsqvvx『それでも人生にイエスという』http://tinyurl.com/yd5y7en

このフランクルの言葉を読んで、ドイツの詩人ヨッヘン・クレッパーを思いだしました。彼は妻がユダヤ人だった故にナチス政権下でいわれのない迫害を受け、妻が強制収容所に入れられることに抗議して、自死した人です。彼はその日記を「み翼の陰に」と題して克明につづり、死後刊行されました。その日記の一節を紹介します。
*ヨッヘン・クレッパー・死の二日前の日記(1942・12.9)
「妻ハンニと子どもとを強制追放の中でももっとも残忍で身の毛もよだつそれへ(絶滅収容所)行かせることが、私には耐えられないのは神もご存知だ。ルターがしたように「わが体も、財産も、名誉も、わが妻子も取らばとりね」(讃美歌538番神はわが力)と神に誓うことが私に出来ないのは神もご存知だ。「わが体も、財産も、名誉」も出来る。しかし・・・」。
注)讃美歌538番「神はわがやぐら」、原曲ドイツ語の「わが妻子も取らばとりね」であるが、この言葉が日本語「わがたからも取らばとりね」に訳が変えられているために状況がわからなくなっている。
**ヨッヘン・クレッパー・死の当日の日記(1942・12.11)
「午後、保安情報部での交渉、終に私たちは死ぬ。ああこのことも神の御許でのことだ。私たちは今晩一緒に死につく。私たちの頭上にはこの最後の数時間、私たちのために闘っておられる祝福するキリスト像が立っている。この眼差しの下で、私たちの生は終わるのだ」。
***ヨッヘン・クレッパー・「夕べの歌」
「あなたは強き御腕をさしのべたまいました。わざわいも私を苦しめることはありません。私の眠りがなお脅かされることがあるとしても、私は見守りのうちに安らかに生きるのです。あなたは私のまぶたに手をさしのべたもう。私は一切の憂いなく眠ります。この夜、私を導きたもう方は、明日もまた導いて下さるのですから」。
(2009年9月23日祈祷会詩篇17編の学びから、原典は宮田光雄「聖書の信仰」第7巻・信仰と芸術)


« 1 ... 49 50 51 (52) 53 54 55 ... 60 »