すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

みんなの証
みんなの証 : 有難うございました(チャペルコンサートを終えて)
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2009-08-31 09:27:23 (1549 ヒット)

チャペル・コンサートを終えて 投稿 by : Kiyomi

8月29日に行われた『チャペル・コンサート』ではたくさん来場者の方に囲まれてとても素敵なひと時を過ごせました。

お越し頂きました、皆様本当に、有難うございました。

会場は、あらかじめ用意しておいた補助席を出しておりましたが、満員になりスタート前から、期待感一杯の温度でした。

The REAL DEAL時代から聞いていた方などは、『教会でライブをやる?!』という好奇心で
教会関係者の方などは『教会で、バンドによるコンサート?!』という感覚で思ってらっしゃったと思います。

“Tradjaig”と名を改めて、最初のライブがこの『チャペル・コンサート』なんです。

たくさんのチャレンジの中、私達、演奏者メンバーは大変勉強になりました。

クラシック曲〜ポピュラ〜オリジナル曲というプログラム構成の中、教会会場の主任牧師によるメッセージがとても印象的でした。http://shinozaki-baptist.jp/modules/wordpress/index.php?p=418
あらためて、『音楽』の影響がいかにあるか・・・・『人の心に刻まれる名曲』というのはどれほど、素晴らしいメッセージ性が隠されているのか・・・・新鮮なキモチで、聞く事ができました。

そして、今回は特別な事があったんです。

The REAL DEAL時代からよく言われていたオリジナル曲の意味
英詩のため、日本語訳を知りたいとたくさんの方に求められてきました。

過去にも翻訳してくださった方がいたのですが作者(リーダー)が表現したい方向が異なっていたため今まで、翻訳されたものは『公開』しておりませんでした。

今回、素晴らしい翻訳者の方が天使のように現れてくださり、すべての曲目を訳してくださり当日のプログラムに日本語訳の資料を挟んで渡しました。

いままで、英詞でさらっと聴きながしていたファンの方などコンサート終了後
『こういう歌だったのか!!』と興奮して、声をかけてくださいました。

私自身もとても興奮していたので、気持ちはすごい分かります。

練習仕込み〜コンサート当日までのプロセスがあまりにも素晴らしく、ホントウに感動でした。

そして、当日は音響的にたくさんの反省点を抱えましたが、今回、演奏をした『明日に架ける橋』(邦題)本当のタイトルは『Bridge over troubled water』ここから学んだ『荒れている海に橋を架ける』

どんな気分や感情があったとしても先が見えない荒海であったとしても『信仰』という橋を架ける意味があるのだと
期待をもって、次回につなげて行きたいと思います。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。