すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

みんなの証
みんなの証 : 2017年9月17日聖書教育の学び(2006年7月12日祈祷会、士師記7-8章、ギデオンの戦い)
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-10 19:04:41 (48 ヒット)

1.軍勢が3万人から3百人へ

・ギデオンがミディアン人と戦うために諸部族に召集の角笛を吹くと、ギデオンの元に32,000人の人が集まった。敵は13万人を超えていた(8:10)。ギデオンは3万人でも少ないと感じていたが、主はこの3万人を「多すぎるから減らせ」と言われた。3万人が1万人になった。
―士師記7:1-3「エルバアル、つまりギデオンと彼の率いるすべての民は朝早く起き、エン・ハロドのほとりに陣を敷いた。ミディアンの陣営はその北側、平野にあるモレの丘のふもとにあった。主はギデオンに言われた『あなたの率いる民は多すぎるのでミディアン人をその手に渡すわけにはいかない。渡せば、イスラエルは私に向かって心がおごり、自分の手で救いを勝ち取ったと言うであろう。それゆえ今、民にこう呼びかけて聞かせよ。恐れおののいている者は皆帰り、ギレアドの山を去れ』。こうして民の中から二万二千人が帰り、一万人が残った」。
・これはギデオンには予想外のことであったろう。国難にあって馳せ参じた人々が簡単にいなくなる。落胆するギデオンに、神はさらに「1万人でも多すぎるから、さらに減らせ」と求められる。
―士師記7:4「主はギデオンに言われた『民はまだ多すぎる。彼らを連れて水辺に下れ。そこで、あなたのために彼らをえり分けることにする。あなたと共に行くべきだと私が告げる者はあなたと共に行き、あなたと共に行くべきではないと告げる者は行かせてはならない』」。
・1万人の人が試みに会わせられる。主は水を手ですくった300人だけを残せと言われた。彼らは水を飲みながらも周囲から目を離さなかった。戦う準備が出来ている者だけが残された。
―士師記7:5-7「彼は民を連れて水辺に下った。主はギデオンに言われた『犬のように舌で水をなめる者、すなわち膝をついてかがんで水を飲む者はすべて別にしなさい』。水を手にすくってすすった者の数は三百人であった。他の民は皆膝をついてかがんで水を飲んだ。主はギデオンに言われた『手から水をすすった三百人をもって、私はあなたたちを救い、ミディアン人をあなたの手に渡そう。他の民はそれぞれ自分の所に帰しなさい』」。

2.ギデオンの奇襲作戦

・ギデオンは不安だった。ゆえにギデオンは、「すぐに下れ」という主の命令には従わない。しかし、敵を視察してみよとの命令には従い、敵陣に忍び寄る。彼が見出したものは、ギデオンを恐れる敵の姿だった。
―士師記7:9-14「その夜、主は彼に言われた『起きて敵陣に下って行け。私は彼らをあなたの手に渡す。もし下って行くのが恐ろしいなら、従者プラを連れて敵陣に下り、彼らが何を話し合っているかを聞け。そうすればあなたの手に力が加わり、敵陣の中に下って行くことが出来る』。・・・ギデオンが来てみると、一人の男が仲間に夢の話をしていた『私は夢を見た。大麦の丸いパンがミディアンの陣営に転がり込み、天幕まで達して一撃を与え、これを倒し、ひっくり返した。こうして天幕は倒れてしまった』。仲間は答えた『それは、イスラエルの者ヨアシュの子ギデオンの剣にちがいない。神は、ミディアン人とその陣営を、すべて彼の手に渡されたのだ』」。
・パンが天幕を倒す、農耕の民イスラエルが遊牧の民ミディアンを倒すとの意味であろう。ギデオンは勝利を確信し、敵陣に夜襲をかけ、敵は総崩れになった。
―士師記7:20-22「彼らは角笛を吹き、持っていた水がめを砕いた。三つの小隊はそろって角笛を吹き、水がめを割って、松明を左手にかざし、右手で角笛を吹き続け、『主のために、ギデオンのために剣を』と叫んだ。各自持ち場を守り、敵陣を包囲したので、敵の陣営は至るところで総立ちになり、叫び声をあげて、敗走した。三百人が角笛を吹くと、主は、敵の陣営の至るところで、同士討ちを起こされ、その軍勢はツェレラのベト・シタまで、またタバトの近くのアベル・メホラの境まで逃走した」。
・平家の大軍が水鳥の音に驚き、敗走した富士川の戦いに似ている。戦いは数ではなく勢いだ。主が自分たちと共におられると信じるとき、少数のものでも大軍を破ることが出来る。
申命記20:2-4「戦いの場に臨んだならば、祭司は進み出て、民に告げ、次のように言わねばならない『イスラエルよ、聞け。あなたたちは、今日、敵との戦いに臨む。心ひるむな。恐れるな。慌てるな。彼らの前にうろたえるな。あなたたちの神、主が共に進み、敵と戦って勝利を賜るからである』」。

3.主の戦いからギデオンの戦いへ

・ミディアン軍を破ったギデオンは、ヨルダン川を越えて、追跡していく。ギデオンはガド族の町スコトの人々に支援を求めたが、人々は拒否する。
―士師記8:4-6「ギデオンはヨルダン川に着き、彼の率いる三百人と共に川を渡った。疲れきっていたが、彼らはなお追撃した。彼はスコトの人々に言った『私に従ってきた民にパンを恵んでいただきたい。彼らは疲れきっている。私はミディアンの王ゼバとツァルムナを追っているところだ』。しかし、スコトの指導者たちは『私たちがあなたの軍隊にパンを与えなければならないと言うからには、ゼバとツァルムナの手首を既に捕らえているのか』と言った」。
・スコトの町は長い間ミディアン人の支配下にあった。彼らはギデオンの貧弱な兵を見て、勝利を危ぶんだ。ギデオンは協力を拒んだスコトを呪って先を急ぐ。ペヌエルの町も同じように協力を断り、ギデオンは報復を誓う。
―士師記8:8-9「彼はそこからペヌエルに上って、同じことを要求したが、ペヌエルの人々もスコトの人々と同様の答えをした。そこで彼は、ペヌエルの人々にもこう言った『私が無事に帰って来たなら、この塔を倒す』」。
・ミディアン軍はヨルダン川東岸の奥深くまで逃げていたが、ギデオン軍が攻め、ついには王も捕らえられた。
―士師記8:10-12「ゼバとツァルムナは、約一万五千の軍勢を率いてカルコルにいた。すべて東方の諸民族の全軍勢の敗残兵であった。剣を携えた兵士十二万が、既に戦死していた。ギデオンは、ノバとヨグボハの東の天幕に住む人々の道を上って、敵の陣営を攻撃した。陣営は安心しきっていた。ゼバとツァルムナは逃げたが、彼はその後を追った。彼はこの二人のミディアンの王ゼバとツァルムナを捕らえ、その全陣営を混乱に陥れた」。
・敵を制圧したギデオンは、スコトとベヌエルの人々を殺した。これは主が命じられた戦いではなかった。6-7章の主語は「主」であったが、8章の主語は「ギデオン」である。戦いの性格が変わり始めている。
―士師記8:16-17「ギデオンは町の長老たちを捕らえ、荒れ野の茨ととげをもってスコトの人々に思い知らせた。またペヌエルの塔を倒し、町の人々を殺した」。

4.個人崇拝に陥った晩年のギデオン

・人々はギデオンに王になって自分たちを治めてほしいと要請するが、ギデオンはこれを断る。
―士師記8:22-23「イスラエルの人はギデオンに言った『ミディアン人の手から我々を救ってくれたのはあなたですから、あなたはもとより、御子息、そのまた御子息が、我々を治めてください』。ギデオンは彼らに答えた。『私はあなたたちを治めない。息子もあなたたちを治めない。主があなたたちを治められる』」。
・イスラエルを治められるのは主だ。主は王を求める人々に「あなた方は私を拒否している」言われている。
―汽汽爛┘8:7「主はサムエルに言われた『民があなたに言うままに、彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上に私が王として君臨することを退けているのだ』」。
・しかし、ギデオンは本当に主の支配を求めていたのか。戦利の金を求めるギデオンの態度はそれを疑わせる。
―士師記8:24-26「ギデオンは更に、彼らに言った『あなたたちにお願いしたいことがある。各自戦利品として手に入れた耳輪を私に渡して欲しい』。敵はイシュマエル人であったから金の耳輪をつけていた。人々は『喜んで差し上げます』と答え、衣を広げて、そこに各自戦利品の耳輪を投げ入れた。彼の求めに応じて集まった金の耳輪の目方は、金千七百シェケルで、そのほかに・・・飾り物があった」。
・集まってきた金は総量20キロにも達した。ギデオンはそれを用いて、大祭司の衣服であるエフォドを作った。王にならなかったが、ギデオンは個人崇拝を求めた。ここからギデオン一族の堕落が始まった。
―士師記8:27「ギデオンはそれを用いてエフォドを作り、自分の町オフラに置いた。すべてのイスラエルが、そこで彼に従って姦淫にふけることになり、それはギデオンとその一族にとって罠となった」。
・ギデオンは王になることを辞退したが、実際には「王のような生活」をむさぼった。彼の息子は70人にもなり、息子の一人アビメレク(訳すると「わが父は王」)は兄弟を殺して王になっていく。
―士師記8:29-31「ヨアシュの子エルバアルは、自分の家に帰って住んだ。ギデオンには多くの妻がいたので、その腰から出た息子は七十人を数えた。シケムにいた側女も一人の息子を産み彼はその子をアビメレクと名付けた」。
・人は成功すれば驕り、やがては自分が正しいと思うことをし始める。そこに世の乱れが生じてくる。士師記が教えるのは、主の言葉で戦った人もやがては堕落する事だ。信仰は主の名を呼び続けない限り、堕落していく。
―士師記21:25「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれ自分の目に正しいとすることを行っていた」。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。