すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  ローマ人への手紙  >  2017年10月18日祈祷会(ロ−マの信徒への手紙2:17−29、ユダヤ人と律法)


1.ユダヤ人と律法

・パウロは最初に異邦人の罪を指摘した。異邦人は神を知りうるのにこれを知ろうともしなかった。他方、ユダヤ人は神を知っており、異邦人を罪人と裁きながら、行っているのは異邦人と同じである。
−ローマ2:1-2「人を裁く者よ、弁解の余地はない。あなたは、他人を裁きながら、実は自分自身を罪に定めている。あなたも人を裁いて、同じことをしているからです」。
・パウロは2章後半でユダヤ人の罪を鋭く指摘する。「ユダヤ人は、自らを律法の民、神の民として誇り、為すべき事を律法に教えられ、すべてをわきまえている」と称していた。
−ローマ2:17−18「ところで、あなたはユダヤ人と名乗り、律法に頼り、神を誇りとし、その御心を知り、律法に教えられて何を為すべきかをわきまえています。」
・彼らは、「神を知らない人々に神を伝える教師」たることを自認していた。
−ローマ2:19−20「また、律法の中に、知識と真理が具体的に示されていると考え、盲人の案内者、闇の中にいる者の光、無知な者の導き手、未熟な者の教師であると自負しています。」
・しかしパウロは彼らの偽善を指摘する。「あなたたちは他人に教えながらなぜ自分では学ぼうとしないのか」、「あなたたちは盗むなと教えながらなぜ自分は盗むのか」、「あなたたちは姦淫するなと教えながら自分は姦淫するのか」とパウロは追求する。
−ローマ2:21−22「それならば、他人には教えながら自分には教えないのですか。『盗むな』と説きながら盗むのですか。『姦淫するな』と言いながら姦淫するのですか。偶像を忌み嫌いながら神殿を荒らすのですか。」
・「律法に仕える者が守るべき当然の行いをあなた方は守っていない。あなた方の律法違反の行為こそが、異邦人の中で神の名を汚している」とパウロは批判する。
−ローマ2:23−24「あなたは律法を誇りとしながら、律法を破って神を侮っている。『あなたたちのせいで、神の名は異邦人の中で汚されている』と書いてある通りです。」

2.割礼と律法

・ユダヤ人たちは、「割礼を神の民のしるし」として誇っていた。しかしパウロは、「割礼は律法を守ればこそ価値がある。律法を守らなければ無割礼と同じだ」と批判する。
―ローマ2:25-26「あなたが受けた割礼も、律法を守ればこそ意味があり、律法を破れば、それは割礼を受けていないと同じです。だから、割礼を受けていない者が律法の要求を実行すれば、割礼を受けていなくても、受けた者とみなされるのではないですか。」
・「体に割礼を受けていなくても、律法を守っている者があなた方を裁く」とパウロは批判する。
−ローマ2:27「そして、体に割礼を受けていなくとも律法を守る者が、あなたを裁くでしょう。あなたは律法の文字を所有し、割礼を受けていながら、律法を破っているのですから。」
・だから、「外見上のユダヤ人がユダヤ人ではない」、「外見上の割礼が割礼ではない」、「知っているだけで実行のない律法は何の価値もない」とパウロは語る。
−ローマ2:28−29「外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、また、肉に施された外見上の割礼が割礼ではありません。内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく、“霊”によって心に施された割礼こそ割礼なのです。その誉は、人からではなく、神から来るのです。」

3.パウロはローマ2章で何を言いたいのか

・パウロが言いたいのは、すべての人の罪に対する神の怒りである。その罪をパウロはロ−マ人の手紙1章18節から3章20節にかけて書き、その結論部分が3章9節以下である。
―ロ−マ3:9−12「では、どうなのか。私たち(ユダヤ人)に優れた点があるのでしょうか。全くありません。既に指摘したように、ユダヤ人もギリシャ人も皆、罪の中にあるのです。次のように書いてあるからです。『正しい者はいない。一人いない。悟る者もなく、神を捜し求める者もいない。皆迷い、誰も彼も役に立たない者になった。』」
・パウロは異邦人の罪を「偶像礼拝」という一点に絞って追及し、いまはまたユダヤ人の罪を「他者を裁く」という一点において見る。ユダヤ人たちは「自分たちこそ神の民だ。そのしるしとして割礼を受け、律法が与えられた」と誇っていた。しかしパウロは「本当にそうか」と問う。「あなたは異邦人と同じ罪の行為をしているではないか」と彼は問う。
−ローマ2:17-22「あなたはユダヤ人と名乗り、律法に頼り、神を誇りとし、その御心を知り、律法によって教えられて何を為すべきかをわきまえています・・・それならば、あなたは他人には教えながら、自分には教えないのですか。盗むなと説きながら、盗むのですか。姦淫するなと言いながら、姦淫を行うのですか」。
・その後で、パウロはユダヤ人に向かって、「割礼が救いの要件ではない」と言う。
−ローマ2:25「あなたが受けた割礼も、律法を守ればこそ意味があり、律法を破れば、それは割礼を受けていないのと同じです。だから、割礼を受けていない者が、律法の要求を実行すれば、割礼を受けていなくても、受けた者と見なされるのではないですか」。
・割礼は神の義を求めて生きない者にとっては、単なる体の傷に過ぎない。
−ピリピ3:2-3「よこしまな働き手たちに気をつけなさい。切り傷にすぎない割礼を持つ者たちを警戒しなさい。彼らではなく、私たちこそ真の割礼を受けた者です。私たちは神の霊によって礼拝し、キリスト・イエスを誇りとし、肉に頼らないからです」。
・バプテスマも同じだ。ローマ2章の割礼を「洗礼」と読み替え、律法を「御言葉」と読み替えた時、パウロの言葉は、私たちへの言葉となる。「割礼が救いの要件ではない」のであれば、「洗礼さえ受ければ救われる」という誤った信仰を私たちは捨てる必要がある。
−ローマ2:25「あなたが受けた洗礼も、御言葉を守ればこそ意味があり、御言葉を破れば、それは洗礼を受けていないのと同じです。だから、洗礼を受けていない者が、御言葉の要求を実行すれば、洗礼を受けていなくても、受けた者と見なされるのではないですか」。
・パウロは厳しい言葉をローマの信徒に送る。読んだ人は不愉快になっただろう。しかし、その厳しさゆえに、このローマ書はたびたび歴史を塗り替える働きをしてきた。「罪を知る」ことが救いの第一歩であるからこそ、パウロはローマ教会内のユダヤ人信徒、異邦人信徒に厳しい言葉を投げかける。
・これは現代日本人の救いを考える上でも大事なことだ。仏教的考え方によって養われてきた日本人は、聖書の語る「罪」や「神の怒り」について理解できない所がある。例えば広島の原爆慰霊碑には「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」と書かれている。ここにおいては、戦争が過ち=間違いであった、起こるはずのないものが起こったとの認識がある。しかし人間は有史以来戦争を繰り返し、今も戦火が交えられている現実を見る時、それは単なる過ちではなく、人間の本質に関わる問題、すなわち罪の問題であることがわかる。戦争を繰り返さないためには、過去を忘れることではなく、過去を見つめ、争いが人間の本質的な罪から来ることを見つめることが必要だ。この罪の問題を認めない限り救いはない、だから私たちは罪の問題を徹底的に追及するローマ書を読む必要がある。
・しかし、人は批判を通しては悔い改めることができない。いくら罪を指摘されても反発するだけだ。人を悔い改めに導くものは、人格を通して示された愛だ。自分がキリストの愛によって赦されたと知った時、人は自分の罪を知り、キリストの前に跪く。
−ローマ3:23-24「人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです」。
プリンタ用画面
前
2017年10月11日祈祷会(ローマの信徒への手紙2:1-16、ユダヤ人の罪)
カテゴリートップ
ローマ人への手紙
次
2017年10月25日祈祷会(ロ−マの信徒への手紙3:1-20、正しい者は一人もいない)