すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  マタイによる福音書  >  2003年3月12日 マタイ19:13-30 小さな子供と金持ちの青年
1.自分が無力である事を知る子供

・人々がイエスに祝福してもらうため、子供たちを連れてきたが、弟子たちはその人々を叱りつけた。
―マタイ19:13「イエスに手をおいて祈っていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。」
・ユダヤでは子供(男)は5歳から律法の教育を受け、10歳になれば律法の解釈を教わり、15歳になれば大人として律法を守ることを求められた。従って、律法を知らない女や教育中の子供は夫や父の付属物であり、独立の人格は認められていなかった。しかし、イエスは子供や婦人を人格として受け入れられた。
―マタイ19:14「イエスは言われた『幼な子らをそのままにしておきなさい。私のところに来るのをとめてはならない。天国はこのような者の国である』」。
・子供は弱く一人では生きることが出来ないことを知から、親の保護を求める。人間も無力で一人では生きていけないことを知り、子供が親を求めるように、父なる神を求める時、満たされる。だから貧しい者は幸いなのだ。
―マタイ5:3「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」

2.自分の力で救いを求める青年

・金持ちの青年がイエスに近づいてきた。彼は幼い時から律法を学び、それを守ることを心がけてきた、優等生であった。でも、満たされることがなく、何かが足らないことを感じていて、イエスのところに来た。
―マタイ19:16-20「『先生、永遠の生命を得るためには、どんな良いことをしたらいいでしょうか』。・・・この青年はイエスに言った『それ(らの戒め)はみな守ってきました。ほかに何が足りないのでしょう』」。
・イエスは彼に持っているものを全て売り払い、従って来なさいと言われた。
―マタイ19:21「イエスは彼に言われた『もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、私に従ってきなさい』」。
・青年に欠けていたのは、自分を捨てて他者を愛する心であり、それを妨げていたのは彼の財産であった(マタイ6:21)。しかし、青年はそれを捨てることが出来ず、イエスの元を去って行った。
―マタイ19:22「この言葉を聞いて、青年は悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。」
・自分の力で救いを達成できると考えるところに青年の限界があり、子供は自分を無力と知る故に限界を超える。
―ヨハネ9:41「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。」

3.天国に入るもの

・イエスは金持ちが天国に入ることは難しい、何故なら持っている者は捨てることが出来ないからだと言われる。
―マタイ19:23-24「富んでいる者が天国にはいるのは、難しいものである。また、あなたがたに言うが、富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。
・ザーカイは持っている物を捨てることが出来た。取税人として社会から疎外され、悲しみを知っていたからだ。
―ルカ19:8「ザアカイは立って主に言った『主よ、私は誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します』」。
・ザーカイが捨てることが出来たのは、神がザーカイに悲しみを与えられたからだ。人は順調な時には、持っているものを捨てることは出来ないが、神が与えらる試練を通して、捨てることの出来るものに変えられていく。
―マタイ19:25-26「弟子たちはこれを聞いて非常に驚いて言った『では、だれが救われることができるのだろう』。イエスは彼らを見つめて言われた『人にはそれはできないが、神にはなんでもできない事はない』」。
・ペテロは「私達は全てを捨てて従って来たから救われるでしょう」と誇った。彼もまだ救いの範囲外にいる。
―マタイ19:27-30「ペテロがイエスに答えて言った『ごらんなさい、私達は一切を捨てて、あなたに従いました。ついては、何がいただけるでしょうか』。・・・『多くの先の者は後になり、後の者は先になるであろう』」。
・自分がどんなに惨めな状態であるかを知る。そのためには火の精錬(試み)が必要なのだ。
―黙示録3:17-18「あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い(なさい)」。
プリンタ用画面
前
2003年3月5日 マタイ19:1‐12 結婚と離婚について
カテゴリートップ
マタイによる福音書
次
2003年3月19日  マタイ20:1−16  ぶどう園の労働者のたとえ