すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  使徒言行録(二巡目)  >  2015年9月23日祈祷会(使徒言行録5:1−42、初代教会における問題の発生)
1.アナニアとサフィラ

・教会では、人々が自分の所有物を売ってお金に変え、それを捧げた。これまでにない新しい共同体(原始共産制)がそこに形成されていった。その時バルナバは地所を売ったお金をすべて捧げ、それに刺激されて他の信徒たちも競って地所等を捧げ始めた。信徒は土地を売った代金をすべて捧げても良かったし、一部を残し、私用で用いることも許された。アナニアは土地を売却して共同体に全部捧げることにしたが、惜しくなり、一部を全部と偽って捧げた。
―使徒5:1−4「アナニアという男は、妻と相談して土地を売り、妻も承知のうえで、代金をごまかし、その一部を持って来て使徒たちの足もとに置いた。するとペトロは言った。『アナニア、なぜ、あなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、土地の代金をごまかしたのか。売らないでおけば、あなたのものだったし、また、売っても、その代金は自分の思い通りとなったではないか。どうして、こんなことをする気になったのか。あなたは人間ではなく神を欺いたのだ。』」
・ペトロと話している間に、アナニアは自責の念に耐えられず、倒れて死んでしまった。
―使徒5:5−6「この言葉を聞くと、アナニアは倒れて息が絶えた。そのことを耳にした人々は皆、非常に恐れた。若者たちが立ちあがって死体を包み、運び出して葬った。」
・アナニアの妻サフィラも同じく偽りを述べ、彼女も死んだ。二人の突然の死は教会だけでなく、一般の人々にまで伝わり、聞いた者に衝撃を与えた。
―使徒5:9−10「すると、彼女はたちまちペトロの足元に倒れ、息が絶えた。青年たちは入って来て、彼女の死んでいるのを見ると、運び出し夫のそばに葬った。教会全体とこれを聞いた人は皆、非常に恐れた。」
・アナニアが「これは土地を売った代金の一部です。残りは私の生活のために用います」といって捧げた時、誰もアナニアを責めなかっただろう。しかしアナニアは人々の賞賛が欲しかった、そこに罪が侵入した。アナニアは人の目を気にしたが、神の目を気にしなかった。初代教会は、消費だけが共同化され、生産の共同化はなされなかったため、やがてお金が無くなって行き詰った。私たちは教会における経済の問題にもっと目を向けるべきだ。アナニアの惜しむ心は私たちにもあるし、教会におけるお金の使い方が教会の分裂を引き起こすこともある。経済を真剣に考えなかった初代教会の共同生活が揺らぎ始めたことは印象的だ。どのように献金するか、献金されたお金をどのように用いるのかは信仰の問題なのである。

2.使徒たち、多くの奇跡を行う

・初代教会は周りの人たちから好意的な目で見られていた。
―使徒5:12−14「使徒たちの手によって、多くのしるしと不思議な業とが民衆の間で行われた。一同は心を一つにしてソロモンの回廊に集まっていたが、ほかの者はだれ一人、あえて仲間に加わろうとはしなかった。しかし、民衆は彼らを賞賛していた。多くの男女が主を信じ、その数はますます増えていった。」
・使徒たちの伝道は、イエスのガリラヤ伝道と同じように、病人の癒し活動が中心であった。おそらくマザー・テレサの共同体が行ったように、病気の人を見舞い、死に行く人を看取りながら、福音伝道活動を行っていたのであろう。
―使徒5:15−16「人々は病人を大通りに運び出し、担架や床に寝かせた。ペトロが通りかかる時、せめてその影だけでも病人のだれかにかかるようにした。また、エルサレム付近の町からも、群衆が病人や汚れた霊に悩まされている人々を連れて集まって来たが、一人残らず癒してもらった。」

3.使徒たちに対する迫害

・大祭司たちは使徒たちを捕え、牢に入れたが、ルカは主の天使たちが現れ、彼らを解放したと記す。
―使徒5:17−21a「そこで、大祭司とその仲間の人々は皆立ち上がり、ねたみに燃えて、使徒たちを捕えて牢に入れた。ところが、夜中に主の天使が牢の戸を開け、彼らを外に連れ出し、『行って神殿の境内に立ち、この命の言葉を残らず民衆に告げなさい』と言った。これを聞いた使徒たちは、夜明けごろ境内に入って教え始めた。」
・最高法院での審問が始まろうとした時、使徒たちがいないとの報告が彼らにあった。彼らは解放されて神殿境内で民衆に教えていた。祭司長たちは彼らを最高法院まで連行し、宣教の禁止を再び命じた。
―使徒5:27−28「彼らが使徒たちを引いて来て最高法院の中に立たせると、大祭司が尋問した。『あの名によって教えてはならないと、厳しく命じておいたではないか。それなのに、お前たちはエルサレム中に自分の教えを広め、あの男の血を流した責任を我々に負わせようとしている。』」
・しかし祭司長たちの厳しい叱責し対しても、使徒たちの信仰は揺るぎもなかった。
―使徒5:29−32「ペトロとほかの使徒たちは答えた。『人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。私たちの先祖の神は、あなたがたが木につけて殺したイエスを復活させられました。神はイスラエルを悔い改めさせ、その罪を赦すために。この方を導き手とし、救い主として、御自分の右に上げられました。私たちはこの事実の証人であり、また、神が御自分に従う人々にお与えになった聖霊も、このことを証ししておられます。』」
・彼らが辱めを受けたことを喜んだのは、イエスの残された言葉を心に刻んでいたからであろう。
-ルカ6:22-23「人々に憎まれる時、また、人の子のために追い出され、ののしられ、汚名を着せられる時、あなたがたは幸いである。その日には、喜び踊りなさい。天には大きな報いがある。この人々の先祖も、預言者たちに同じことをしたのである」。

4.ガマリエルの説得

・使徒たちの証しを聞いて怒った大祭司側の人々は、彼らを処刑しようとした。ただその時、ファリサイ派の律法教師ガマリエルはこれを諌めた。
―使徒5:33−35a「これを聞いた者たちは激しく怒り、使徒たちを殺そうと考えた。ところが、民衆全体から尊敬されている律法の教師で、ファリサイ派に属するガマリエルという人が、議場に立って、使徒たちをしばらく外に出すように命じ、それから、議員たちにこう言った。」
・ガマリエルは過去の実例を引き、「諸君は神に逆らう者になるな」と警告した。
―使徒5:35b−39「『イスラエルの人たち、あの者たちの取り扱いは慎重にしなさい。以前にもテウダが、自分を何か偉い者のように言って立ち上がり、その数四百人くらいの男が彼に従ったことがあった。彼は殺され、従っていた者は皆散らされて、跡形もなくなった。その後、住民登録の時、ガリラヤのユダが立ち上がり、民衆を率いて反乱を起こしたが、彼も滅び、つき従った者も皆、ちりぢりにさせられた。そこで今、申し上げたい、あの者たちから手を引きなさい。放っておくがよい。あの計画や行動が人間から出たものなら、自滅するだろうし、神から出たものであれば、彼らを滅ぼすことはできない。もしかしたら、諸君は神に逆らう者となるかもしれないのだ。』」
・ガマリエルの説得は大祭司たちに受け入れられ、使徒たちは鞭打たれた後、釈放された。
―使徒5:39−42「一同はこの意見に従い、使徒たちを呼び入れて鞭で打ち、イエスの名によって話してはならないと命じたうえ、釈放した。それで使徒たちは、イエスの名のために辱めしめを受けるほどの者にされたことを喜び、最高法院から出て行き、毎日、神殿の境内や家々で絶えず教え、メシア・イエスについて福音を告げ知らせていた。」
・使徒たちを逮捕し、殺そうとしたのは、「大祭司とその仲間のサドカイ派の人々」(5:17)とされている。大祭司や祭司長たち(サドカイ派)は律法の適用には厳格で、違反者には厳しく処罰していた。他方、ガマリエルはファリサイ派で、彼らは新しいメシア・イエス運動に対する「民衆」の共感を代弁していた。「民衆」の共感と支持があったので、エルサレム共同体はサドカイ派から迫害されても、存続することができた。しかし、教会の一部(ギリシア語を話すヘレニストたち)が律法や神殿を軽視するようになると、今度は民衆派のファリサイからの迫害が始まる。その時、律法に忠実な使徒たちは迫害されていないことは注目すべきであろう。
‐使徒8:1-2「サウロは、ステファノの殺害に賛成していた。その日、エルサレムの教会に対して大迫害が起こり、使徒たちのほかは皆、ユダヤとサマリアの地方に散って行った」。
プリンタ用画面
前
2015年9月16日祈祷会(使徒言行録4:1−37、ペトロとヨハネの取り調べと教会)
カテゴリートップ
使徒言行録(二巡目)
次
2015年9月30日祈祷会(使徒言行録6:1-15、ステファノたち七人の選出)