すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  ヨハネ福音書(二巡目)  >  2015年8月12日祈祷会(ヨハネ福音書20:1−31、復活する)
1.イエスの復活

・20章はイエスの弟子たちを中心とした人々が、イエスの復活を受容する過程が記されている。イエスの遺体を墓に納めたのは金曜日で、翌土曜日の安息日の墓参りは、律法の規定で禁止されていたので、マリアたちがイエスの墓を訪れたのは日曜日の朝だった。墓の前まで来たマリアは、墓を閉じた大石が転がされ、墓が開けられているのを見て驚き、ペトロたちに知らせた。彼らも驚き、直ちに募に向かった。
−ヨハネ20:1−3「週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って、彼らに告げた。『主が墓から取り去られました。どこに置かれているか、私たちには分かりません。』そこで、ペトロともう一人の弟子は、外に出て墓に行った。」
・この段階では敵によりイエスの遺体が取り去られたという理解だった。ペトロともう一人の弟子ヨハネは走って墓へ向かった。ペトロが最初に見たのは、イエスを葬った時、遺体を包んだ亜麻布と、頭の覆いだけで、遺体はそこに無かったことである。
−ヨハネ20:4−7「二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。」
・弟子たちもマリアも何が起こったのか理解できていない。もちろん復活など考えてもいない。
−ヨハネ20:8−10「それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである」。

2.イエス、マグダラのマリアに現れる

・マリアは墓の前で一人泣いていた。彼女にとって、死はすべての終わりなのに、そのうえイエスの遺体まで無くなってしまったからである。ヨハネは女性の繊細な悲しみの表情を記している。悲しむマリアに墓の中から天使が呼びかける。天使は神の使いとして派遣された者、神と人の間を仲介する者とされている
−ヨハネ20:11−14「マリアは墓の外に立ち泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。天使たちが、『婦人よ、なぜ泣いているのか』と言うと、マリアは言った。『私の主が取り去られました。どこに置かれているのか、私には分かりません。』こう言いながら後ろを振り向くと、イエスが立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。」
・マリアは初めイエスを園丁かと思っていたが、呼びかけられた声からイエスだと分かる。マリアからイエスへの応答は「ラボニ」(師よ)であった。
−ヨハネ20:15−16「イエスは言われた。『婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。』マリアは園丁だと思って言った。『あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。私があの方を引き取ります。』イエスが、『マリア』と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、『ラボニ』と言った。『先生』という意味である。」
・マリアは復活したイエスに会えた喜びで、イエスにすがりつくが、イエスは「これから父のもとへ行くのだから、すがりつくのはやめなさい」と言われた。
−ヨハネ20:17−18「イエスは言われた。『私にすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。私の兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。「私の父であり、あなた方の父である方、また、私の神であり、あなたがたの神である方のところへ私は上る」と。』マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、『私は主を見ました』と告げ、また、主から言われたことを伝えた。」
・ヨハネ福音書によれば、復活のイエスに出会った最初の人は、マグダラのマリアであった。女性が復活の最初の証言者になったことは、女性に証言能力を認めないユダヤ社会においては、驚くべきことだった。5000人の人にイエスがパンを食べさせた奇跡においても「その数は男だけで5000人であった」と福音書は記す(ヨハネ6:10)。マリアを復活の最初の証言者とするヨハネの記事は、正にこのような出来事があったことの一つの証拠であろう。しかし、復活の公式的証言では男性の証言だけが出てきて、女性の弟子たちが最初に出会ったことは無視されている。当時の父権制社会の中での記述である。
-汽灰螢鵐15:3-5「最も大切なこととして私があなたがたに伝えたのは、私も受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおり私たちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後十二人に現れたことです」。

3.イエス、弟子たちに現れる

・イエスはペトロ、ヨハネに続いて、他の弟子たちの前に姿を現わされた。イエス処刑後、時の権力を怖れ、家に閉じ籠っていた彼らに、イエスは訪れ、十字架で傷ついた手と脇腹を弟子たちに見せになった。「あなた方は私を見捨てた、そのために私は苦しみを受けた。しかし今、ここに帰ってきた。私はあなた方の罪を赦す。だから安心しなさい」。
−ヨハネ20:19−20「その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。そう言って手とわき腹をお見せになった。弟子たちは主を見て喜んだ。」
・その言葉に弟子たちは生き返る。ここに二つの復活がある。「死からよみがえられたイエスの復活」と、「絶望と恐怖からよみがえった弟子たちの復活」の二つだ。復活とは死んだ者をよみがえらせるだけでなく、今生きている者を、根底から変える力をも持つ。イエスは弟子たちを祝福し、彼らに伝道の使命を与えられた。
−ヨハネ20:21−23「イエスは重ねて言われた。『あなた方に平和があるように。父が私をお遣わしになったように、私もあなたがたを遣わす。』そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。『聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。』」
・「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せばその罪は赦され、赦さなければ残る」というイエスの言葉は、宣教の使命の継承を示している。イエスから受けた聖霊の働きにより、新しい共同体として出発する教会の姿が見えてくるような言葉である。

4.イエスとトマス

・イエスが弟子たちに最初に現れられた時、トマスはそこにいなかった。他の弟子たちが「私たちは主を見た」と言っても、トマスは信じない。その彼のためにイエスが再び体を示されたとヨハネは伝える。トマスは懐疑派を代表しているようだ。
−ヨハネ20:24−25「十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られた時、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、『私は主を見た』と言うと、トマスは言った。『あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をわき腹に入れてみなければ、私は決して信じない。』」
・イエスはトマスにわきの傷を触らせ、見ずして信じる者の幸いを教える。
−ヨハネ20:26−29「さて、八日の後、弟子たちはまだ家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。それから、トマスに言われた。『あなたの指をここに当てて、私の手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、私のわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。』トマスは答えて、『私の主、私の神よ』と言った。イエスはトマスに言われた。『私を見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。』」
・伝承によれば、トマスはインドにまで伝道に行ったとある。南インドには「聖トマス教会」があり、トマスが立てた教会だという伝説が残っている。一番弱いと思われた弟子が、ひとたび復活のイエスに出会うと、当時としては、地の果てと思われたインドにまで出かけていく。どのような不信仰者であっても、復活のイエスとの出会いにより、変えられる。復活は、出会った人に命と力を与える出来事なのだ。トマスは多く罪を犯したから多く赦され、多く赦されたから多く愛したのではないか。
・本来のヨハネ福音書は20章までで終わっていた。21章は後代の付加であろう。
−ヨハネ20:30−31「このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアと信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。」
プリンタ用画面
前
2015年8月5日祈祷会(ヨハネ福音書19:28‐42、イエスの死と埋葬)
カテゴリートップ
ヨハネ福音書(二巡目)
次
2015年8月19日祈祷会(ヨハネ福音書21:1−25、がリラヤでの復活者イエスとの出会い)