すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(二巡目)  >  2017年10月12日祈祷会(民数記35−36章、民数記の終わり)


1.レビ人のための定め

・12部族の内、レビ族は祭司の役割を担い、生産手段としての土地を持たず、他の部族の献げる供え物の十分の一で生きるように定められる。
−民数記18:23-24「レビ人のみが臨在の幕屋の作業をし、その罪責を負わねばならない。これは、代々にわたって守るべき不変の定めである。彼らは、イスラエルの人々の間では嗣業の土地を持ってはならない。私は、イスラエルの人々が主にささげる献納物の十分の一をレビ人に彼らの嗣業として与えるからである」。
・しかし、生活のために土地は必要である。各部族はレビ人の居住のための土地を提供するように求められる。そのことにより、すべての部族に祭司としてのレビ人が配属される。
−民数記35:2-3「嗣業として所有する土地の一部をレビ人に与えて、彼らが住む町とし、その町の周辺の放牧地もレビ人に与えなさい。町は彼らの住む所、放牧地は彼らの家畜とその群れ、その他すべての動物のためである」。
・同時にレビ人の独立性を維持するために、合計48の町がレビ人に与えられた。そのうち6つの町は「逃れの町」とされた。
−民数記35:6-8「あなたたちは、人を殺した者が逃れるための逃れの町を六つレビ人に与え、それに加えて四十二の町を与えなさい。レビ人に与える町は、合計四十八の町とその放牧地である。イスラエルの人々の所有地の中からあなたたちが取る町については、大きい部族からは多く取り、小さい部族からは少なく取り、それぞれその受ける嗣業の土地の大きさに応じて、その町の一部をレビ人に与えなければならない」。
・この世の収入を絶って、主のために働く者は、それにふさわしい生活の糧を与えられる。新約における伝道者もそうだ。今日でも牧師は、教会から支給される謝礼で暮らすことが求められている。しかし日本では一つの教会が一人の牧師を養うことが困難になっている。そのため、パートタイムで働く牧師や、複数の教会を兼牧する牧師が増えている。
−第一コリント9:13-14「神殿で働く人たちは神殿から下がる物を食べ、祭壇に仕える人たちは祭壇の供え物の分け前にあずかります。主は、福音を宣べ伝える人たちには福音によって生活の資を得るようにと、指示されました」。

2.逃れの町の規定

・レビ人に与えられる町のうち、六つの町は、誤って人を殺した者が逃れるための「逃れの町」とされる。
−民数記35:10-13「イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。あなたたちがヨルダン川を渡って、カナンの土地に入る時、自分たちのために幾つかの町を選んで逃れの町とし、過って人を殺した者が逃げ込むことができるようにしなさい。町は、復讐する者からの逃れのために、あなたたちに用いられるであろう。人を殺した者が共同体の前に立って裁きを受ける前に、殺されることのないためである。あなたたちが定める町のうちに、六つの逃れの町がなければならない」。
・人を殺した者はその責任を取って死ななければならない。しかし、誤って人を殺した者は救われるべきだ。ここにおいて故意の殺人と過失死を分けよと命じられている。
−民数記35:20-25「憎しみを込めて人を突くか、故意に人に物を投げつけるかして、死なせるか、または、敵意を抱いて殴りつけて、人を死なせた場合、手出しをした者は必ず死刑に処せられる。・・・敵意もなく、思わず人を突くか、故意にではなく人に何かを投げつけるか、または、人を殺せるほどの石を、よく見もせずに人の上に落とすかして、人を死なせた場合、その人がその敵でもなく、危害を加えようとしたのでもないときには、共同体はこれらの判例に基づいて、殺した当人と血の復讐をする者との間を裁かなければならない。共同体は、人を殺してしまった者を血の復讐をする者の手から救い出し、共同体が、彼の逃げ込んだ逃れの町に彼を帰さなければならない」。
・「目には目を」の報復が当然とされた時代にあって、過失者を許せという規定が設けられた。私たちも、キリストと言う逃れの町が与えられている。罪を犯した者も悔い改めれば許される。
−ドストエフスキー・罪と罰より「金貸しの老婆を殺してシベリヤ流刑になったラスコリニコフは、ソーニャの献身により、悔い改める・・・地の果てのような所で数年を過ごした後、復活祭過ぎのある朝、蒼白くやせた二人は、川のほとりでものも言わずに腰を下ろしていた。突然、彼は泣いてソーニャの膝を抱きしめる。彼女の無私の愛が、遂に彼を深く揺り動かしたのである。二人の目には涙が浮かんでいた。・・・愛が彼らを復活させたのである」。
・イスラエルの法はやり直しを認める。悪意や計画を持たずに人を殺したものは救済され、借金等で奴隷に落ちた者も「ゴーエール」によって買い戻される。
−レビ記25:47-49「もしあなたのもとに住む、寄留者、滞在者が豊かになり、あなたの同胞が貧しくなって、あなたのもとに住む寄留者ないしはその家族の者に身売りした時は、身売りをした後でも、その人は買い戻しの権利を保有する。その人の兄弟はだれでもその人を買い戻すことができる。叔父とか従兄弟も買い戻すことができる。その人の一族の血縁の者も買い戻すことができる。その人が自分でその力を持つようになった時には、自分自身を買い戻すことができる」。
・このゴーエールに期待をかけたのがヨブだ。ヨブが誰にも自分の無実を理解されない中で求めた者が、この未来の贖い主だった。このゴーエールがやがて「命の贖い主」として、新約のイエスに結実していく。
−ヨブ記19:25-27「私は知っている、私を贖う方(ゴーエール)は生きておられ、ついには塵の上に立たれるであろう。この皮膚が損なわれようとも、この身をもって私は神を仰ぎ見るであろう。この私が仰ぎ見る、ほかならぬこの目で見る。腹の底から焦がれ、はらわたは絶え入る。」
・新約聖書の中心的教理は、この「贖罪」だ。イエスの死により、人は罪が赦されると人々は考えた。しかし聖書学の橋本滋男は述べる「イエスの宣教内容は彼の死についての救済論的意義づけを前提にしていない。つまり、自分が死ななければ、人々は悔い改めても本当には救われないのだ、と彼は考えていなかったようである」。橋本は続ける「イエスは終末の時が間近に迫っているという危機的予想の下に、人々に対して心を開いて神の支配を謙虚に受け入れるべきことを勧め、人は己れの獲得する外的なものに依存・執着することをやめ、幼子のように素直に神に信頼を寄せつつ生きるべきことを教えた・・・この宣教内容は本来イエスの死を必要とせぬものであり、イエスもその死以前に人々が彼の告知を理解して悔い改めることを期待したと思われる」 。贖罪とは信仰の出来事であり、歴史的な出来事ではないのであろうか。

3.相続権を持つ女子の結婚について

・土地は部族に配分されるが、女子が相続者の時、結婚により土地が夫の部族への所有に移転する危険があった。
−民数記36:2-3「わが主は、私たちの親族ツェロフハドの嗣業の土地をその娘たちに与えるように、主から命じられました。もしその娘たちが他の部族のイスラエル人のだれかと結婚するとしますと、娘たちの嗣業の土地は私たちの先祖の嗣業の土地から削られ、嫁いだ先の部族の嗣業の土地に加えられることになり、それは、くじによって割り当てられた私たちの嗣業の土地から削られてしまいます」。
・嗣業の土地を守るために、娘たちは父方の一族とだけ結婚するように命じられる。
−民数記36:6-8「娘たちは自分を気に入ってくれた男と結婚してよい。ただ、父方の部族の一族の者とだけ結婚できる。イスラエルの人々の嗣業の土地が一つの部族から他の部族に移ることはなく、イスラエルの人々はそれぞれ、父祖以来の部族の嗣業の土地を固く守っていかなければならない。イスラエルの人々の諸部族の中で、嗣業の土地を相続している娘はだれでも、父方の部族の一族の男と結婚しなければならない。それにより、イスラエルの人々はそれぞれ、父祖伝来の嗣業の土地を相続することができる」。
・結婚は男女の選択だけで決まるものではなく、より以上の意味を持つゆえ、ある種の制約が必要だ。今日的に言えば、キリスト者はキリスト者のみと結婚すべきなのだろうか。信仰を守るためにはその方が望ましい。しかし、未信者との結婚が禁止されているわけではない。双方の考え方が聖書には記される。
−競灰6:14「あなたがたは、信仰のない人々と一緒に不釣り合いな軛につながれてはなりません。正義と不法とにどんなかかわりがありますか。光と闇とに何のつながりがありますか」。
−汽灰7:14「信者でない夫は、信者である妻のゆえに聖なる者とされ、信者でない妻は、信者である夫のゆえに聖なる者とされているからです」。
・そして民数記は36:13で完結する。次回からは、約束の地に入った以降の歴史を記述するヨシュア記・士師記を学んでいく。
−民数記36:13「以上は、エリコに近いヨルダン川の対岸にあるモアブの平野で、主がモーセを通してイスラエルの人々に命じられた命令と法である」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2017年10月5日祈祷会(民数記34章、イスラエルの嗣業の地)
カテゴリートップ
民数記(二巡目)