1.コラ、ダタン、アビラムの反乱

・レビ人であるコラは、自分が祭司ではないことに不満を持ち、モーセとアロンに反逆した。彼は言う「何故あなたたちだけが祭司なのか。全会衆が聖なる民とされたではないか」。表面的には聖職者に対する万人祭司運動であるが、実質はいとこのアロンが祭司で、自分は祭司でないことに対する不満、妬みであった。
−民数記16:1-3「レビの子ケハトの孫でイツハルの子であるコラは・・・集会の召集者である共同体の指導者、二百五十名の名のあるイスラエルの人々を仲間に引き入れ、モーセに反逆した。彼らは徒党を組み、モーセとアロンに逆らって言った『あなたたちは分を越えている。共同体全体、彼ら全員が聖なる者であって、主がその中におられるのに、なぜ、あなたたちは主の会衆の上に立とうとするのか』」。
・モーセは「あなたはレビ人として聖別されながら、それを不足とするのか。神の召命をどう考えるのか」と迫るが、コラは聞かない。同じ一族なのに自分たちが下級祭司であることに不満なのだ。共同体の中では様々な人が様々の役割を持つが、人間の目から見れば、それは重要性で区分され、そこに優劣が生じる。しかし神の目から見れば、それは優劣の問題ではなく、召命の問題だ。
−民数記16:8-10「レビの子らよ、聞きなさい。イスラエルの神はあなたたちをイスラエルの共同体から取り分けられた者として御自身のそばに置き、主の幕屋の仕事をし、共同体の前に立って彼らに仕えさせられる。あなたたちはそれを不足とするのか。主は、あなたとあなたの兄弟であるレビの子らをすべて御自身のそばに近づけられたのだ。その上、あなたたちは祭司職をも要求するのか。」
・この反乱の動きにルベン一族のダタンとアビラムも同調した。彼らも、自分たちの祖ルベンがヤコブの長子であるのに、弟分であるユダ族の風下に立ち、全体の指導がモーセにあることに不満を持っていた。
−民数記16:12-14「モーセは人をやって、エリアブの子であるダタンとアビラムを呼び寄せようとしたが、彼らは言った『我々は行かない。あなたは我々を乳と蜜の流れる土地から導き上って、この荒れ野で死なせるだけでは不足なのか。我々の上に君臨したいのか。あなたは我々を乳と蜜の流れる土地に導き入れもせず、畑もぶどう畑も我々の嗣業としてくれない。あなたはこの人々の目をえぐり出すつもりなのか。我々は行かない』」。
・反乱者たちはエジプトを「乳と蜜の流れる土地」と懐かしがり、約束の地を「荒れ野」と蔑む。この反乱は一部の者だけの動きではない。共同体全体が、約束の地に入れなかったことをモーセのせいにして、彼を恨んでいた。約束を信じられない者は「過去は良かった」と語る。過去の時代が「奴隷の時代」であったことは、もう彼らの念頭にはない。モーセは激しく憤る。
−民数記16:15「16:15 モーセは激しく憤って主に言った。「彼らの献げ物を顧みないでください。私は彼らから一頭のろばも取ったことはなく、だれをも苦しめたことはありません。」」

2.反乱に対する神の審判

・神はこの反乱に介入され、「共同体全員を滅ぼす」と言われたが、モーセのとりなしで思い返され、罪ある家族だけを処罰される。
−民数記16:19-23「コラは共同体全体を集め、臨在の幕屋の入り口でモーセとアロンに相対した。主の栄光はその時、共同体全体に現れた。主はモーセとアロンに仰せになった『この共同体と分かれて立ちなさい。私は直ちに彼らを滅ぼす』。彼らはひれ伏して言った『神よ、すべて肉なるものに霊を与えられる神よ。あなたは、一人が罪を犯すと、共同体全体に怒りを下されるのですか』。主はモーセに仰せになった『コラ、ダタン、アビラムの住まいの周りから離れるよう、共同体に告げなさい』」。
・地が裂け、ダタンとアビラムの一族は、生きたまま陰府に落とされた。
−民数記16:27-33「 彼らはコラ、ダタン、アビラムの住まいから離れた。ダタンとアビラムは、妻子、幼児と一緒に出て来て、天幕の入り口に立った・・・彼らの足もとの大地が裂けた。地は口を開き、彼らとコラの仲間たち、その持ち物一切を、家もろとも呑み込んだ。彼らと彼らに属するものはすべて、生きたまま、陰府へ落ち、地がそれを覆った。彼らはこうして、会衆の間から滅び去った」。
*陰府はヘブライ語(シェオル)。新約聖書ギリシア語「ハデス」「ゲヘナ」がこれに相当する。新共同訳聖書では「陰府(よみ)」と訳されている。新共同訳聖書では旧約聖書と新約聖書の訳語を統一して、「陰府」が旧約聖書で65回、新約聖書で10回使われている。旧約聖書時代は多くの場合、陰府は死人のいる所であり、墓を意味した。他に天と対照的な低い暗い所、悪人の住む所の意味を持つ。
・彼らに従った250人も、主の火に焼かれて死んだ
−民数記16:35「火が主のもとから出て、香をささげた二百五十人を焼き尽くした」。
・詩篇106編はこの反乱は「主に対する反逆」であったため、主は彼らを滅ぼされたと記す。
−詩篇106:16-18「彼らは宿営でモーセをねたみ、主の聖なる人アロンを妬んだ。地は口を開けてダタンを呑み込み、アビラムの仲間を覆った。火が彼らの仲間に向かって燃え上がり、炎が神に逆らう者を焼き尽くした」。
・人に与えられた賜物は異なる。それは神の選びであり、私たちはただ自分に与えられた賜物を生かせば良い。バプテスマのヨハネの生き方は、私たちにそれを示す。
−ヨハネ3:27-30「ヨハネは答えて言った『・・・私は自分はメシアではないと言い、自分はあの方の前に遣わされた者だと言ったが、そのことについては、あなたたち自身が証ししてくれる。花嫁を迎えるのは花婿だ。花婿の介添人はそばに立って耳を傾け、花婿の声が聞こえると大いに喜ぶ。だから、私は喜びで満たされている。あの方は栄え、私は衰えねばならない。』」

3.さらなる罪とその処罰

・コラと仲間の反乱は終わったが、会衆は「あなたは主の民を滅ぼした」とモーセに迫った。
−民数記17:6-7「その翌日、イスラエルの人々の共同体全体は、モーセとアロンに逆らって『あなたたちは主の民を殺してしまったではないか』と不平を言った。彼らはモーセとアロンに逆らって集結した」
・これに対して神は、またもや「この民を滅ぼす」と言われた。指導者だけでなく、会衆全体が神に反逆していた。モーセはもはや執り成すことは出来ない。
−民数記17:8-10「モーセとアロンが臨在の幕屋の前に進み出ると、主はモーセに仰せになった。『この共同体から離れなさい。私は直ちに彼らを滅ぼす』。二人はひれ伏した。」
・モーセは罪の購いのための儀式を速やかに行うようにアロンに命じる。真の指導者はどうしようもない状況下でも、祈ることは出来、その祈りは効果を持つ。
−民数記17:11-13「モーセはアロンに言った『香炉を取り、それに祭壇の火を入れ、香を載せ、急いで共同体のもとに行って、彼らのために罪を贖う儀式を行いなさい。主の御前から怒りが出て、もう疫病が始まっている』。 アロンは、モーセの命令通りに行い、集結している人々の中へ走って行った・・・アロンが香をたき、民のために罪を贖う儀式を行い、死んだ者と生きている者との間に立つと、災害は治まった」。
・約束の地に入ることを拒否し、荒野に追い戻された者たちの反逆が裁かれた。罪を犯した者はその罪を贖う。疫病が共同体を襲い、彼らはそれを主の与える処罰として受け取ったのかもしれない。
−民数記17:14-15「この災害による死者の数は一万四千七百人であった・・・アロンは臨在の幕屋の入り口にいるモーセのもとに帰った。災害はこうして治まった」。