すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(二巡目)  >  2017年3月9日祈祷会(民数記2章、宿営の配置)


1.宿営の配置

・兵役のための人口調査が終わると、全軍は幕屋を中心に宿営した。共同体の中心に幕屋(神殿)がある。
−民数記2:1-2「主はモーセとアロンに仰せになった。イスラエルの人々は、それぞれ家系の印を描いた旗を掲げて宿営する。臨在の幕屋の周りに、距離を置いて宿営する。」
・ここではユダとその宿営が正面の位置を占める。長子ルベンではなく、4男ユダが部族筆頭になった。
−民数記2:3-9「東側の正面に宿営する者は、ユダの宿営の旗の下に部隊ごとに位置をとる・・・ユダの宿営に属する者は総勢十八万六千四百人で、彼らが先頭を行進する。」
・ルベンとその宿営は二番目で、三番目はエフライム(ヨセフの子)とその宿営であった。
−民数記2:16「ルベンの宿営に属する者は総勢十五万一千四百五十人で、二番目を行進する。」
−民数記2:24「エフライムの宿営に属する者は総勢十万八千百人で、三番目を行進する。」
・最後がダンとその宿営(アセル族、ナフタリ族)であった。ダン、アセル、ナフタリは側めの子であり、それが序列に反映している。
−創世記35:22-26「ヤコブの子らは十二人であった。すなわちレアの子らはヤコブの長子ルベンとシメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン。ラケルの子らはヨセフとベニヤミン。ラケルの仕え女ビルハの子らはダンとナフタリ。レアの仕え女ジルパの子らはガドとアセル。」
・約束の地に向かって荒野を進むためには、共同体内部の序列、命令系統が必要であった。人間の共同体は、家族から国家に至るまで、決断する人と、従う人の区別が必要である。それは必要な役割分担であり、共同体において、役割と権力を定めない時には、混乱と無法の状況になる。共同体は主の命令に従った。
−民数記2:34「イスラエルの人々は、すべて主がモーセに命じられた通りに行い、それぞれの旗の下に宿営し、またそれぞれ氏族ごとに、家系に従って行進した。」
・同時に、権力を持ち、卓越した地位にある人々は、共同体に対する特別な責任を担う。責任を果たさない者は、その地位を追われる。ヤコブの長子はルベンであったが、ルベンは「父の側女と寝る」という過ちを犯したため、長子権を失っている(創世記49:3-4)。権力は神の委託であり、委託を果たさない時には、交代することが求められる。
・以前は12部族の一つに数えられていたレビ族は別扱いとなり、ヨセフが一つの部族と数えられていた代わりに、ヨセフの二人の息子、エフライムとマナセの家系が二つの部族に数えられている。こうして合わせて12部族になる。全部族は、それぞれ三部族からなる四分団に分けられ、部族長のもとに旗を掲げ、次のように配置された。東に、ユダ・イッサカル・ゼブルン、南に、ルベン・シメオン・ガド、西に、エフライム・マナセ・ベニヤミン、北に、ダン・ナフタリ・アシェルである。それまで無秩序であったエジプト奴隷の集団が、幕屋を中心に宿営場所を定められ、「軍団」として組織化されていく。約束の地へ向かい、これを戦って勝ち取るための隊列が整えられていくのである。この光景はやがて、黙示録の21章に描かれた天国における、凱旋者たちのイメージにも使われている。
−ヨハネ黙示録7:4-8「私は、刻印を押された人々の数を聞いた。それは十四万四千人で、イスラエルの子らの全部族の中から、刻印を押されていた。ユダ族の中から一万二千人が刻印を押され、ルベン族の中から一万二千人、ガド族の中から一万二千人、アシェル族の中から一万二千人、ナフタリ族の中から一万二千人、マナセ族の中から一万二千人、シメオン族の中から一万二千人、レビ族の中から一万二千人、イサカル族の中から一万二千人、ゼブルン族の中から一万二千人、ヨセフ族の中から一万二千人、ベニヤミン族の中から一万二千人が刻印を押された。

2.レビ人の役割

・レビ人は兵役に登録されず、土地も与えられなかった。彼らの役割は幕屋を守ることであった。
−民数記1:49-50「レビ族のみは、イスラエルの人々と共に登録したり、その人口調査をしたりしてはならない。むしろ、レビ人には掟の幕屋、その祭具および他の付属品にかかわる任務を与え、幕屋とすべての祭具の運搬と管理をさせ、幕屋の周囲に宿営させなさい。」
・全軍の中心は幕屋であり、それを守るのがレビ人の役割であった。
−民数記2:17「臨在の幕屋は、レビ人の宿営に囲まれて全宿営の中央を行進する。宿営しているときと同じように、それぞれの宿営は、その旗印の下に行進する。」
・共同体の中核に幕屋がある意味は何か。人間の歴史形成は必然的に権力闘争の形をとる。約束の地に入るとは、その地に住むカナン人と戦い、彼らから土地を奪うことである。この世に生きるとは罪を犯し続けることであって、罪の購いのための執り成しの祈りが不可欠だ。それがレビ人、今日で言うキリスト者の役割である。
−マタイ5:13「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。
・レビ人もキリスト者も常に少数者である。少数者の役割は平和のために執り成し、祈ることだ。それは党派性を持って戦うことではなく、祈ることである。モーセの手を支えたアロンの役割である。
−出エジプト記17:10-13「ヨシュアは、モーセの命じたとおりに実行し、アマレクと戦った。モーセとアロン、そしてフルは丘の頂に登った。モーセが手を上げている間、イスラエルは優勢になり、手を下ろすと、アマレクが優勢になった。モーセの手が重くなったので、アロンとフルは石を持って来てモーセの下に置いた。モーセはその上に座り、アロンとフルはモーセの両側に立って、彼の手を支えた。その手は、日の沈むまで、しっかりと上げられていた。ヨシュアは、アマレクとその民を剣にかけて打ち破った。」

3.共同体(教会)とは何か〜民数記から学ぶ

・民数記では「イスラエルの人々は、すべて主がモーセに命じられた通りに行い、それぞれの旗の下に宿営し、またそれぞれ氏族ごとに、家系に従って行進した」(2:34)とある。イスラエルという共同体があり、その下に部族があり、部族は家族ごとに組織された。信仰は個人ではなく共同体の中ではぐくまれるからである。これを現代の教会の事柄として以下考えていく。
・共同体(教会)を離れては私たちの信仰は枯れていく。教会を離れた信仰は死に、共同体を離れた教会も死ぬ。教会もまた、他の教会との連帯の中にあってこそ、孤立せず、独善に陥らない。見える教会が集まって、見えない公同の教会=キリストの体を形成する。(1コリント12:12「体は一つでも、多くの部分から成り、体のすべての部分の数は多くても、体は一つであるように、キリストの場合も同様である」)。
・多くの教会が「礼拝参加者が減少している」と悩んでいる。どうすれば良いのか、示唆を与える投稿があった。
−一キリスト者からのメッセージ〜日本で若者が教会に行かない理由「教会の礼拝は日曜日の午前中に行われるが、若者にとって面白くもなければ、魅力も感じられない場所に、せっかくの休みをつぶして彼らは行かない。若者は聖書には価値を認めるが、その価値が認められる形での提示がなされていない。日本ではキリスト者は絶対的マイノリティーである。家族の反対を押し切り、周囲から奇異の目で見られながら、自らマイノリティーになる人は少ない。仮に洗礼を受けてキリスト者になっても、教会には同世代の若者たちがいない。教会にいるのは年配者ばかりで、若者は『おひとり様クリスチャン』として孤立する。また教会に新規来会者がなく、教会を支える財政負担が一人一人に重くかかってくるため、負担を嫌がって逃げ出す人が出てくる。キリスト教信仰と所属集団への忠誠は別のものである」。
・「現代の教会は魅力がない、だから人が集まらない。最大の問題はコミュニティー(共同体)としての吸引力がないこと」と思える。ではどうすればよいのか、信仰の原点に戻る必要がある。それは何か、どのように科学技術が進歩しても科学では解明できない事柄、すなわち「死と病気と不条理」に真正面から取り組むことではないか。人間は必ず死に、いつの時代でも人間にとって死は恐怖だ。また医学が進歩しても治らない病気は治らない。三番目が不条理の問題だ。震災や戦争は必ず起こり、多くの人が苦しみ、泣いている。教会はこの「死と病気と不条理」の三つの事柄に二千年間取り組んで来た。
・教会の蓄積の一つは御言葉に対する感動だ。「善きサマリア人の譬え」は語る(ルカ10:33-34「旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した」)。サマリア人は「憐れに思った」、「憐れに思う」の原語はギリシア語スプラングニゾマイ、スプランクノン(内臓)から来る。異邦人であるサマリア人が、民族として敵になるユダヤ人を介抱したのは、「内臓が痛むほど、心が揺り動かされた」ためだ。この感動が教会にはある。彫刻家のオーギュスト・ロダンは人生の意味を語る「肝心なのは感動すること、愛すること、希望を持つこと、打ち震えること、生きること。そして、芸術家である以前に、人間であることだ」。人生の岐路に立って、生きる意味が見出せなくなった時、キリストの十字架に出会い、心が打ち震えた体験を私たちは持っている。この感動を体験した人が自分たちの感動を証ししていけば、世代を超えたコミュニケートは可能だと思える。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2017年3月2日祈祷会(民数記1章、人口調査)
カテゴリートップ
民数記(二巡目)
次
2017年3月16日祈祷会(民数記3〜4章、祭司の役割)