すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  創世記(二巡目)  >  2016年6月2日祈祷会(創世記43章、再びエジプトへ)


1.ヤコブの子供たち、再度エジプトへ

・飢饉は激しくなり、買い求めた食料もなくなった。ヤコブの息子たちは再度エジプトに行くことになった。
―創世記43:1-2「この地方の飢饉はひどくなる一方であった。エジプトから持ち帰った穀物を食べ尽くすと、父は息子たちに言った。『もう一度行って、我々の食糧を少し買って来なさい。』」
・しかし、エジプトに行くためには末子のベニヤミンを連れて行かなければならない。ユダは渋る父に「ベニヤミンを命にかけて守るから一緒に行かせて欲しい」との説得を始める。
―創世記43:3-9「しかし、ユダは答えた。『あの人は、弟が一緒でないかぎり、私の顔を見ることは許さぬと、厳しく我々に言い渡したのです。もし弟を一緒に行かせてくださるなら、我々は下って行って、あなたのために食糧を買って参ります。しかし、一緒に行かせてくださらないのなら、行くわけにはいきません。弟が一緒でないかぎり、私の顔を見ることは許さぬと、あの人が我々に言ったのですから。』・・・ユダは、父イスラエルに言った。『あの子をぜひ私と一緒に行かせてください。それなら、すぐにでも行って参ります。そうすれば、我々も、あなたも、子供たちも死なずに生き延びることができます。あの子のことは私が保障します。その責任を私に負わせてください。もしも、あの子をお父さんのもとに連れ帰らず、無事な姿をお目にかけられないようなことにでもなれば、私があなたに対して生涯その罪を負い続けます。』」
・ここに至ってヤコブも折れる。どうしようもない状況に追い込まれた時、人は始めて「全てを神の守りに委ねる」ことを決意する。そのために人に試みが与えられる。
―創世記43:11-14「すると、父イスラエルは息子たちに言った。『どうしてもそうしなければならないのなら、こうしなさい。この土地の名産の品を袋に入れて、その人への贈り物として持って行くのだ。乳香と蜜を少し、樹脂と没薬、ピスタチオやアーモンドの実。それから、銀を二倍用意して行きなさい。袋の口に戻されていた銀も持って行ってお返しするのだ。たぶん何かの間違いだったのだろうから。では、弟を連れて、早速その人のところへ戻りなさい。どうか、全能の神がその人の前でお前たちに憐れみを施し、もう一人の兄弟と、このベニヤミンを返してくださいますように。この私がどうしても子供を失わねばならないのなら、失ってもよい。』」
・今まで父の名はヤコブと呼ばれていたが、この43章になって「イスラエル」という名が用いられる。ヤコブは「押しのける者」、イスラエルは「神に勝たれる者」である。ヤコブは生来の名を示し、イスラエルは神による彼の名を示す。全てを捨てて神に委ねようと決意した時、彼の名はヤコブからイスラエルになることを創世記記者はここで示している。

2.エジプトにて

・兄弟たちはエジプトに行き、ヨセフと再会する
―創世記43:15-16「息子たちは贈り物と二倍の銀を用意すると、ベニヤミンを連れて、早速エジプトへ下って行った。さて、一行がヨセフの前に進み出ると、ヨセフはベニヤミンが一緒なのを見て、自分の家を任せている執事に言った。『この人たちを家へお連れしなさい。それから、家畜を屠って料理を調えなさい。昼の食事をこの人たちと一緒にするから。』」
・ヨセフは兄弟たちを食事に招き、弟ベニヤミンと20年ぶりに会い、感極まって密かに泣く。
—創世記43:26-30「ヨセフが帰宅すると、一同は屋敷に持って来た贈り物を差し出して、地にひれ伏してヨセフを拝した。 ヨセフは一同の安否を尋ねた後、言った。『前に話していた、年をとった父上は元気か。まだ生きておられるか。』『あなたさまの僕である父は元気で、まだ生きております』と彼らは答え、ひざまずいて、ヨセフを拝した。ヨセフは同じ母から生まれた弟ベニヤミンをじっと見つめて、『前に話していた末の弟はこれか』と尋ね、『私の子よ。神の恵みがお前にあるように』と言うと、ヨセフは急いで席を外した。弟懐かしさに、胸が熱くなり、涙がこぼれそうになったからである。ヨセフは奥の部屋に入ると泣いた」。
・捕えられていたシメオンも解放され、兄弟たちはヨセフと食卓につく。兄弟たちは席順が年齢順になっているのを見て不思議に思う。しかしまだ兄弟の和解はなされない。和解のためには兄弟たちの悔改めが必要だった。
-創世記43:33-34「兄弟たちは、いちばん上の兄から末の弟まで、ヨセフに向かって年齢順に座らされたので、驚いて互いに顔を見合わせた。そして、料理がヨセフの前からみんなのところへ配られたが、ベニヤミンの分はほかのだれの分より五倍も多かった。一同はぶどう酒を飲み、ヨセフと共に酒宴を楽しんだ」。

3.ユダの悔い改めと赦し

・ヨセフは兄弟たちをカナンに戻す時、ベニヤミンの袋に銀の杯を忍ばせ、兄弟たちが戻ってくるように企んだ。
―創世記44:1-2「ヨセフは執事に命じた。『あの人たちの袋を、運べるかぎり多くの食糧でいっぱいにし、めいめいの銀をそれぞれの袋の口のところへ入れておけ。それから、私の杯、あの銀の杯を、いちばん年下の者の袋の口に、穀物の代金の銀と一緒に入れておきなさい。』執事はヨセフが命じたとおりにした。」
・ユダはこの出来事を、自分たちが前にヨセフに罪を犯したことの神の審きとして受け入れる。
―創世記44:16「ユダが答えた。『御主君に何と申し開きできましょう。今更どう言えば、私どもの身の証しを立てることができましょう。神が僕どもの罪を暴かれたのです。この上は、私どもも、杯が見つかった者と共に、御主君の奴隷になります。』」。
・兄弟たちが、かつてヨセフを捨てたように、今回もベニヤミンを捨てて自分たちの安全を図ろうとするかを見るための試みであった。しかしユダは「ベニヤミンの代わりに自分を奴隷にして欲しい」と弟の助命を訴える。
―創世記44:30-34「今私が、この子を一緒に連れずに、あなたさまの僕である父のところへ帰れば、父の魂はこの子の魂と堅く結ばれていますから、この子がいないことを知って、父は死んでしまうでしょう。そして、僕どもは白髪の父を、悲嘆のうちに陰府に下らせることになるのです・・・何とぞ、この子の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子はほかの兄弟たちと一緒に帰らせてください。この子を一緒に連れずに、どうして私は父のもとへ帰ることができましょう。父に襲いかかる苦悶を見るに忍びません。」
・ユダはかってヨセフを恨んでエジプトに売った張本人であった。
-創世記37:26-27「ユダは兄弟たちに言った。『弟を殺して、その血を覆っても、何の得にもならない。それより、あのイシュマエル人に売ろうではないか。弟に手をかけるのはよそう。あれだって、肉親の弟だから。』兄弟たちは、これを聞き入れた」。
・そのユダが今弟ベニヤミンの助命のために自分の命を捨てようとする。ヨセフは兄弟たちが本心で罪を悔改め、新しくされたことを知り、兄弟たちに自分の身を打ち明ける。
―創世記45:1-3「ヨセフは、そばで仕えている者の前で、もはや平静を装っていることができなくなり、『みんな、ここから出て行ってくれ』と叫んだ。だれもそばにいなくなってから、ヨセフは兄弟たちに自分の身を明かした・・・ヨセフは、兄弟たちに言った。『私はヨセフです。お父さんはまだ生きておられますか。』兄弟たちはヨセフの前で驚きのあまり、答えることができなかった」。
・人間は心の底に人に言えない、人に知られたくない一隅を持っている。悔改めとはその罪を告白し、赦しをこうことだ。兄弟たちはヨセフを奴隷としてエジプトに売ったことを父にさえ秘密にしていた。
―創世記44:27-28「あなたさまの僕である父は、『お前たちも知っているように、私の妻は二人の息子を産んだ。ところが、そのうちの一人は私のところから出て行ったきりだ。きっとかみ裂かれてしまったと思うが、それ以来、会っていない。』」
・罪に時効はない。人に言えない罪を神の前に公にすることが悔改めの第一歩である。
―創世記44:16「御主君に何と申し開きできましょう。今更どう言えば、私どもの身の証しを立てることができましょう。神が僕どもの罪を暴かれたのです。」
・悔改めた時、人は変えられる。自分のために兄弟を売ったユダが、兄弟のために自分を捨てるものにされた。創世記43章、44章はユダの回心記録でもある。
―第一ヨハネ3:16-17「イエスは、私たちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、私たちは愛を知りました。だから、私たちも兄弟のために命を捨てるべきです。世の富を持ちながら、兄弟が必要な物に事欠くのを見て同情しない者があれば、どうして神の愛がそのような者の内にとどまるでしょう。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2016年5月26日祈祷会(創世記42章、ヨセフと兄弟たちの再会)
カテゴリートップ
創世記(二巡目)
次
2016年6月9日祈祷会(創世記44章、兄弟たちの悔改め)