すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  創世記(二巡目)  >  2016年2月11日祈祷会(創世記27章、祝福を騙し取るヤコブ)
1.リベカの計略

・イサクは年老い、長子エソウを後継者にするために、エソウに「狩りに行き、ごちそうを作ってほしい、その後に族長の祝福をする」と告げる。
―創世記27:1-4「イサクは年をとり、目がかすんで見えなくなってきた。そこで上の息子のエサウを呼び寄せて、『息子よ』と言った。エサウが、『はい』と答えると、イサクは言った。『こんなに年をとったので、私はいつ死ぬか分からない。今すぐに、弓と矢筒など、狩りの道具を持って野に行き、獲物を取って来て、私の好きなおいしい料理を作り、ここへ持って来てほしい。死ぬ前にそれを食べて、私自身の祝福をお前に与えたい』」。
・母親リベカは長男エソウではなく、次男ヤコブを偏愛する。彼女は夫イサクの言葉を聞き、長子権をエソウではなくヤコブに与えるために計略を巡らす。
―創世記27:6-10「リベカは息子のヤコブに言った『今、お父さんが兄さんのエサウにこう言っているのを耳にしました。「獲物を取って来て、あのおいしい料理を作ってほしい。私は死ぬ前にそれを食べて、主の御前でお前を祝福したい」と。私の子よ。今、私が言うことをよく聞いてその通りにしなさい。家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。私が、それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、それをお父さんのところへ持って行きなさい。お父さんは召し上がって、亡くなる前にお前を祝福してくださるでしょう』」。
・ヤコブはためらうが、母リベカは「呪いは自分が受ける」とまで言い、励まして行為させる。
―創世記27:11-13「ヤコブは母リベカに言った『でも、エサウ兄さんはとても毛深いのに、私の肌は滑らかです。お父さんが私に触れば、だましているのが分かります。そうしたら、私は祝福どころか、反対に呪いを受けてしまいます』。母は言った『私の子よ。そのときにはお母さんがその呪いを引き受けます。ただ、私の言うとおりに、行って取って来なさい』」。
・人間的に見ればヤコブの行為は許せない不正なものだった。しかしパウロはその行為の中に神の導きを見た。
―ローマ9:13-18「『私はヤコブを愛し、エサウを憎んだ』と書いてある通りです。では、どういうことになるのか。神に不義があるのか。決してそうではない。神はモーセに『私は自分が憐れもうと思う者を憐れみ、慈しもうと思う者を慈しむ』と言っておられます・・・このように、神は御自分が憐れみたいと思う者を憐れみ、かたくなにしたいと思う者をかたくなにされるのです」。

2.祝福を騙し取るヤコブ

・ヤコブは目の見えない父イサクをだまして祝福を受ける。祝福の内容はヤコブに地上的な豊かさを与え、族長としての支配権を与えるものであった。
―創世記27:27-29「ヤコブが近寄って口づけをすると、イサクは、ヤコブの着物の匂いをかいで、祝福して言った。『ああ、私の子の香りは主が祝福された野の香りのようだ。どうか、神が天の露と地の産み出す豊かなもの、穀物とぶどう酒をお前に与えてくださるように。多くの民がお前に仕え、多くの国民がお前にひれ伏す。お前は兄弟たちの主人となり、母の子らもお前にひれ伏す。お前を呪う者は呪われ、お前を祝福する者は祝福されるように』」。
・やがてエソウが狩りから帰るが、既に祝福はヤコブに為されており、父イサクさえもその決定を覆すことはできなかった。
―創世記27:30-35「イサクがヤコブを祝福し終えて、ヤコブが父イサクの前から立ち去るとすぐ、兄エサウが狩りから帰って来た。彼もおいしい料理を作り、父のところへ持って来て言った『私のお父さん。起きて、息子の獲物を食べてください。そして、あなた自身の祝福を私に与えてください』。父イサクが『お前は誰なのか』と聞くと、『私です。あなたの息子、長男のエサウです』と答えが返ってきた。 イサクは激しく体を震わせて言った『では、あれは、一体誰だったのだ。さっき獲物を取って私のところに持って来たのは。実は、お前が来る前に私はみんな食べて、彼を祝福してしまった。だから、彼が祝福されたものになっている』。エサウはこの父の言葉を聞くと、悲痛な叫びをあげて激しく泣き、父に向かって言った『私のお父さん。私も、この私も祝福してください』。イサクは言った『お前の弟が来て策略を使い、お前の祝福を奪ってしまった』」。
・騙されたと知ったエソウはヤコブを呪う。
―創世記27:36「エサウは叫んだ『彼をヤコブとは、よくも名付けたものだ。これで二度も、私の足を引っ張り(アーカブ)欺いた。あの時は私の長子の権利を奪い、今度は私の祝福を奪ってしまった」。
・預言者の多くもヤコブのこの行為を肯定していない。ヤコブの行ったことは明らかに欺瞞行為だった。
―エレミヤ9:3「人はその隣人を警戒せよ。兄弟ですら信用してはならない。兄弟といっても、『押しのける者(ヤコブ)』であり、隣人はことごとく中傷して歩く。」

3.ヤコブの逃亡

・怒ったエソウはヤコブを殺そうとし、リベカはヤコブを叔父の所に避難させる為に送り出した。
―創世記27:42-44「ところが、上の息子エサウのこの言葉が母リベカの耳に入った。彼女は人をやって、下の息子のヤコブを呼び寄せて言った『大変です。エサウ兄さんがお前を殺して恨みを晴らそうとしています。私の子よ。今、私の言うことをよく聞き、急いでハランに、私の兄ラバンの所へ逃げて行きなさい。そして、お兄さんの怒りが治まるまで、しばらく伯父さんの所に置いてもらいなさい』」。
・この「しばらく」が永遠の別れになる。リベカはヤコブに再会することなく死に、ヤコブは叔父ラバンの下で無為な20年を過ごす。リベカもヤコブも自分たちの罪の贖いをしなければならなかった。
―創世記31:41-42「この二十年間というもの、私はあなたの家で過ごしましたが、そのうち十四年はあなたの二人の娘のため、六年はあなたの家畜の群れのために働きました。しかも、あなたは私の報酬を十回も変えました。もし、私の父の神、アブラハムの神、イサクの畏れ敬う方が私の味方でなかったなら、あなたはきっと何も持たせずに私を追い出したことでしょう。神は私の労苦と悩みを目に留められ、昨夜、あなたを諭されたのです」。
・リベカやヤコブの計略により、祝福はエソウからヤコブに移った。しかし神はこのようなヤコブを約束の継承者にした。神の御旨が人間のあらゆる営みを超えて実現している。
-ローマ9:11−12「その子供たちがまだ生まれもせず、善いことも悪いこともしていないのに、『兄は弟に仕えるであろう』とリベカに告げられました。それは、自由な選びによる神の計画が人の行いにはよらず、お召しになる方によって進められるためでした」。
・「神の選び」とは何だろうか。ヤコブは神の祝福を継承する者として選ばれた。ではヤコブは幸せになったのか、創世記は「違う」と言う。ヤコブは兄エソウと争って故郷を追われ、ハランにいる叔父ラバンのもとに行くが、その地で彼は自分以上に計算高い叔父と財産をめぐって争う。ヤコブはラバンの二人の娘を妻として娶るが、そのために14年間のただ働きを求められる。苦労の末、娶った二人の妻レアとラケルは、やがてヤコブの愛情をめぐって争いを繰り広げる。20年後に彼は故郷に帰るが、その時には彼の子供たちがヤコブの家督をめぐって争う。最後にヤコブは告白する「自分は決して幸せな人生ではなかった」と。
-創世記47:9「私の旅路の年月は百三十年です。私の生涯の年月は短く、苦しみ多く、私の先祖たちの生涯や旅路の年月には及びません」。
・ヤコブの生涯は「幸せな生涯」ではなかった。しかし「意味ある生涯」だった。神の器として選ばれるとは、神の祝福を「受ける」ためではなく、祝福を「運ぶ」ために選ばれるのではないだろうか。私たちがキリスト者になったのも、祝福を受けるために、「幸福な生涯」を送るために選ばれたのではなく、祝福を運ぶために、「意味ある生涯」を送るために、選ばれたのではないだろうか。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2016年2月4日祈祷会(創世記26章、イサクの生涯)
カテゴリートップ
創世記(二巡目)
次
2016年2月18日祈祷会(創世記28章、ヤコブ、神と出会う)