すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  箴言(二巡目)  >  2015年4月2日祈祷会(箴言29章、幻なき民は滅びる)
1.神に逆らう人は国を滅ぼす

・誰が指導者になるかは国の命運を決定する。民は神に従って正しい政治を行う指導者を求める。神に逆らう人が指導者になれば、民の苦しみは増す。
-箴言29:2-4「神に従う人が大いになると民は喜び、神に逆らう人が支配すると民は嘆く・・・王が正しい裁きによって国を安定させても、貢ぎ物を取り立てる者がこれを滅ぼす」。
・エゼキエルは民のことを考えずに、自分の利益ばかりを求める指導者を「自分を養う羊飼い」として批判した。彼らの強欲によってイスラエルは滅んだと預言者は断罪する。
−エゼキエル34:2-6「人の子よ、イスラエルの牧者たちに対して預言し、牧者である彼らに語りなさい。主なる神はこう言われる。災いだ、自分自身を養うイスラエルの牧者たちは。牧者は群れを養うべきではないか。お前たちは乳を飲み、羊毛を身にまとい、肥えた動物を屠るが、群れを養おうとはしない。お前たちは弱いものを強めず、病めるものをいやさず、傷ついたものを包んでやらなかった。また、追われたものを連れ戻さず、失われたものを探し求めず、かえって力ずくで、苛酷に群れを支配した。彼らは飼う者がいないので散らされ、あらゆる野の獣の餌食となり、ちりぢりになった。私の群れは、すべての山、すべての高い丘の上で迷う。また、私の群れは地の全面に散らされ、だれひとり、探す者もなく、尋ね求める者もない」。
・支配者が正しい政治をしない時、国民はどのようにすべきなのだろうか。ナチスが政権を取った1933年、ドイツのルター派教会はナチス政権を神が与えた器として受け入れていく。理論的指導者となったP.アルトハウスはローマ13章を引いてナチスを合法政権として受け入れた。
-ローマ13:1-3「人は皆、上に立つ権威に従うべきです。神に由来しない権威はなく、今ある権威はすべて神によって立てられたものだからです。従って、権威に逆らう者は、神の定めに背くことになり、背く者は自分の身に裁きを招くでしょう。実際、支配者は、善を行う者にはそうではないが、悪を行う者には恐ろしい存在です。あなたは権威者を恐れないことを願っている。それなら、善を行いなさい。そうすれば、権威者からほめられるでしょう」。
・他方、カール・バルトは為政者が神の委託を超えて悪を行う時、キリスト者はそれに従うべきではないと考え、反ナチスのバルメン宣言を起草した。その根拠となったのは使徒言行録にあるペテロの留保だった。
-使徒4:18-20「そして(祭司長たちは)、二人を呼び戻し、決してイエスの名によって話したり、教えたりしないようにと命令した。しかし、ペトロとヨハネは答えた『神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。私たちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです』」。
・同じ聖書から、ナチス政権に従うという決定も、従わないという決定も出てくる。聖書の断片的な言葉ではなく、文脈から、あるいは聖書全体から見ていくべきであろう。その時、為政者の権力は一定の制約の下にあると考えるべきであろう。サムエル記は王権神授説を明確に否定している。
-サムエル記上8:6-9「裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は、サムエルの目には悪と映った。そこでサムエルは主に祈った。主はサムエルに言われた『民があなたに言うままに、彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上に私が王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上った日から今日に至るまで、彼らのすることといえば、私を捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし、彼らにはっきり警告し、彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい』」。

2. 弱い人に配慮する王の王座は永久に

・箴言は王に対して正義を行うように求める。支配者が偽りの言葉に耳を傾ける時、国は乱れる。王は弱い者の言葉にこそ耳を傾けよと箴言は求める。
-箴言29:12-14「支配者が偽りの言葉に耳を貸すなら、仕える人は皆、逆らう者となる。貧しい人と虐げる者とが出会う。主はどちらの目にも光を与えておられる。弱い人にも忠実な裁きをする王。その王座はとこしえに堅く立つ」。
・権力者は追随者の言葉に耳を傾けがちだ。しかし人を最終的に裁くのは「王ではなく主である」と箴言は語る。
-箴言29:26「支配者の御機嫌をうかがう者は多い。しかし、人を裁くのは主である」。
・最終的な裁きは主のものである。従って、不正を行う王は一時的に栄えてもやがて滅びると警告される。
-箴言29:16「神に逆らう者が多くなると罪も増す。神に従う人は彼らの滅びるさまを見るであろう」。

3. 幻なき民は滅びる

・29章で最も有名な言葉は18節の「幻なき民は滅びる」であろう。玉川学園講堂には英文「No vision the people perish」が掲げてあるという。創立者・小原国芳は語る「幻のない、夢のない、理想のない、虹のない、空想のないところには一切の成就はない。夢こそ成功の原動力である」。
-箴言29:18「幻がなければ民は堕落する。教えを守る者は幸いである」。
・幻にはイリュージョン(幻想)という意味と、ビジョン(展望)という意味の二つがある。弟子たちの復活経験も、「イエスの幻=ビジョン」を見たと言えるだろう。
-大貫隆・イエスという経験から「ペテロを筆頭として、イエス処刑後に残された者たちは、何処とも知れず逃亡先に蟄居して・・・必死でイエスの残酷な刑死の意味を問い続けたに違いない・・・彼らは旧約聖書を繰り返し読み、そこに意味を見出そうとした。そして旧約聖書の光に照らされて、いまや謎と見えたイエスの刑死が、実は神の永遠の救済計画の中に初めから含まれ、旧約聖書で預言された出来事として了解し直された。直接のきっかけがペテロの個人的な幻視(あるいは神秘体験)であったとしても、旧約聖書の光に照らしての、否、旧約聖書のそのものの新しい読解としての謎の解明がそこで為された」。
・今日の若者たちは幻を持てなくなっている。経済成長は終わり、人口は減少し、将来に待っているのは、良くても現状維持、悪ければ生活水準の切り下げだと思っているからである。そのような時代に教会は何を語れるのだろうか。パウロの言葉は現在においても意味を持ち続けると思える。
-2コリント4:7-11「私たちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかになるために。私たちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない。私たちは、いつもイエスの死を体にまとっています、イエスの命がこの体に現れるために。私たちは生きている間、絶えずイエスのために死にさらされています、死ぬはずのこの身にイエスの命が現れるために」。
・4:8「途方に暮れても失望しない」を原文に忠実に訳すると、「途方に暮れても、途方に暮れっぱなしではない」となる。私たちの人生において、次から次に不運と不幸が襲いかかり、不安と恐れに苦しめられる時がある。これまでにもあったし、これからもあるだろう。その時、私たちはどうして良いのかわからず、途方に暮れる。パウロも途方に暮れたが、「途方に暮れっぱなしではなかった」。復活のイエスの命が彼のうちに充満し、彼は立ち上がった。そのイエスの力は教会の交わりを通して与えられる。パウロの福音はイエスの復活に裏打ちされた「希望の福音」だ。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2015年3月26日祈祷会(箴言28章、罪を隠す者は栄えない)
カテゴリートップ
箴言(二巡目)
次
2015年4月9日祈祷会(箴言30章、必要かつ十分なものを与え給え)