すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  箴言(二巡目)  >  2014年9月18日祈祷会(箴言3章、貧しい隣人に手を閉じるな)
1.知恵を求めるものは幸いを得る

・箴言は古代イスラエルの知恵であり、そこには神の戒めを守る者には神の祝福が与えられるという思想が一貫して流れている。
−箴言3:1-4「わが子よ、私の教えを忘れるな。私の戒めを心に納めよ。そうすれば、命の年月、生涯の日々は増し、平和が与えられるであろう。慈しみとまことがあなたを離れないようにせよ。それらを首に結び、心の中の板に書き記すがよい。そうすれば、神と人の目に好意を得、成功するであろう」。
・主の道を歩む者を主は祝福される。その祝福とは豊かな実りと収穫である。
−箴言3:6-10「常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば、主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。自分自身を知恵ある者と見るな。主を畏れ、悪を避けよ。そうすれば、あなたの筋肉は柔軟になり、あなたの骨は潤されるであろう。それぞれの収穫物の初物をささげ、豊かに持っている中からささげて主を敬え。そうすれば、主はあなたの倉に穀物を満たし、搾り場に新しい酒を溢れさせてくださる」。
・しかし著者は人生が波瀾万丈であることを知っている。人生には困難も苦痛もある。彼は、苦難は人間を鍛錬するための神の知恵と考えている。
−箴言3:11-12「わが子よ、主の諭しを拒むな。主の懲らしめを避けるな。かわいい息子を懲らしめる父のように、主は愛する者を懲らしめられる」。
・正論である。多くの人もそう思う。ヨブ記に登場するエリパズも知恵の立場からヨブに「与えられた苦難を受け入れよ」と求める(ヨブ記5:17-18「見よ、幸いなのは神の懲らしめを受ける人。全能者の戒めを拒んではならない。彼は傷つけても、包み、打っても、その御手で癒してくださる」)。しかし、苦難の意味がわからない時、苦難の出口が見えない時、知恵の言葉は何の救済力もない。ヨブはただ死を願う。
−ヨブ記6:4-9「全能者の矢に射抜かれ、私の霊はその毒を吸う。神は私に対して脅迫の陣を敷かれた。青草があるのに野ろばが鳴くだろうか。飼葉があるのに牛がうなるだろうか・・・神よ、私の願いをかなえ、望みのとおりにしてください。神よ、どうか私を打ち砕き、御手を下し、滅ぼしてください」。
・ヨブの救済はヨブが神と出会うことによって為された(ヨブ記42:5-6)。苦難は苦難を通して神に出会う時に苦難ではなくなるのだ。
−ヨブ記36:15-17「神は貧しい人をその貧苦を通して救い出し、苦悩の中で耳を開いてくださる。神はあなたにも苦難の中から出ようとする気持を与え、苦難に代えて広い所でくつろがせ、あなたのために食卓を整え、豊かな食べ物を備えてくださるのだ。あなたが罪人の受ける刑に服するなら、裁きの正しさが保たれるだろう」。

2. 貧しい隣人に手を閉じるな

・13節から知恵賛美が始まる。著者は「知恵を得た者は右手に長寿を、左手には富と名誉を持つ」と語る。
−箴言3:13-16「いかに幸いなことか、知恵に到達した人、英知を獲得した人は。知恵によって得るものは銀によって得るものにまさり、彼女によって収穫するものは金にまさる。真珠よりも貴く、どのような財宝も比べることはできない。右の手には長寿を、左の手には富と名誉を持っている」。
・人々の求めるものは長寿と富と名誉である。米国や韓国でも「繁栄の神学」を掲げる教会には多くの人が集う。しかし、イエスが示すものは繁栄の神学ではなく、十字架の神学だ。
-汽撻謄2:21-25「あなたがたが召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。この方は・・・十字架にかかって、自らその身に私たちの罪を担ってくださいました。私たちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方のところへ戻って来たのです」。
・箴言を中心とした知恵文学も現世利益を求めるのだろうか。そういう部分もあるが、基本は隣人との共生である。
−箴言3:27-30「施すべき相手に善行を拒むな。あなたの手にその力があるなら。出直してくれ、明日あげよう、と友に言うな。あなたが今持っているなら。友に対して悪意を耕すな。彼は安心してあなたのもとに住んでいるのだ。理由もなく他人と争うな。あなたに悪事をはたらいていないなら」。
・「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイ7:12)とイエスは言われたが、ラビ文献にも同じような言葉がある。イエスの言葉も知恵文学を基本にしているのだ。
−ラビ・ヒルレル「あなたにとって好ましくないことをあなたの隣人に対してするな」。
−トビト記4:15「自分が嫌なことは、ほかのだれにもしてはならない」。
・信仰は良い行為をもたらす。その結果、人生は安泰になる。たとえ、そうでない場合があったとしても、神は見ておられる。それが知恵文学の立場だ。
−箴言3:31-35「不法を行う者をうらやむな、その道を選ぶな。主は曲がった者をいとい、まっすぐな人と交わってくださる。主に逆らう者の家には主の呪いが、主に従う人の住みかには祝福がある。主は不遜な者を嘲り、へりくだる人に恵みを賜る。知恵ある人は名誉を嗣業として受け、愚か者は軽蔑を受ける」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2014年9月11日祈祷会(箴言2章、悪の道を離れよ)
カテゴリートップ
箴言(二巡目)
次
2014年9月25日祈祷会(箴言4章、人生の分かれ道に立って)