すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  出エジプト記(完)  >  2003年9月3日祈祷会(出エジプト記24章、契約の締結)
1.締結を前に礼拝を行う(24:1−11)


・主は契約を結ぶため、モーセに山に登れと言われた。モーセは山に登る前に、民と礼拝を行った。
―出エジプト記24:3-5「モーセは戻って、主の全ての言葉と全ての法を民に読み聞かせると、民は皆、声を一つにして答え、「私たちは、主が語られた言葉をすべて行います」と言った。モーセは主の言葉をすべて書き記し、朝早く起きて、山のふもとに祭壇を築き、十二の石の柱をイスラエルの十二部族のために建てた。彼はイスラエルの人々の若者を遣わし、焼き尽くす献げ物をささげさせ、更に和解の献げ物として主に雄牛をささげさせた。」
・モーセは献げ物の雄牛をほふり、その血の半分を祭壇に、残りの半分を民に振りかけた。ここに祭壇と民に血が振りかけられることにより、神と民の契約が成立した。
―出エジプト記24:6-8「モーセは血の半分を取って鉢に入れて、残りの半分を祭壇に振りかけると、契約の書を取り、民に読んで聞かせた。彼らが『私たちは主が語られたことをすべて行い、守ります』と言うと、モーセは血を取り、民に振りかけて言った。『見よ、これは主がこれらの言葉に基づいてあなたたちと結ばれた契約の血である。』」
・血は命であり、命は命を持ってしか購えない。キリストの十字架の血も同じである。
―ヘブル9:15-22「キリストは新しい契約の仲介者なのです。それは、最初の契約の下で犯された罪の贖いとして、キリストが死んでくださったので、召された者たちが、既に約束されている永遠の財産を受け継ぐためにほかなりません。・・・最初の契約もまた、血が流されずに成立したのではありません。というのは、モーセが律法に従ってすべての掟を民全体に告げたとき、水や緋色の羊毛やヒソプと共に若い雄牛と雄山羊の血を取って、契約の書自体と民全体とに振りかけ、『これは、神があなたがたに対して定められた契約の血である』と言ったからです。また彼は、幕屋と礼拝のために用いるあらゆる器具にも同様に血を振りかけました。こうして、ほとんどすべてのものが、律法に従って血で清められており、血を流すことなしには罪の赦しはありえないのです。」
・礼拝とはこの契約の確認の行為だ。私たちが主の晩餐式でぶどう酒を飲む時、それはイエスによる契約の血を振り掛けてもらうことと同じ意味を持つ。礼拝は厳粛なものである。
―マタイ26:27-28「また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。『皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流される私の血、契約の血である。』」


2.山に登る(24:12−18)


・モーセは長老達を連れて山に登り、長老達を中腹に残して、頂上にはモーセとヨシュアだけが向かった。
―出エジプト記24:9-14「モーセはアロン、ナダブ、アビフおよびイスラエルの七十人の長老と一緒に登って行った。・・・主が『私のもとに登りなさい。山に来て、そこにいなさい。私は、彼らを教えるために、教えと戒めを記した石の板をあなたに授ける」とモーセに言われると、モーセは従者ヨシュアと共に立ち上がった。』
・モーセとヨシュアは山に登り、40日間山の上にいた。
―出エジプト記24:15-18「モーセが山に登って行くと、雲は山を覆った。主の栄光がシナイ山の上にとどまり、雲は六日の間、山を覆っていた。・・・主の栄光はイスラエルの人々の目には、山の頂で燃える火のように見えた。モーセは雲の中に入って行き、山に登った。モーセは四十日四十夜山にいた。」
・民は契約を守ると約束したが、モーセが40日間帰らないと不安になり、アロンに偶像の子牛を作るように依頼した。「私たちは主の戒めを守ります」という民の誓いは、すぐに破られていく。
―出エジプト記32:1-4「モーセが山からなかなか下りて来ないのを見て、民がアロンのもとに集まって来て、『さあ、我々に先立って進む神々を造ってください。エジプトの国から我々を導き上った人、あのモーセがどうなってしまったのか分からないからです』と言った。
・契約は双方が順守することが求められる。主は契約を結ぶや否や、それを破る民を見て、滅ぼすと言われた。
―出エジプト記32:9-10「私はこの民を見てきたが、実にかたくなな民である。今は、私を引き止めるな。私の怒りは彼らに対して燃え上がっている。私は彼らを滅ぼし尽くし、あなたを大いなる民とする。」
・私たちがバプテスマを受けるとは、神と契約を結ぶ行為だ。しかし、私たちが神の戒めを守らない時、その契約は破棄されても仕方がない。ヤコブが言うように、礼拝とは聞くだけでなく、聞いたことを行うことが必要なのだ。行わない時、信仰もまたなくなるのだ。
―ヤコブ1:22「御言葉を行う人になりなさい。自分を欺いて、聞くだけで終わる者になってはいけません。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2003年8月27日祈祷会(出エジプト記23章、契約の書の結び)
カテゴリートップ
出エジプト記(完)
次
2003年9月17日祈祷会(出エジプト記25章、幕屋建設の指示)