すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  箴言  >  2013年3月13日祈祷会(箴言31:1−31、レムエルの言葉)
−箴言31:1−3「マサの王レムエルが母から受けた諭しの言葉。ああ、わが子よ、わが腹の子よ。ああ、わが誓いの子よ。あなたの力を女たちに費やすな。王さえも抹殺する女たちに、あなたの歩みを向けるな。」
・マサの王レムエルの母が、王レムエルを諌めた言葉。母は子を諌めるにあたり、わが子との絆をまず確かめるため、わが子よ、わたしが生んだ子よ、神への誓いによる子よ、と呼びかける。王母といえども母は母、子を案じる気持ちは常の母と同じ、女性に対し放縦なわが子の行く末を案じ、王の力を女性に注ぐな、王座を失うことになると諌める。
−箴言31:4−7「レムエルよ、王たるものにふさわしくない。酒を飲むことは王たるものにふさわしくない。強い酒を飲むことは、君たるにふさわしくない。飲めば義務を忘れ、貧しい者の訴えを曲げるであろう。強い酒は没落した者に、酒は苦い思いを抱く者に与えよ。飲めば貧乏を忘れ、労苦を思い出すこともない。」
・王は酒癖も悪いので、強い酒は王の品位を損ない、義務を忘れさせ、尊厳まで失うと母は諌める。しかし、王は母の諌めを聞かず、酒癖は直るどころか、ますます強い酒に溺れ、溺れれば溺れるほど、母の悩みも深まってゆく。
−箴言31:8−9「あなたの口を開いて弁護せよ、ものを言えない人を、犠牲になっている人の訴えを。あなたの口を開いて正しく裁け、貧しく乏しい人の訴えを。」
・母は王に訴える。貧しい人々のため口を開き弁護せよと。箴言のこの箇所を引用してボンへッファ−は、友人宛の手紙に「口を開くことのできない人のためにあなたの口を開きなさい。」と書き、弱者のための弁護を勧めている。
・有能な妻(アルファベットによる詩)
−箴言31:10−12「有能な妻を見いだすのは誰か。真珠よりはるかに貴い妻を。夫は心から彼女を信頼している。儲けに不足することはない。彼女は生涯の日々、夫に幸いをもたらすが、災いはもたらさない。」
・「書物の最後は美しくなければならない。」という教訓に従い、箴言31章は有能な妻への賛辞で美しく閉じようとする。有能な妻は真珠に勝り、夫は心から妻を信頼していると。
−箴言31:13−16「羊毛と亜麻を求め、手ずから望みどうりのものに仕立てる。商人の船のように、遠くからパンを運んで来る。夜の明ける前に起き出して、一族には食べ物を供し、召し使いの女たちには指図を与える。熟慮して畑を買い、手ずから実らせた儲けでぶどう畑を開く。」
・家事と家政の才能がある妻は、さらに努力を惜しまない、彼女は家族皆の衣食を整え、召使を使いこなし、畑を買いぶどうを栽培して利益を図る。
−箴言31:17−20「力強く腰に帯し、腕を強くする。商売が好調かどうか味わい、灯は夜も消えることがない。手を糸車に伸べ、手のひらに錘をあやつる。貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。」
・彼女は貧しくもなく、資産家でもない、中流の家に嫁いでいる。彼女は家業に家事に気配りして深夜まで働き、糸を紡ぎ布を織る。そのうえ近隣の貧しい人々を援助している。
−箴言31:21−23「雪が降っても一族に憂いはない。一族は皆、衣を重ねているから。敷物を自分のために織り、麻と紫の衣を着ている。夫は名を知られた人で、その地の長老らと城門で座に着いている。」
・雪が降っても、彼女の家族は重ね着できるから困らない。彼女は敷き物を織り、麻と紫の服を着ている。夫は城門で長老らと同席するほどの名士である。
−箴言31:24−27「彼女は亜麻布を織って売り、帯を商人に渡す。力と気品とをまとい、未来にほほえみかける。口を開いて知恵の言葉を語り、慈しみの教えをその舌にのせる。一族の様子によく目を配り、怠惰のパンを食べることはない。」
・彼女には商才もあり、織った麻布を商人に売り儲けている。彼女は常にほほえみを絶やさず知恵と慈しみをもって、家人の面倒を見、一家を明るくしている。
−箴言31:28−31「息子らは立って彼女を幸いな人と呼び、夫は彼女をたたえて言う。『有能な女は多いが、あなたはなお、そのすべてにまさる』と。あでやかさは欺き、美しさは空しい。主を畏れる女こそ、たたえられる。彼女にその手の実りを報いよ。その業を町の城門でたたえよ。」
・彼女の息子達は彼女を、幸福をもたらす人と呼び尊敬している。彼女は夫から「有能な女は多いが、あなたはそのすべてに勝る」と誉められている。艶やかさは空しいと箴言は言う。あなたの妻が美しい人であらねばならないということではない。外面だけの美しさは空しい。むしろ神を畏れる人こそ美しい。心の美しい女性を神は祝福する。終わりに信仰深い女性を讃えることで、箴言は再び箴言全体の主題に戻ってくる。神の言葉を敬い従い、神の御業を畏れることこそ、すべての知恵の始めであると。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2013年3月6日祈祷会(箴言30:1−33、アグルの言葉)
カテゴリートップ
箴言