すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  箴言  >  2012年10月10日祈祷会(箴言10:1-32,ソロモンの格言集)
・ソロモン王は史上並ぶ者なき智者と謳われています。ソロモンはその叡智をもって、善と悪、正義と不義を分別して民を導き、平和を維持し国を治めました。その「ソロモンの格言集」を貫くものは、神を中心とした信仰倫理です。
−箴言10:1-3「ソロモンの格言集。知恵ある子は父の喜び、愚かな子は母の嘆き。不正による冨は頼りにならない。慈善は死から救う。主は従う人を飢えさせられることはない。逆らう者の欲望は退けられる。」
・不正な冨に平安はなく、やがて来る死はその冨を奪う。しかし、その冨を貧しい者に施すなら、飢えて死ぬ者を救う。不正な欲望は主に逆らうことだから赦されない。
−箴言10:4-5「手の平に欺きがあれば貧乏になる。勤勉な人の手は冨をもたらす。夏のうちに集めるのは成功をもたらす子。刈り入れ時に眠るのは恥をもたらす子。」
・日本にも「手仕事」「手間がかかる」「手塩にかける」など、手と勤労を結びつけた慣用句があります。怠惰か勤勉か、ごまかせないほど、自分の手がよく知っているのです。
−箴言10:6-11「神に従う人は頭に祝福を受ける。神に逆らう者は口に不法を隠す。神に従う人の名は祝福され、神に逆らう者の名は朽ちる。知恵ある心は戒めを受け入れ、無知な唇は滅びに落とされる。完全な道を歩む人は安らかに歩む。道を曲げれば知られずには済まない。嘲りのまなざしは人を苦しめる。無知な唇は滅びに落とされる。神に従う人の口は命の源、神に逆らう者の口は不法を隠す。」
・神に従うか、従わないか。完全な道を行くか、行かないか、ここでは二者択一を迫っています。しかし、多くの場合、人はどっちつかずの、中途半端な道に迷う者でもあります。
−箴言10:12-16「憎しみはいさかいを引き起こす。愛はすべての罪を覆う。聡明な唇には知恵がある。意志の弱い者の背には杖。知恵ある人は知識を隠す。無知な者の口には破滅が近い。金持ちの財産は彼の砦、弱い人の貧乏は破滅。神に従う人の収入は生活を支えるため、神に逆らう者の稼ぎは罪のため。」
・「愛はすべての罪を覆う」という言葉は、汽灰螢鵐硲隠魁В粥檻靴鮖廚そ个気擦泙后
−汽灰螢鵐13:4-7「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。」
・説き諭されて、迷いを抜け出て、悟りを得、真理の会得に至る、諭しはその入り口です。
−箴言10:17-21「諭しを守る人は命の道を歩み、懲らしめを捨てる者は踏み誤る。うそを言う唇は憎しみを隠している。愚か者は悪口を言う。口数が多ければ罪は避けえない。唇を制すれば成功する。神に従う人の舌は精選された銀。神に逆らう者の心は無に等しい。神に従う人の唇は多くの人を養う。無知な者は意志が弱くて死ぬ。」
・多弁な人は自分の言葉に酔い、つい言い過ぎて言い訳が多くなる。他人の話を聞かないで同じ話を延々と繰り返し、内容に乏しくなり、結局、何も相手に通じない。「唇を制すれば成功する」は、真理でしょう。
−箴言10:22-25「人間を豊にするのは主の祝福である。人間が苦労しても何も加えることはできない。愚か者は悪だくみを楽しみ、英知ある人は知恵を楽しむ。神に逆らう者は危惧する事に襲われる。神に従う人の願いはかなえられる。神に逆らう者はつむじ風の過ぎるように消える。神に従う人はとこしえの礎。」
・イスラエルの人々は豊かな収穫や、自分の子や孫が増えるなど、自分の受けた幸いで祝福を感じていました。自らの義務に忠実な者は祝福を受けると、彼らは信じていました。
−箴言10:26-29「歯には酢、目に煙、主人に怠惰な召使。主を畏れれば長寿を得る。主に逆らう者の人生は短い。神に従う人は待ち望んで喜びを得る。神に逆らう者は期待しても裏切られる。主の道は、無垢な人の力、悪を行う者にとっては滅亡。」
・歯に沁みる酢、目に沁みる煙、怠惰な召使など、どれも役に立たないばかりか、害になるものばかり、そんな者にならず、神に従う者になりなさい。
−箴言10:30-32「神に従う人はとこしえに揺らぐことなく、神に逆らう者は地に住まいを得ない。神に従う人の口は知恵を生み、暴言をはく舌は断たれる。神に従う人の唇は好意に親しみ、神に逆らう者の口は暴言に親しむ。」
−詩編1:1-6を参照します。「いかに幸いなことか。神に逆らう者のはからいに従って歩まず、罪ある者の道に止まらず、傲慢な者と共に座らず、主の教えを愛し、その教えを昼も夜も口ずさむ人。その人は流れのほとりに植えられた木。ときが来れば実を結び、葉がしおれることがない。その人のすることは、すべて繁栄をもたらす。神に逆らう者はそうではない。彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。神に逆らう者は裁きに堪えず、罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。神に従う人の道を主は知ってくださる。神に逆らう者の道は滅びに至る。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2012年10月3日祈祷会(箴言9:1-18、知恵の勧め(四)格言集(二))
カテゴリートップ
箴言
次
2012年10月17日祈祷会(箴言11:1-31、偽りの天秤を主はいとわれる)