すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  詩編  >  2011年4月13日祈祷会(詩編92篇、安息日の讃美)
1.安息日に賛美する

・詩編92編は安息日に歌われた讃美であろう。バビロンから解放されて故郷に戻った人々の賛美の歌といわれている。
−詩編92:1-4「賛歌。歌。安息日に。いかに楽しいことでしょう、主に感謝をささげることは。いと高き神よ、御名をほめ歌い、朝ごとに、あなたの慈しみを、夜ごとに、あなたのまことを述べ伝えることは。十弦の琴に合わせ、竪琴に合わせ、琴の調べに合わせて」。
・イスラエルにおいて安息日が厳守されるようになったのは、バビロン捕囚期以降である。捕囚地では人々は神殿での祭儀を禁止され、安息日ごとに集会を開いて祈りを捧げた。ここから安息日毎に集会所に集まって礼拝を行うことが始まり、現在のキリスト教会の主日礼拝もそれを継承している。
−イザヤ56:1-2「主はこう言われる。正義を守り、恵みの業を行え。私の救いが実現し、私の恵みの業が現れるのは間近い。いかに幸いなことか、このように行う人、それを固く守る人の子は。安息日を守り、それを汚すことのない人、悪事に手をつけないように自戒する人は」。
・5節以下は神の摂理(主の御手の業)の素晴らしさが賛美される。私たちはバビロンに捕えられていたが、神はそのバビロンを裁き、滅ぼし、私たちを故郷に連れ戻ってくださったと詩人は賛美する。
−詩編92:5-7「主よ、あなたは、御業を喜び祝わせてくださいます。私は御手の業を喜び歌います。主よ、御業はいかに大きく、御計らいはいかに深いことでしょう。愚かな者はそれを知ることなく、無知な者はそれを悟ろうとしません」。
・神の摂理は隠されているゆえに、「愚かな者はそれを知ることなく、無知な者はそれを悟ろうとしない」。今回の大震災において「神は何故このような悲惨を起こされたのか」と問う人もいようが、より大事なことは、「神はこの震災を通して何を語ろうとしておられるのか」を求めることだ。
−マラキ3:14-15「あなたたちは言っている『神に仕えることはむなしい。たとえ、その戒めを守っても、万軍の主の御前を喪に服している人のように歩いても、何の益があろうか。むしろ、我々は高慢な者を幸いと呼ぼう。彼らは悪事を行っても栄え、神を試みても罰を免れているからだ』」。

2.試練を超えて恵まれる主

・詩人は大いなる試練によって信仰が揺さぶられる体験をした。50年に及ぶ捕囚の苦しみが背景にあるのかもしれない。しかし今は神は悪を裁き、善に報いられる事を知った。人は試練を通して神の隠された業を見る。
−詩編92:8-12「神に逆らう者が野の草のように茂り、悪を行う者が皆、花を咲かせるように見えても、永遠に滅ぼされてしまいます。主よ、あなたこそ、永遠に高くいます方。主よ、あなたに敵対する者は・・・必ず滅び、悪を行う者は皆、散らされて行きます。あなたは私の角を野牛のように上げさせ、豊かな油を注ぎかけてくださることでしょう。私を陥れようとする者をこの目で見、悪人が私に逆らって立つのを、この耳で聞いているときにも」。
・人は試練の中で神の声を聞く。神に出会った時、怒ってばかりいた人が感謝するようになり、病気で死の床にある人も神に自分を委ね、愛する者を無くして泣いている人も神を賛美するようになる。ザアカイの喜びこそ神に出会った者の喜びだ。この度の震災を通じて、多くの人が、人間の限界と限界を超える神の存在に目を向けて欲しいと願う。
−ルカ19:5-8「イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた『ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい』。ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。これを見た人たちは皆つぶやいた『あの人は罪深い男のところに行って宿をとった』。しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った『主よ、私は財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します』」。
・この震災において、日本のキリスト者に課せられた任務は、苦難と苦痛の中にある人々とともに、「十字架を自らに担うこと」なのであろう。それがどのような行動かを私たちは模索する。
−モルトマン「キリスト教神学は、自分の属するその国民の中で、またその国民とともに考えなければならない。キリスト教神学は、自分の属するその時代の中で苦難のただ中で、つまり具体的に、自分の属するその社会において苦難している者の中で、またその者とともに考える時に『時代に即応した』神学なのである。」
・詩人は歌う「神に従うものはなつめやしのように茂り、レバノン杉のようにそびえる」。なつめやし(棕櫚の木)は30メートルまで高くなり、200年を経ても実を結ぶ。そのように神は私たちが白髪になるまで守ってくださると詩人は歌う。
−詩編92:13-16「神に従う人はなつめやしのように茂り、レバノンの杉のようにそびえます。主の家に植えられ、私たちの神の庭に茂ります。白髪になってもなお実を結び、命に溢れ、いきいきとし、述べ伝えるでしょう、私の岩と頼む主は正しい方、御もとには不正がない、と」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2011年4月6日祈祷会(詩編91篇、主は私の避けどころ、砦)
カテゴリートップ
詩編
次
2011年4月20日祈祷会(詩編93篇、地の基震え動くとも)