すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  詩編  >  2010年4月14日祈祷会(詩編44編、我らの苦難と虐げを忘れられたのか)
1.救いを求める民族の哀歌

・詩篇44編は「我らの神」に現在の困難を嘆き訴え、救いを求める民族の哀歌だ。詩人は最初に、イスラエルの土地取得を民族の救いとして想起し、それは御手の業であったと讃美する。その主が我らを捨てられたという後半を強調するためだ。
-詩篇44:2-4「神よ、我らはこの耳で聞いています・・・我らの先祖を植え付けるために、御手をもって国々の領土を取り上げ、その枝が伸びるために、国々の民を災いに落としたのはあなたでした。先祖が自分の剣によって領土を取ったのでも、自分の腕の力によって勝利を得たのでもなく、あなたの右の御手、あなたの御腕、あなたの御顔の光によるものでした」。
・ところがそのあなたが、「我らを見放し、敵に打ち負かされるままにされたので、敵は我らを蹂躙し、我らは国々に散らされました。あなたは我らを敵に売り渡されたのです。何故なのですか」と詩人は主に訴える。
-詩篇44:10-13「しかしあなたは我らを見放されました。我らを辱めに遭わせ、もはや共に出陣なさらず、我らが敵から敗走するままになさったので、我らを憎む者は略奪をほしいままにしたのです。あなたは我らを食い尽くされる羊として、国々の中に散らされました。御自分の民を、僅かの値で売り渡し、その価を高くしようともなさいませんでした」。
・「民が散らされる」、「周囲の民が嘲笑する」、等の表現より、バビロニアに国を滅ぼされた捕囚時代の詩と理解される。バビロニア軍がエレサレムに攻め入った時、アンモン・モアブ・エドム等の周辺諸国もイスラエルを略奪した。
-詩篇44:14-17「我らを隣の国々の嘲りの的とし、周囲の民が嘲笑い、そしるにまかせ、我らを国々の嘲りの歌とし、多くの民が頭を振って侮るにまかせられました。辱めは絶えることなく私の前にあり、私の顔は恥に覆われています」。
・イスラエルのエドムやモアブに対する恨みは深い。人は自分の受けたつらい仕打ちはいつまでも忘れない。
-詩篇137:7「主よ、覚えていてください、エドムの子らを、エルサレムのあの日を、彼らがこう言ったのを、『裸にせよ、裸にせよ、この都の基まで』」。

2.この世での救済を求める詩人と、死を超える希望を持つパウロ

・国が滅び、同胞が殺され、捕虜として異国に連行されるという悲劇が、なぜ起きたのか詩人は理解できない。彼は「この仕打ちは不当だ、私たちは何の罪も犯していないのに、なぜこのように虐げられるのか」と主に訴える。
-詩篇44:18「これらのことがすべてふりかかっても、なお、我らは決してあなたを忘れることなく、あなたとの契約をむなしいものとせず、我らの心はあなたを裏切らず、あなたの道をそれて歩もうとはしませんでした。あなたはそれでも我らを打ちのめし、山犬の住みかに捨て、死の陰で覆ってしまわれました」。
・民族の苦難については二つの理解がある。一つは本詩のように、苦難を不当と受け止める考え方で、その場合、神に対する恨み事が中心になる。もう一つは民族の苦難を、自分たちの背きに対する主の怒りと受け止める理解であり、その時には悔い改めが生まれる。本詩の作者は与えられた出来事を「殉教」とさえ言う。共感しにくい面がある。
-詩篇44:21-23「このような我らが、我らの神の御名を忘れ去り、異教の神に向かって、手を広げるようなことがあれば、神はなお、それを探り出されます。心に隠していることを神は必ず知られます。我らはあなたゆえに、絶えることなく、殺される者となり、屠るための羊と見なされています」。
・この44:23をパウロはローマ教会への手紙で用いる「たとえあなた方が迫害で殺されることがあってもキリストは共にいて下さるではないか」との励ましである。
-ローマ 8:35-37「だれがキリストの愛から私たちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。『私たちは、あなたのために、一日中死にさらされ、屠られる羊のように見られている』と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、私たちは、私たちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています」。
・詩人は苦難を災いとみなし、パウロはこれを祝福とする。何が二人を分けるのか。パウロは例え殉教で死んでも復活の希望を持つゆえにそれを恐れない。詩人は復活の希望を知らない。しかし旧約人でもエレミヤはその限界を超えることができた。彼は捕囚の人々に70年の時が過ぎたら(死後の時間である)、神がイスラエルを回復されると書く。
-エレミヤ29:10 「主はこう言われる。バビロンに七十年の時が満ちたなら、私はあなたたちを顧みる。私は恵みの約束を果たし、あなたたちをこの地に連れ戻す。私は、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである」。
・詩人は、現代人ならば神の存在を否定しかねない状況の中で、執拗なまでに神にすがり、救済を求める。自分を捨てられた神にあくまでも依り頼む。その心情はイエスの十字架上の叫びに通じるものがある(詩篇22:2-3参照)。
-詩篇44:24-27「主よ、奮い立ってください。なぜ、眠っておられるのですか。永久に我らを突き放しておくことなく、目覚めてください。なぜ、御顔を隠しておられるのですか。我らが貧しく、虐げられていることを、忘れてしまわれたのですか。我らの魂は塵に伏し、腹は地に着いたままです。立ち上がって、我らをお助けください。我らを贖い、あなたの慈しみを表してください」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2010年4月7日祈祷会(詩編42-43編、鹿が谷川の水を求めるように)
カテゴリートップ
詩編
次
2010年4月21日祈祷会(詩編45編、王の婚宴の歌)