すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  イザヤ書  >  2009年5月7日祈祷会(イザヤ43章、造った故に責任を負われる主)
1.イスラエルの贖い

・国を滅ぼされ、バビロンで捕囚となっていたイスラエルの民に預言者(第二イザヤ)が立てられ、「解放の時は近い、祖国帰還の準備をせよ」と語った。しかしその救済はイスラエルが悔い改めたからではない。彼らは相変わらず愚かであり、自分たちが何故このような苦難を受けなければいけないのかを理解していない。
-イザヤ42:24-25「奪う者にヤコブを渡し、略奪する者にイスラエルを渡したのは誰か。それは主ではないか。この方に私たちも罪を犯した・・・主は燃える怒りを注ぎ出し、激しい戦いを挑まれた。その炎に囲まれても、悟る者はなく、火が自分に燃え移っても、気づく者はなかった」。
・イスラエルに自力更正の力はない。それでも主はイスラエルを救われる。彼らは主が造られた民だからだ。
-イザヤ43:1-2「ヤコブよ、あなたを創造された主は、イスラエルよ、あなたを造られた主は、今こう言われる。恐れるな、私はあなたを贖う。あなたは私のもの。私はあなたの名を呼ぶ。水の中を通るときも、私はあなたと共にいる。大河の中を通っても、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、焼かれず、炎はあなたに燃えつかない」。
・エジプトから大河を越えて民を救いだされた主は、戦災を潜り抜けて残された民に、救いを宣言される。イスラエルには何の価値もない。民族は小さく、愚かで、不従順だ。それでも主は彼らを救われる(申命記7:6-8参照)。
-イザヤ43:3-4「私は主、あなたの神、イスラエルの聖なる神、あなたの救い主。私はエジプトをあなたの身代金とし、クシュとセバをあなたの代償とする。私の目にあなたは価高く、貴く、私はあなたを愛し、あなたの身代わりとして人を与え、国々をあなたの魂の代わりとする」。
・散らされた民を再び集めると主は言われる。何故なら国の滅亡と民の離散は呪いではなく祝福だからだ。苦難を通してイスラエルは主の愛を知る。詩篇126編が歌うように「涙と共に種を蒔く人は喜びの歌と共に刈り入れる」。
-イザヤ43:5-7「恐れるな、私はあなたと共にいる。私は東からあなたの子孫を連れ帰り、西からあなたを集める。北に向かっては、行かせよ、と、南に向かっては、引き止めるな、と言う。私の息子たちを遠くから、娘たちを地の果てから連れ帰れ、と言う。彼らは皆、私の名によって呼ばれる者」。
・私たちの主は良い羊飼いであり、私たちを再び集めて下さる方だ。その主に信頼せよとエゼキエルも歌った。
-エゼキエル34:11-14「主なる神はこう言われる。見よ、私は自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、私は自分の羊を探す。・・・私は彼らを諸国の民の中から連れ出し、諸国から集めて彼らの土地に導く」。

2.証人として選ばれたイスラエル

・諸国民は主の法廷に呼び出され、それぞれの神の証人を立てよと命じられるが、立てることが出来ない。偶像の神を証しすることなど出来ないからだ。国が滅んだ時、イスラエルの民は思った「私たちの神がバビロンの神に負けたのだ」と。しかし、それは違う。この法廷でそれが明らかになる。あなた方はそれを見よと命じられる。
-イザヤ43:8-9「引き出せ、目があっても、見えぬ民を、耳があっても、聞こえぬ民を。国々を一堂に集わせ、すべての民を集めよ。彼らの中に、このことを告げ、初めからのことを聞かせる者があろうか。自分たちの証人を立て、正しさを示し、聞く者に、そのとおりだ、と言わせうる者があろうか」。
・「主の手が短くて救えないのではない」(イザヤ59:1-2)。そのことを今から彼らは見るであろうと主は言われる。
-イザヤ43:10-11「私の証人はあなたたち、私が選んだ私の僕だ、と主は言われる・・・私こそ主、私の前に神は造られず、私の後にも存在しないことを。私、私が主である。私のほかに救い主はない」。
・私はあなたたちのためにバビロンにペルシャ王キュロスを送り、彼を用いてバビロンを滅ぼす。
-イザヤ43:14「あなたたちを贖う方、イスラエルの聖なる神、主はこう言われる。私は、あなたたちのために、バビロンに人を遣わして、かんぬきをすべて下ろし、カルデア人を歓楽の船から引き下ろす」。
・海の中に道を通してエジプト軍を滅ぼされた主は、今やカルデア人に同じことをされる。その時、あなた方は祖国に帰ることが出来る。バビロンと祖国を隔てる荒れ野にも道が開かれる。
-イザヤ43:19「見よ、新しいことを私は行う。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。私は荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる」。
・私たちの主はイスラエルを造られ、選ばれたゆえに、最後まで責任を持たれる。これは私たちへのメッセージだ。「神は御自分で為されたことには必ずその結果に対して何らかの責任をお取りになる」方だ。故に希望をなくすなと。
-イザヤ46:3-4「私に聞け、ヤコブの家よ、イスラエルの家の残りの者よ、共に。あなたたちは生まれた時から負われ、胎を出た時から担われてきた。同じように、私はあなたたちの老いる日まで、白髪になるまで、背負って行こう。私はあなたたちを造った。私が担い、背負い、救い出す」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2009年4月30日祈祷会(イザヤ42章、主の僕の召命と捕囚からの解放)
カテゴリートップ
イザヤ書
次
2009年5月14日祈祷会(イザヤ44章、イスラエルを贖われる主)