すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  イザヤ書  >  2008年8月14日祈祷会(イザヤ5章、よいブドウ畑から何故野ぶどうが生まれたのか)
1.恵みに応えない民に対する告発の歌

・イザヤ5章は「ブドウ畑の歌」として有名だ。恵みを受けたのにふさわしい実を結ばない民に対する告発の歌だ。
-イザヤ5:1-2「私は歌おう、私の愛する者のために、そのぶどう畑の愛の歌を。私の愛する者は、肥沃な丘に、ぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り、良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった」。
・三節から歌は告発に変わる。「私はなすべきことは全てして、よいぶどうの実を待ったのに、なったのはすっぱいぶどうだった」と主は言われる。イザヤはエルサレムの人々の不誠実をぶどうに例えて歌っている。
−イザヤ5:3-4「さあ、エルサレムに住む人、ユダの人よ、私と私のぶどう畑の間を裁いてみよ。私がぶどう畑のためになすべきことで、何か、しなかったことがまだあるというのか。私は良いぶどうが実るのを待ったのに、なぜ、酸っぱいぶどうが実ったのか」。
・「ふさわしい実を結ばないぶどう畑は捨てられ、荒れるに任せられるだろう。今あなた方はそのような状況にあることを認識しているのか」とイザヤは問う。
−イザヤ5:5-7「さあ、お前たちに告げよう。私がこのぶどう畑をどうするか。囲いを取り払い、焼かれるにまかせ、石垣を崩し、踏み荒らされるにまかせ、私はこれを見捨てる。枝は刈り込まれず、耕されることもなく、茨やおどろが生い茂るであろう。雨を降らせるな、と私は雲に命じる。イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑、主が楽しんで植えられたのはユダの人々。主は裁き(ミシュパト)を待っておられたのに見よ、流血(ミスパハ)。正義(ツェダカ)を待っておられたのに見よ、叫喚(ツェアカ)」。
・主はかつて民の叫びを聞き、彼らをエジプトから救い出し、約束の地に植えられた。主が恵まれた故に、民に公平(ミシュパト)を期待されたのに、流血(ミスパハ)しかない。正義(ツェダカ)を待っておられたのに、貧しい民の叫び(ツェアカ)が聞こえる。これは何だと主は言われる。
-イザヤ3:13-15「主は争うために構え、民を裁くために立たれる。主は裁きに臨まれる、民の長老、支配者らに対して。『お前たちは私のぶどう畑を食い尽くし、貧しい者から奪って家を満たした。何故、お前たちは私の民を打ち砕き、貧しい者の顔を臼でひきつぶしたのか』と主なる万軍の神は言われる」。
・実を結ばない木は切り倒される、今は私の執り成しで猶予されているのを覚えよとイエスは私たちに警告される。
−ルカ13:8-9「園丁は答えた『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら、切り倒してください』」。

2.裁きの預言

・土地は主のものであるのに、支配者はそれを買い占めて貧しい者を苦しめる、彼らの住む家は荒れ果てる。地は収穫を結ばず、10反のぶどう畑からわずか1パトの収穫、10ホメルの種を蒔いても1ホメルの収穫しかないであろう。
−イザヤ5:8-10「災いだ、家に家を連ね、畑に畑を加える者は。お前たちは余地を残さぬまでに、この地を独り占めにしている。万軍の主は私の耳に言われた。この多くの家、大きな美しい家は、必ず荒れ果てて住む者がなくなる。十ツェメドのぶどう畑に一バトの収穫、一ホメルの種に一エファの実りしかない」。
・ぶどう酒に満足できない人々は強い酒を求め、酒宴を朝から開く。彼らは外敵の侵攻により囚われ人となる。
−イザヤ5:11-13「災いだ、朝早くから濃い酒をあおり、夜更けまで酒に身を焼かれる者は・・・主の働きに目を留めず御手の業を見ようともしない。それゆえ、私の民はなすすべも知らぬまま捕らわれて行く」。
・繁栄に酔いしれる者は、主の警告をあざ笑う「北王国は滅びたかも知れないが、私たちユダは滅びない」と。
−イザヤ5:19「彼らは言う『イスラエルの聖なる方を急がせよ、早く事を起こさせよ、それを見せてもらおう。その方の計らいを近づかせ、実現させてみよ。そうすれば納得しよう』」。
・彼らの嘲笑に応えて主は外敵を呼ばれる。彼らは速やかに来て、あなた方を撃つであろう。
−イザヤ5:26-29「主は旗を揚げて、遠くの民に合図し、口笛を吹いて地の果てから彼らを呼ばれる。見よ、彼らは速やかに、足も軽くやって来る。・・・彼らは矢を研ぎ澄まし、弓をことごとく引き絞っている。馬のひづめは火打ち石のようだ。・・・救おうとしても、助け出しうる者はない」。
・イザヤ5章の災いの預言はマタイ23章の原型になっている。イエスは繰り返しパリサイ人の偽善を呪われる。私たちも自分を正しいと思い込み始めたとき、この呪いの対象となる。教会の中にも多くのパリサイ人がいる。
−マタイ23:13-29「律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。人々の前で天の国を閉ざすからだ・・・律法学者とファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。やもめの家を食い物にし、見せかけの長い祈りをする・・・律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ・・・」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2008年7月31日祈祷会(イザヤ4章、残りの者への祝福)
カテゴリートップ
イザヤ書
次
2008年8月21日祈祷会(イザヤ6章、イザヤの召命)