すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  創世記(完)  >  2002年11月6日祈祷会(創世記33章、エソウとヤコブの再会)
1.エソウとの再会


・ヤコブは兄エソウとの再会を恐れていた。ヤコブはかってエソウを騙して長子の祝福を受け、そのためエソウが自分を憎んで殺すのではないかと恐れていたからである。
―創世記32:12「どうか、兄エサウの手から救ってください。わたしは兄が恐ろしいのです。兄は攻めて来て、わたしをはじめ母も子供も殺すかもしれません。」
・そのため、彼は家族を三つのグループに分け、ラケルとヨセフを最期に置いた。エソウが攻めて来ても助かるようにである。自身は群れの先頭に立ってエソウを迎えた。
―創世記33:1-3「ヤコブは目をあげ、エサウが四百人を率いて来るのを見た。そこで彼は子供たちを分けてレアとラケルとふたりのつかえめとにわたし、つかえめとその子供たちをまっ先に置き、レアとその子供たちを次に置き、ラケルとヨセフを最後に置いて、みずから彼らの前に進み、七たび身を地にかがめて、兄に近づいた。」
・エソウはヤコブを見ると走りより、抱きしめて泣いた。恐ろしいと思っていた兄が、善意に満ちた兄であった。
―創世記33:4「エサウは走ってきて迎え、彼を抱き、その首をかかえて口づけし、共に泣いた。」
・ヤコブは先に死の恐怖と不安の中で神に出会い、思いがけない祝福を与えられた。今回は、恐ろしいと思っていた兄の善意を見て、驚いた。神の守りに対する驚きがヤコブの心に広がった。
―創世記33:10「あなたが喜んでわたしを迎えてくださるので、あなたの顔を見て、神の顔を見るように思います。」


2.エソウを信じきれないヤコブ

・それでもヤコブはエソウを信じきれない。一緒に行こうと言うエソウの誘いをヤコブは断る。
―創世記33:12-14「エサウは言った、『さあ、立って行こう。私が先に行く』。ヤコブは彼に言った、「・・・わが主よ、どうか、しもべの先においでください。私は私の前にいる家畜と子供たちの歩みに合わせて、ゆっくり歩いて行き、セイルでわが主と一緒になりましょう」。
・エソウは南のセイル(エドム)に帰ったが、ヤコブはセイルには行かず、西のスコテに行き、そこに住んだ。
―創世記33:16-17「その日エサウはセイルへの帰途についた。ヤコブは立ってスコテに行き、自分のために家を建て、また家畜のために小屋を造った。これによってその所の名はスコテと呼ばれている。」
・ヤコブの帰るべき場所はセイルではなく、父祖の地であった。彼はベテルの神に会うために故郷に帰る。
―創世記31:13「わたしはベテルの神です。かつてあなたはあそこで柱に油を注いで、わたしに誓いを立てましたが、いま立ってこの地を出て、あなたの生れた国へ帰りなさい」」。
・ヤコブはスコテからシケムに向かい、そこに祭壇を築き、神の名を呼んだ。
―創世記33:18-20「ヤコブはパダンアラムからきて、無事カナンの地のシケムの町に着き、町の前に宿営した。彼は・・・そこに祭壇を建てて、これをエル・エロヘ・イスラエル(神はイスラエルの神である)と名づけた。」
・ヤコブはやがてシケムを離れ、ベテル(神の家の意味)に向かい、そこで神の祝福を受ける。アブラハムの神、イサクの神が今、ヤコブの神となり、彼は名をイスラエル(神に勝たれる者)と名づけられた。
―創世記35:12-15「『わたしはアブラハムとイサクとに与えた地を、あなたに与えよう。またあなたの後の子孫にその地を与えよう』。・・・ヤコブは神が自分と語られたその場所をベテルと名づけた。」
・ヤコブは後に飢饉のためエジプトに行くが、骨はカナンのヘブロンに持ち帰るようにヨセフに命じて、その地で死んだ。カナンの地こそ約束の地であったからである。
―創世記47:29-30「イスラエルは死ぬ時が近づいたので、その子ヨセフを呼んで言った・・・『どうかわたしをエジプトには葬らないでください。わたしが先祖たちと共に眠るときには、わたしをエジプトから運び出して先祖たちの墓に葬ってください』。ヨセフは言った、『あなたの言われたようにいたします』」
・ヤコブは約束の地を生きている内には受け取らなかったが、はるかにそれを望み見て、喜んで死んでいった。ヘブル書はこれを信仰と呼ぶ。
―ヘブル11:13-14「これらの人はみな、信仰をいだいて死んだ。まだ約束のものは受けていなかったが、はるかにそれを望み見て喜び、そして、地上では旅人であり寄留者であることを、自ら言いあらわした。そう言いあらわすことによって、彼らがふるさとを求めていることを示している。」
・私達もまた、約束の地である天の国を求めて旅をする、それが信仰者の人生である。
―ヘブル11:39-40「これらの人々はみな、信仰によって証しされたが、約束のものは受けなかった。神は私達の為に、さらに良いものをあらかじめ備えて下さっているので、私達を他にしては彼らが全うされることはない。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2002年10月30日祈祷会(創世記32章、神と格闘するヤコブ)
カテゴリートップ
創世記(完)
次
2002年11月13日祈祷会(創世記34章、シケムからベテルへ)