すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記下(完)  >  2008年6月25日祈祷会(列王記下24章、バビロン捕囚)
1.王国の滅亡

・前609年ヨシヤ王はエジプトとの戦いで戦死し、後継として子のヨアハズが立てられるが、三ヶ月でエジプト王により廃位される。ヨアハズの後継として兄のヨアキムが立てられる。
−粁鷁Φ23:31-34「ヨアハズは二十三歳で王となり、三か月間エルサレムで王位にあった。・・・ ファラオ・ネコは、エルサレムで王位にあった彼をハマトの地のリブラに幽閉し、その国には科料として銀百キカル、金一キカルを課した。ファラオ・ネコはヨシヤの子エルヤキムを父ヨシヤの代わりに王とし、名をヨヤキムと改めさせた。一方、ヨアハズはエジプトに連れて行かれ、そこで死んだ」。
・エジプトは前605年北シリアのカルケミシでバビロニア軍に破れ、以降パレスチナはバビロニアの支配下に入る。ヨヤキムは当初バビロニアに従うがやがて反乱を起こし、バビロニア軍はエルサレムを包囲する。
−粁鷁Φ23:36-24:2「ヨヤキムは二十五歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった・・・彼の治世に、バビロンの王ネブカドネツァルが攻め上って来た。ヨヤキムは三年間彼に服従したが、再び反逆した。主は彼に対してカルデア人の部隊、アラム人の部隊、モアブ人の部隊、アンモン人の部隊を遣わされた。主はその僕である預言者たちによってお告げになった主の言葉のとおり、ユダを滅ぼすために彼らを差し向けられた」。
・ヨアキムはこの包囲戦の中で捕らえられ、バビロンに連行されて死ぬ。
−粁鯊綮36:5-6「ヨヤキムは二十五歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった・・・その彼をバビロンの王ネブカドネツァルが攻めて来て、青銅の足枷をはめ、バビロンに引いて行った」。
・列王記記事はバビロニアの侵攻を神の意思と見る。罪を犯したユダを滅ぼすためにバビロニアが遣わされたと。
−粁鷁Φ24:3-4「ユダが主の御前から退けられることは、まさに主の御命令によるが、それはマナセの罪のため、彼の行ったすべての事のためであり、またマナセが罪のない者の血を流し、エルサレムを罪のない者の血で満たしたためである。主はそれを赦そうとはされなかった」。

2.バビロンへの捕囚

・ヨアキムの死後、子ヨヤキンが即位した。ヨアキンの治世下、前598年エルサレムは陥落し、王や主だった家臣たちはバビロンに連行された。その中に祭司エゼキエルもいた。
−粁鷁Φ24:8-14「ヨヤキンは十八歳で王となり、三か月間エルサレムで王位にあった。・・・そのころ、バビロンの王ネブカドネツァルの部将たちがエルサレムに攻め上って来て、この都を包囲した・・・ユダの王ヨヤキンは母、家臣、高官、宦官らと共にバビロン王の前に出て行き、バビロンの王はその治世第八年に彼を捕らえた。・・・彼はエルサレムのすべての人々、すなわちすべての高官とすべての勇士一万人、それにすべての職人と鍛冶を捕囚として連れ去り、残されたのはただ国の民の中の貧しい者だけであった」。
・これはイザヤが預言し、またエレミヤも警告したことだった。しかしユダは悔い改めない故に捕囚が起こった。
−エレミヤ20:4「主はこう言われる。見よ、私はお前を『恐怖』に引き渡す。お前も、お前の親しい者も皆。彼らは敵の剣に倒れ、お前は自分の目でそれを見る。私はユダの人をことごとく、バビロンの王の手に渡す。彼は彼らを捕囚としてバビロンに連れ去り、また剣にかけて殺す」。
・ヨヤキン退位後、叔父のゼデキヤが王として立たされた。ゼデキヤは当初はバビロニアに従ったがやがて反旗を翻し、ゼデキヤは殺され、エルサレムは破壊され、神殿も燃えた。ユダが滅びたのは前587年であった。
−粁鷁Φ24:18-25:7「ゼデキヤは二十一歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった。・・・エルサレムとユダは主の怒りによってこのような事態になり、ついにその御前から捨て去られることになった。ゼデキヤはバビロンの王に反旗を翻した。・・・王は捕らえられ・・・裁きを受けた。彼らはゼデキヤの目の前で彼の王子たちを殺し、その上でバビロンの王は彼の両眼をつぶし、青銅の足枷をはめ、彼をバビロンに連れて行った」。
・国は滅びた。王宮は焼け、神殿も消失した。その中で人々はバビロンに捕囚となった人々に望みを託した。
−粁鷁Φ25:27「ユダの王ヨヤキンが捕囚となって三十七年目の第十二の月の二十七日に、バビロンの王エビル・メロダクは、その即位の年にユダの王ヨヤキンに情けをかけ、彼を出獄させた」。
・このヨヤキン(エコンヤ)の末としてイエスが生まれられた。聖書は「神は滅ぼしても再び生かされる方だ」と証言する。
−マタイ1:12-16「バビロンへ移住させられた後、エコンヤはシャルティエルをもうけ、シャルティエルはゼルバベルを・・・マタンはヤコブを、ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった」。


参考:バビロン捕囚・エレミヤ関連年表(江礼宮夫氏作成)
BC622−ヨシヤ宗教革命(エルサレムの神殿以外廃棄)、エレミヤ支持(エレ11・1〜5、列下23・3)。
BC609−ヨシヤ王、エジプト王ネコに敗れ戦死(王下23・29〜30)。ヨアハズ王(シャルム)即位するも、2ヶ月で、エジプト王ネコに廃せられ、エジプトに連行される(エレ22・10〜11、王下23・33)。
BC608−ヨヤキム(エルヤキム)王擁立される、11年間王位(王下23・34)。即位の祈願で、エレミヤは神殿で演説(エレ26章、7・2〜15、26章)。ヨヤキム、エジプト王ネコに朝貢(王下23・35)。エレミヤ宮殿批判(エレ22・1〜23)。レカブ人の忠誠(エレ35章)
BC606−エレミヤ壷を砕きエルサレムの破滅を神殿で預言(エレ19章)バビロン捕囚を預言(エレ25・3〜14)。エレミヤ、預言をバルクに口述、神殿の出入り禁止される(36・2〜7、45・1)。
BC605−預言の朗読、王は巻物を火に投ず(エレ36・8〜26)。
BC602−ヨヤキム王、バビロニアに反逆、バビロンに連行、殺される(王下24・12、歴下36・6)。
BC598−ヨヤキン(エコンヤ)即位、王位3ヶ月間(王下24・8)。補囚を預言される(エレ22・24〜30)。
BC597−バビロニア、エルサレム占領、第一回捕囚、ヨヤキン王連行される(王下24・10〜16)。
BC597−ゼデキヤ(マタンヤ)王、バビロニアに擁立される、11年間王位(王下24・17、18)。エルサレム滅亡預言(エレ21章)。頚木を付け、バビロン服属を勧告(27章)。
BC594−ハナンヤと対決(28章)。バビロン滅亡を巻物で預言(エレ51・59〜63)。
BC593−エゼキエル召命(エゼ1章)。親エジプト派と、親バビロニヤ派の抗争(エレミヤの手紙、エレ29章)。
BC588−ゼデキヤ、バビロニアに反乱。エルサレム包囲される(エレ39・1、52・3〜4、王下24・20、25・1)。
ゼデキヤの奴隷解放(エレ34・8〜11)。エレミヤの拘留(エレ37章、32・1〜4)。アナトトの畑を買う(エレ32・6〜44)。エレミヤ水溜まりに入れられる、王との会見(38章)。
BC587−バビロニア、エルサレムを破壊、ゼデキヤ王殺される(エレ39・2〜14、52・6〜27)。ユダ王国滅亡、第二回捕囚。ユダは、バビロニアの州に併合される(王下25・2〜21)。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2008年6月18日祈祷会(列王記下23章、救いが見えない中で信じ続ける)
カテゴリートップ
列王記下(完)
次
2008年7月2日祈祷会(列王記下25章、国の滅亡の後で)