すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記下(完)  >  2008年5月21日祈祷会(列王記下19章、アッシリアを追放される主)
1.ヒゼキヤ王の動揺とイザヤの確信

・アッシリア軍はエルサレムを包囲し、降伏を迫った。圧倒的武力を誇るアッシリアの将軍たちは、「お前たちは主に頼ると言うが、その主が何をしてくれると言うのだ」とイスラエルの神を嘲笑した。前701年のことだ。武力では対抗できない。ユダ王ヒゼキヤはこの屈辱を預言者イザヤに訴える「神にとりなして欲しい」と。
−粁鷁Φ19:3-4「今日は苦しみと、懲らしめと、辱めの日、胎児は産道に達したが、これを産み出す力がない。生ける神をののしるために、その主君、アッシリアの王によって遣わされて来たラブ・シャケのすべての言葉を、あなたの神、主は恐らく聞かれたことであろう・・・ここに残っている者のために祈ってほしい」」
・イザヤは、「主はアッシリアを撃たれる」との言葉を伝える。列王記下18−20章の記事はそのままイザヤ書36−39章に引用されている。イザヤ書はアッシリア軍の攻撃に揺れるユダに対して、預言者が語った言葉である。
−粁鷁Φ19:6-7「イザヤは言った『あなたたちの主君にこう言いなさい。主なる神はこう言われる。あなたは、アッシリアの王の従者たちが私を冒涜する言葉を聞いても、恐れてはならない。見よ、私は彼の中に霊を送り、彼がうわさを聞いて自分の地に引き返すようにする。彼はその地で剣にかけられて倒される』」。
・アッシリア軍主力はユダヤの重要拠点ラキシュを落とし、今はリブナの町を攻略している。アッシリア王はそこから、再度の降伏勧告をユダ王に送る(ラキシュの攻防はアッシリアの首都ニネベ宮殿跡の壁画に描かれている)。
−粁鷁Φ19:10-13「ユダの王ヒゼキヤにこう言え。お前が依り頼んでいる神にだまされ、エルサレムはアッシリアの王の手に渡されることはないと思ってはならない。お前はアッシリアの王たちが、すべての国々を滅ぼし去るために行ったことを聞いているであろう。それでも、お前だけが救い出されると言うのか」。
・ヒゼキヤは屈辱の中で主の神殿に行き、救済を祈った「あなたこそユダだけではなく、天地を統べる方であることを今こそ明らかにしてください」と。
−粁鷁Φ19:15-19「イスラエルの神、主よ。あなただけが地上のすべての王国の神であり、あなたこそ天と地をお造りになった方です。・・・生ける神をののしるために人を遣わしてきたセンナケリブの言葉を聞いてください。主よ、確かにアッシリアの王たちは諸国とその国土を荒らし、その神々を火に投げ込みましたが、それらは神ではなく、木や石であって、人間が手で造ったものにすぎません・・・ 私たちの神、主よ、どうか今私たちを彼の手から救い、地上のすべての王国が、あなただけが主なる神であることを知るに至らせてください。」

2.本当に主の言葉に頼って生きることが出来るのか

・ヒゼキヤの祈りに、主はイザヤを通して、言葉を与えられる「アッシリアは私の杖に過ぎないのに、今は私をさえあざ笑うようになった。アッシリアはその報いを受ける。私はアッシリアを撃つ」と。
−粁鷁Φ19:22-34「お前は誰をののしり、侮ったのか・・・イスラエルの聖なる方に向かってではなかったか。・・・ お前が私に向かって怒りに震え、その驕りが私の耳にまで昇ってきたために、私はお前の鼻に鉤をかけ、口にくつわをはめ、お前が来た道を通って帰って行くようにする。・・・主はアッシリアの王についてこう言われる。彼がこの都に入城することはない。またそこに矢を射ることも、盾を持って向かって来ることも、都に対して土塁を築くこともない。彼は来た道を引き返し、この都に入城することはない」
・アッシリアは神の怒りの鞭であるにもかかわらず、自らを神とした。だから主は撃たれる(イザヤ10:5-19参照)。アッシリア軍にペストが発生し、多くの将兵が死に、彼らは包囲を解いて引き上げた(ヘロドトス・歴史参照)。
−粁鷁Φ19:35-36「その夜主の御使いが現れ、アッシリアの陣営で十八万五千人を撃った。朝早く起きてみると、彼らは皆死体となっていた。アッシリア王センナケリブは、そこをたって帰って行き、ニネベに落ち着いた」。
・センナケリブはやがて子の謀反によって殺される(前681年)。人々はその中に主の手を見た(詩篇76編参照)。
−粁鷁Φ19:37「彼が自分の神ニスロクの神殿で礼拝しているときに、アドラメレクとサルエツェルが彼を剣にかけて殺した。彼らはアララトの地に逃亡し、センナケリブに代わってその子エサル・ハドンが王となった」。
・19章の主題は「誰があなたを救うのか。主か武器か」である。私たちは主の言葉に従ってこの世を生きるというが、本当に言葉だけで敵に対抗できるのか、それを信じきるのかと迫られる(イザヤ55:8−11参照)。
−イザヤ30:15-16「わが主なる神は、こう言われた『お前たちは、立ち帰って静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある』と。しかし、お前たちはそれを望まなかった。お前たちは言った『そうしてはいられない、馬に乗って逃げよう』と。それゆえ、お前たちは逃げなければならない」。
・イエスが荒野で悪魔に試みられた主題もそうである。本当に主にのみ頼って生きることが出来るのかと。
−マタイ4:4「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きると書いてある」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2008年5月14日祈祷会(列王記下18章、アッシリア軍の包囲の中で何に頼るのか)
カテゴリートップ
列王記下(完)
次
2008年5月28日祈祷会(列王記下20章、ヒゼキヤの回復とユダヤ滅亡の預言)