すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記下(完)  >  2008年3月19日祈祷会(列王記下9章、アハブ王朝の裁きと滅ぼし)
1.オムリ王朝からイエフ王朝へ

・イエフはイスラエル軍の将軍として、アラム王ハザエルと戦っていた。アハブの子ヨラム王は戦闘で傷つき、イズレエルで療養していた。エリシャはイエフに油を注ぐよう、若い預言者に命じる。
−粁鷁Φ9:1-3「イエフに会いなさい。あなたは入って彼をその仲間の間から立たせ、奥の部屋に連れて行き、油の壺を取って彼の頭に注いで言いなさい。主はこう言われる。私はあなたに油を注ぎ、あなたをイスラエルの王とすると』」。
・イエフはアハブの家を滅ぼすために、預言者に油注がれて(マーシャ)、王(メシヤ)になる。
−粁鷁Φ9:6-10「私はあなたに油を注ぎ、あなたを主の民イスラエルの王とする。あなたはあなたの主君アハブの家を撃たねばならない。こうして私はイゼベルの手にかかった私の僕たち、預言者たちの血、すべての主の僕たちの血の復讐をする」。
・軍は直ちにイエフを王と認め、イエフは軍勢を率いて、イズレエルにいるヨラム王を討つために進軍した。
−粁鷁Φ9:14-16「イエフはヨラムに対して謀反を起こした・・・イエフは戦車に乗ってイズレエルに向かった」。
・イズレエルで、イエフはヨラム王を矢で射殺した。列王記記者はそれを預言の成就として記録する。
−粁鷁Φ9:24-26「イエフは手に弓を取り、ヨラムの腕と腕の間を射た。矢は心臓を射貫き、彼は戦車の中に崩れ落ちた。イエフは侍従ビドカルに言った『彼をイズレエル人ナボトの所有地の畑に運んで投げ捨てよ。私がお前と共に馬に乗って彼の父アハブに従って行ったとき、主がこの託宣を授けられたことを思い起こせ。私は昨日ナボトの血とその子らの血を確かに見たと主は言われた。また、私はこの所有地であなたに報復すると主は言われた。今、主の言葉どおり、彼をその所有地に運んで投げ捨てよ』」。
・ヨラムの母であり、アハブの妻であったイゼベルも預言どおりに殺される。
−粁鷁Φ9:32-37「彼は・・・『その女を突き落とせ』と言った。彼らがイゼベルを突き落としたので、その血は壁や馬に飛び散り、馬が彼女を踏みつけた。・・・人々が葬ろうとして行くと、頭蓋骨と両足、両手首しかなかった。彼らが帰って、そのことを知らせると、イエフは言った『これは主の言葉のとおりだ。主はその僕ティシュベ人エリヤによってこう言われた。イゼベルの肉は、イズレエルの所有地で犬に食われ、イゼベルの遺体はイズレエルの所有地で畑の面にまかれた肥やしのようになり、これがイゼベルだとはだれも言えなくなる』」

2.何故主はアハブを退け、イエフを立てられたのか

・この後、イエフはアハブの家系につながるものをすべて殺し、バアルの信奉者たちもすべて殺した。イエフ革命といわれる出来事である。しかし、イエフは必ずしも、主を敬う男ではなかった。彼は残忍な野心家だった。
−粁鷁Φ10:28-29「このようにして、イエフはイスラエルからバアルを滅ぼし去った。ただ、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムの罪からは離れず、ベテルとダンにある金の子牛を退けなかった」。
・それにもかかわらず、イエフがアハブの家を滅ぼすための器として用いられる。
−歴代誌下22:7「イエフは、アハブの家を絶つために主が油を注がれた者である」。
・偶像礼拝者は皆殺しにすべきなのだろうか。イエスの言われた「剣をとらない平和」は、旧約にはないのだろうか。しかし、イザヤは剣を取る愚かさを伝える。
−イザヤ2:4「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない」。
・旧約聖書における聖絶をどのように捕らえるか、私たちに残された課題である。
*聖絶:ヘーレムあるいはハーラムの訳語として,レビ記,申命記,ヨシュア記などに用いられる.申7:1‐6において,7つの異邦の民の聖絶が命じられている.それは,主の聖なる民が,入植地カナンの宗教によって腐敗させられないためである.したがって,神への奉納物は,ここでは,「忌みきらうべきもの」(申7:26),のろわれるべきもの,滅ぼし尽されるべきもの,根絶やしにして除くべきものを意味している.このような聖絶の目的は,先住民が「その神々に行なっていたすべての忌みきらうべきことをするようにあなたがたに教え,あなたがたが,あなたがたの神,主に対して罪を犯すことのないため」と説明されている(申20:18).
・預言者ホセアを通して主は、このイエフの暴力革命を批判される。イエフは必要以上の暴力を用いて自分の野心を遂げた。主は決してイエフの行為を容認されていない。
−ホセア1:4-5「主は彼に言われた『その子をイズレエルと名付けよ。間もなく、私はイエフの王家に、イズレエルにおける流血の罰を下し、イスラエルの家におけるその支配を絶つ。その日が来ると、イズレエルの平野で、私はイスラエルの弓を折る』」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2008年3月12日祈祷会(列王記下8章、歴史の中に働かれる神)
カテゴリートップ
列王記下(完)
次
2008年3月26日祈祷会(列王記下10章、主は暴力を肯定されるのか)