すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記上(完)  >  2007年12月12日祈祷会(列王記上18章、主を選ぶか、バアルを選ぶか)
1.エリヤとアハズの対決


・イスラエルの背信に対する懲らしめとして、3年間の旱魃と飢饉が与えられた後、エリヤはアハズ王の前に出るように、主に命じられる。
−砧鷁Φ18:1-2「多くの日を重ねて三年目のこと、主の言葉がエリヤに臨んだ『行って、アハブの前に姿を現せ。私はこの地の面に雨を降らせる』。エリヤはアハブの前に姿を現すために出かけた」。
・サマリアはひどい飢饉に襲われていた。アハブは危機打開の道を探っていた。
−砧鷁Φ18:3-6「アハブは宮廷長オバドヤを呼び寄せた・・・『この地のすべての泉、すべての川を見回ってくれ。馬やらばを生かしておく草が見つかり、家畜を殺さずに済むかもしれない』。彼らは国を分けて巡ることにし、アハブは一人で一つの道を行き、オバドヤも一人でほかの道を行った」。
・エリヤはアハブの前に姿を現し、旱魃を終わらせるために、バアルの預言者との対決を求める。
−砧鷁Φ18:17-19「アハブはエリヤを見ると『お前か、イスラエルを煩わす者よ』と言った。エリヤは言った『私ではなく、主の戒めを捨て、バアルに従っているあなたとあなたの父の家こそ、イスラエルを煩わしている。今イスラエルのすべての人々を、イゼベルの食卓に着く四百五十人のバアルの預言者、四百人のアシェラの預言者と共に、カルメル山に集め、私の前に出そろうように使いを送っていただきたい』」。
・アハブは偶像に仕える祭司たちを集めた。エリヤは対決の前に民に言う「これは主が神か、バアルが神かの戦いだ。傍観は許されない」。権力者を恐れて口をつぐむ行為も、同じく背信の行為だとエリヤは警告する。
−砧鷁Φ18:20-21「アハブはイスラエルのすべての人々に使いを送り、預言者たちをカルメル山に集めた。エリヤはすべての民に近づいて言った『あなたたちは、いつまでどっちつかずに迷っているのか。もし主が神であるなら、主に従え。もしバアルが神であるなら、バアルに従え』。民はひと言も答えなかった」。


2.神と偶像の違い


・バアルの預言者との対決が始まった。エリヤは雄牛を用意し、バアルの火で犠牲を焼き尽くすように求めた。バアルの預言者は祭壇の周りを踊り、体を傷つけてバアルの応答を求めたが、何も起こらなかった。
−砧鷁Φ18:25-29「エリヤはバアルの預言者たちに言った『あなたたちが一頭の雄牛を選んで準備し、あなたたちの神の名を呼びなさい。火をつけてはならない』。彼らは与えられた雄牛を取って準備し、朝から真昼までバアルの名を呼び・・・祈った。しかし、声もなく答える者もなかった。彼らは築いた祭壇の周りを跳び回った。・・・ 彼らは大声を張り上げ・・・剣や槍で体を傷つけ、血を流すまでに至った。真昼を過ぎても、彼らは狂ったように叫び続け、献げ物をささげる時刻になった。しかし、声もなく答える者もなく、何の兆候もなかった」。
・今度はエリヤが主の祭壇を修復した上で、燔祭の雄牛を捧げ、主に祈った。
−砧鷁Φ18:36-37「アブラハム、イサク、イスラエルの神、主よ、あなたがイスラエルにおいて神であられること、また私があなたの僕であって、これらすべてのことをあなたの御言葉によって行ったことが、今日明らかになりますように。私に答えてください。主よ、私に答えてください。そうすればこの民は、主よ、あなたが神であり、彼らの心を元に返したのは、あなたであることを知るでしょう。」
・エリヤの祈りに応えて主は火を送られた。これを見た民は「主こそ神です」とひざまずいた。前には権力者を恐れて口をつぐんでいた民がいまや彼らの信仰を明らかにした。
−砧鷁Φ18:38-39「すると、主の火が降って、焼き尽くす献げ物と薪、石、塵を焼き、溝にあった水をもなめ尽くした。これを見たすべての民はひれ伏し、『主こそ神です。主こそ神です』と言った」。
・この物語は、バビロンにいる捕囚民に向けて語られている。エルサレム陥落と神殿崩壊を見た民は「主がバビロンの守護神マルドゥークに負けた」と思い、異教礼拝に走った。その民に、主はバアルを打ち負かされたようにマルドークをも打ち負かされる。偶像は人間が作ったものであり、虚構に過ぎないのだと歴史家は伝える。
−イザヤ46:1-2「ベルはかがみ込み、ネボは倒れ伏す。彼らの像は獣や家畜に負わされ、お前たちの担いでいたものは重荷となって、疲れた動物に負わされる。彼らも共にかがみ込み、倒れ伏す。その重荷を救い出すことはできず、彼ら自身も捕らわれて行く」。
・主は民の悔い改めをみて、彼らのために雨を降らせられる。苦しみの時は終わった。どのような苦しみもいずれは終わる。主は私たちを滅ぼすためではなく、救うために苦難を与えられるからだ。
−イザヤ40:1-2「慰めよ、私の民を慰めよとあなたたちの神は言われる。エルサレムの心に語りかけ、彼女に呼びかけよ。苦役の時は今や満ち、彼女の咎は償われた、と。罪のすべてに倍する報いを主の御手から受けたと」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2007年12月5日祈祷会(列王記上17章、世を支配される主)
カテゴリートップ
列王記上(完)
次
2007年12月19日祈祷会(列王記上19章、失意の預言者を励まされる神)