すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記上(完)  >  2007年11月14日祈祷会(列王記上13章、背信への道を走る北王国への警告)
1.ベテルへの呪い


・ソロモンの死後、王国は分裂し、北王国の王となったヤロブアムはエルサレムに対抗するために、ベテルに祭壇を築き、そこに偶像を安置した。自国内に祭壇がないと民の心が離れると危惧したからである。
−砧鷁Φ12:26-28「ヤロブアムは心に思った『今、王国は、再びダビデの家のものになりそうだ。この民がいけにえをささげるためにエルサレムの主の神殿に上るなら、この民の心は再び彼らの主君、ユダの王レハブアムに向かうだろう』。彼はよく考えたうえで、金の子牛を二体造り、人々に言った『あなたたちはもはやエルサレムに上る必要はない。見よ、イスラエルよ、これがあなたをエジプトから導き上ったあなたの神である』」。
・権力者は宗教を治世のための道具とする。明治期に靖国神社が造られたのも、戦争遂行の道具としてであった。これはもはや信仰ではなく、政略に過ぎない。創造主なる神はこのような政略を打ち砕かれる。
−砧鷁Φ13:1-2「主の言葉に従って神の人がユダからベテルに来たときも、ヤロブアムは祭壇の傍らに立って、香をたいていた。その人は主の言葉に従って祭壇に向かって呼びかけた『祭壇よ、祭壇よ、主はこう言われる。見よ、ダビデの家に男の子が生まれる。その名はヨシヤという。彼は、お前の上で香をたく聖なる高台の祭司たちを、お前の上でいけにえとしてささげ、人の骨をお前の上で焼く』」。
・ヨシヤは前622年頃のユダヤ王(ヤロブアムの時代から300年後)で、申命記の精神に基づいて神殿改革を行い、ベテル等の祭壇を廃棄した。列王記上13章の記事は300年後の神殿改革をもとに記述されている。
−粁鷁Φ23:15-17「(ヨシヤは)ベテルにあった祭壇と、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムが造った祭壇と聖なる高台を取り壊し・・・アシェラ像を焼き捨てた。ヨシヤは振り向いて、山に墓があるのを見、その墓の骨を取りにやり、その骨を祭壇の上で焼いて祭壇を汚した。かつて神の人がこのことを告げたが、その神の人の告げた主の言葉のとおりになった。ヨシヤは『あそこに見える石碑は何か』と言った。町の人々は『神の人の墓です。この人はユダから来て、あなたがベテルの祭壇になさったことを予告しました』と答えた」。


2.物語の意味を考える


・この神の人はヤロブアムに警告した後、北王国の人と交わるなと神の戒めを破り、殺されてしまう。
−砧鷁Φ13:20-22「彼らが食卓に着いているとき、神の人を連れ戻した預言者に主の言葉が臨んだ。彼はユダから来た神の人に向かって大声で言った『主はこう言われる。あなたは主の命令に逆らい、あなたの神、主が授けた戒めを守らず、引き返して来て、パンを食べるな、水を飲むなと命じられていた所でパンを食べ、水を飲んだので、あなたのなきがらは先祖の墓には入れられない』」。
・北王国の老預言者は自国に与えられた呪いを解くために、南から来た神の人の裏切りを誘い、言葉の効果を減殺しようとした。しかし、彼は神の人の死に方を見て、この言葉はそれにもかかわらず真実であることを認める。
−砧鷁Φ13:31-32「埋葬の後、老預言者は息子たちに言った『私が死んだら、神の人を葬った墓に私を葬り、あの人の骨のそばに私の骨を納めてくれ。あの人が、主の言葉に従ってベテルにある祭壇とサマリアの町々にあるすべての聖なる高台の神殿に向かって呼びかけた言葉は、必ず成就するからだ』」。
・ここに描かれる神は旧約聖書の証言する神とは異なる。旧約の神は知らずに犯した罪を罰せられる神ではない(申命記19:4−7参照)。聖書は何故この物語を保持するのか。それは、神は背信行為を忍耐強く悔い改めるように求められるが、それでも悔い改めない場合には、最終的な決断をされることの証しとしてである。
−ヤロブアム以降200年間のイスラエルの歴史は、背信の歴史である。王は部下に殺され、新しい王もまた殺されていく。そのイスラエルは前722年にアッシリアに滅ぼされ、民は異国に捕囚され、後には異民族が移殖された。その異民族の子孫がサマリヤ人であった。ゆえにイスラエルにとってサマリヤ人は汚れの対象となる。
・この警告にもかかわらず、ヤロブアムは悔い改めることをしなかった。ヤロブアム王朝は子のナダブの時に反乱者バシャによって滅ぼされ、一族はすべて殺された。悔い改める機会を逃したものには残酷な結末が待つ。
−砧鷁Φ13:33-34「この出来事の後も、ヤロブアムは悪の道を離れて立ち帰ることがなく、繰り返し民の中から一部の者を聖なる高台の祭司に任じた。志望する者はだれでも聖別して、聖なる高台の祭司にした。ここにヤロブアムの家の罪があり、その家は地の面から滅ぼし去られることとなった」。
−砧鷁Φ15:28-30「バシャがナダブを殺し、代わって王となったのは、ユダ王アサの治世第三年のことであった。彼は王になるとヤロブアムの家の者をすべて撃ち、ヤロブアムに属する息のある者を一人も残さず、滅ぼした。これは、・・・ヤロブアムが自ら罪を犯し、またイスラエルに犯させた罪によって、イスラエルの神、主の怒りを招いたためである」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2007年11月7日祈祷会(列王記上12章、レハブアムの愚かさとヤロブアムの罪)
カテゴリートップ
列王記上(完)
次
2007年11月21日祈祷会(列王記上14章、北王国への鞭)