すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  列王記上(完)  >  2007年10月31日祈祷会(列王記上11章、ソロモンの背信と王国の混乱)
1.ソロモンの背信


・ソロモンは700人の妻を持った。その多くは政略結婚による外国人の妻であり、彼女たちが持ち込んだ異教礼拝が国中に広がった。アシュトレトはバアルの女神で豊穣の神、性道徳の乱れが広がり、ミルコム=モレクの神は人身犠牲を求める偶像神であった。ソロモンは世界を支配するイスラエルの神を単なる部族神に貶めた。
−砧鷁Φ11:3-8「彼には妻たち、すなわち七百人の王妃と三百人の側室がいた。この妻たちが彼の心を迷わせた。ソロモンが老境に入ったとき、彼女たちは王の心を迷わせ、他の神々に向かわせた。こうして彼の心は、父ダビデの心とは異なり、自分の神、主と一つではなかった。ソロモンは、シドン人の女神アシュトレト、アンモン人の憎むべき神ミルコムに従った。・・・ソロモンは、モアブ人の憎むべき神ケモシュのために、エルサレムの東の山に聖なる高台を築いた。アンモン人の憎むべき神モレクのためにもそうした。また、外国生まれの妻たちすべてのためにも同様に行ったので、彼女らは、自分たちの神々に香をたき、いけにえをささげた」。
・主はソロモンの背信に怒られ、何度もソロモンに忠告されたがソロモンは聞かなかった。ここにおいて主はソロモンの子から王国を取り上げられることを宣告された。
−砧鷁Φ11:9-13「ソロモンの心は迷い、イスラエルの神、主から離れたので、主は彼に対してお怒りになった。主は二度も彼に現れ、他の神々に従ってはならないと戒められたが、ソロモンは主の戒めを守らなかった。そこで、主は仰せになった『あなたがこのようにふるまい、私があなたに授けた契約と掟を守らなかったゆえに、私はあなたから王国を裂いて取り上げ、あなたの家臣に渡す。あなたが生きている間は父ダビデのゆえにそうしないでおくが、あなたの息子の時代にはその手から王国を裂いて取り上げる。ただし王国全部を裂いて取り上げることはしない。わが僕ダビデのゆえに、私が選んだ都エルサレムのゆえに、あなたの息子に一つの部族を与える』」。


2.王国の混乱


・主の怒りはまず、ダビデにより征服されたエドム王国の反乱となって現れる。王国南部が不安定化した。
−砧鷁Φ11:14「こうして主は、ソロモンに敵対する者としてエドム人ハダドを起こされた。彼はエドムの王家の血筋を引く者であった」。
・王国北部ではダビデが征服したシリア地方に反乱が起こり、ダマスコも王国から分離していった。
−砧鷁Φ11:23-25「また神は、ソロモンに敵対する者としてエルヤダの子レゾンを起こされた。・・・彼らはダマスコに行って住み着き、ダマスコで支配者となった」。
・最大の反乱はエフライム部族の指導者ヤロブアムによって起こされた。彼は預言者アヒヤを通して主の託宣を受け、イスラエル10部族の支配権を与えられた。
−砧鷁Φ11:31-33「十切れを取るがよい。イスラエルの神、主はこう言われる。私はソロモンの手から王国を裂いて取り上げ、十の部族をあなたに与える。・・・ 私がこうするのは、彼が私を捨て、シドン人の女神アシュトレト、モアブの神ケモシュ、アンモン人の神ミルコムを伏し拝み、私の道を歩まず、私の目にかなう正しいことを行わず、父ダビデのようには、掟と法を守らなかったからである」。
・ヤロブアムはソロモンの死後、統一王国から離脱し、北王国を創設する。イスラエル10部族の王国からの離脱は直接的にはソロモンの課した強制徴用と重税であったが、列王記記者は王国分裂の背後に主の怒りを見ている。
−砧鷁Φ12:3-4「ヤロブアム・・・は、レハブアムにこう言った。『あなたの父上は私たちに苛酷な軛を負わせました。今、あなたの父上が私たちに課した苛酷な労働、重い軛を軽くしてください。そうすれば、私たちはあなたにお仕えいたします』」。
・主がダビデになされた約束(サムエル記下7:8-16)はソロモンの背信により破られた。しかし主は約束を守られる。ソロモンに与えられた裁きは王国の分裂であり、彼の子どもたちは生存を許される。
−砧鷁Φ11:35-39「私は彼の息子の手から王権を取り上げ、それを十部族と共にあなたに与える。彼の息子には一部族を与え、私の名を置くために私が選んだ都エルサレムで、わが僕ダビデのともし火が私の前に絶えず燃え続けるようにする。・・・こうして私はダビデの子孫を苦しめる。しかし、いつまでもというわけではない」
・それから千年の時を経て、ダビデの末から新しい王、真実の王キリストが起こされる。
−マタイ1:6-16「エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、ソロモンはレハブアムを、レハブアムはアビヤを、アビヤはアサを・・・マタンはヤコブを、ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2007年10月24日祈祷会(列王記上9-10章、ソロモンの繁栄と陰り)
カテゴリートップ
列王記上(完)
次
2007年11月7日祈祷会(列王記上12章、レハブアムの愚かさとヤロブアムの罪)