すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  サムエル記下(完)  >  2007年6月20日祈祷会(サムエル記下10-11章、罪に負けるダビデ)
1.アンモン戦争とバテシバ事件


・アンモン王ナハシュが死に、ダビデは弔問使節を送り,子ハヌンを慰めようとしたが,ハヌンは,使節たちをスパイ扱いし,侮辱して送り返した。アンモン人との戦いが始まり、戦いはダビデ軍の勝利となり、アンモン軍は首都ラバ(今日のアンマン)に逃げ帰った。春になり、ダビデはアンモン討伐のために再度将軍ヨアブと軍を送り込む。
―競汽爛┘11:1「年が改まり、王たちが出陣する時期になった。ダビデは、ヨアブとその指揮下においた自分の家臣、そしてイスラエルの全軍を送り出した。彼らはアンモン人を滅ぼし、ラバを包囲した。しかしダビデ自身はエルサレムにとどまっていた」。
・これまでダビデは民の先頭に立って戦った。しかし、今回は出陣せず、王宮で午睡をむさぼっていた。王として慢心し始めた。目が覚めた彼は王宮の屋上を散歩し、一人の美しい女が水浴びをしているのを眼下に見た。
―競汽爛┘11:2「ある日の夕暮れに、ダビデは午睡から起きて、王宮の屋上を散歩していた。彼は屋上から、一人の女が水を浴びているのを目に留めた。女は大層美しかった」。
・女はヘト人ウリヤの妻バテシバだった。夫ウリヤはアンモン戦争に出陣して留守だった。ダビデは女を王宮に呼び、これと寝た。女は妊娠した。ダビデは王の権力を用いて、戦争に出征中の部下の妻と姦淫を犯した。
―競汽爛┘11:3-5「ダビデは人をやって女のことを尋ねさせた。それはエリアムの娘バト・シェバで、ヘト人ウリヤの妻だということであった。ダビデは使いの者をやって彼女を召し入れ、彼女が彼のもとに来ると、床を共にした。彼女は汚れから身を清めたところであった。女は家に帰ったが、子を宿したので、ダビデに使いを送り、「子を宿しました」と知らせた」。


2.うそにうそを重ねるダビデ



・バテシバの妊娠を知ってダビデはあわてる。彼はつじつまを合わせるために夫ウリヤを戦場から送り帰らせ、妻と寝させようとするが、ウリヤは戦場の同胞のことを考慮して家に帰らず、ダビデの戦略は失敗する。
―競汽爛┘11:6-9「ダビデはヨアブに、ヘト人ウリヤを送り返すように命令を出し、ヨアブはウリヤをダビデのもとに送った。ウリヤが来ると、ダビデはヨアブの安否、兵士の安否を問い、また戦況について尋ねた。それからダビデはウリヤに言った「家に帰って足を洗うがよい」。ウリヤが王宮を退出すると、王の贈り物が後に続いた。しかしウリヤは王宮の入り口で主君の家臣と共に眠り、家に帰らなかった」。
・ダビデは再度ウリヤを家に帰らせようとするが、ウリヤは拒否する。ダビデはウリヤの忠誠を喜ぶのではなく、自分の悪事の露見を恐れてウリヤを戦死させようとする。神の人ダビデでさえもこのような行動をした。
―競汽爛┘11:13-15「ダビデはウリヤを招き、食事を共にして酔わせたが、夕暮れになるとウリヤは退出し、主君の家臣たちと共に眠り、家には帰らなかった。翌朝、ダビデはヨアブにあてて書状をしたため、ウリヤに託した。書状には、「ウリヤを激しい戦いの最前線に出し、彼を残して退却し、戦死させよ」と書かれていた」。
・将軍ヨアブはダビデの命に従い、ウリヤを最前線に送り戦死させる。この戦いでウリヤ以外の者も戦死した。
―競汽爛┘11:16-17「町の様子を見張っていたヨアブは、強力な戦士がいると判断した辺りにウリヤを配置した。町の者たちは出撃してヨアブの軍と戦い、ダビデの家臣と兵士から戦死者が出た。ヘト人ウリヤも死んだ」。
・バテシバはウリヤの喪が明けると、ダビデの妻として王宮に入った。しかし、主はこの行為を許されなかった。
−競汽爛┘11:26-27「ウリヤの妻は夫が死んだと聞くと、夫のために嘆いた。喪が明けると、ダビデは人をやって彼女を王宮に引き取り、妻にした。彼女は男の子を産んだ。ダビデのしたことは主の御心に適わなかった」。
・ここに二つの問題がある。一つはダビデのように、主を信じ、従って行こうと決意した人間でも、このような罪を犯すことだ。私たちの中にある罪はそれほど力が強い。パウロの嘆きは決して大げさではない。
−ローマ7:22-24「内なる人としては神の律法を喜んでいますが、私の五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、私を、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。私はなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれが私を救ってくれるでしょうか」。
・もう一つは王の罪、王の中の王と慕うダビデの罪を聖書は隠さないことだ。マタイはイエスの系図を書く時に、わざわざソロモンを「ウリヤの妻によるダビデの子」と書く。何故だろうか。
−マタイ1:1-16「アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、・・・オベドはエッサイを、エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、ソロモンはレハブアムを・・・マタンはヤコブを、ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2007年6月13日祈祷会(サムエル記下9章、約束の履行)
カテゴリートップ
サムエル記下(完)
次
2007年7月4日祈祷会(サムエル記下12章、その男はあなただ)