すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  サムエル記上(完)  >  2006年10月25日祈祷会(サムエル記上2章、自分を養う祭司は除かれる)

1.エリの息子たちの罪


・不妊の女ハンナは主に祈って子サムエルを与えられ、彼女は喜びの歌を歌う。前半は、不妊の女という辱めが除かれた祝福、自分を苦しめた側女ぺニナを見返せた喜びを歌う。そこにあるのは個人の喜び、個人の感謝である。
―汽汽爛┘2:1-5「主にあって私の心は喜び、主にあって私は角を高く上げる。私は敵に対して口を大きく開き、御救いを喜び祝う。・・・驕り高ぶるな、高ぶって語るな。思い上がった言葉を口にしてはならない。主は何事も知っておられる神、人の行いが正されずに済むであろうか。・・・子のない女は七人の子を産み、多くの子をもつ女は衰える」。
・個人の喜びから始まった歌が、やがて全てを支配され、貧しい者を省み、弱い者を立ち上がらせる主の讃美へと導かれていく。主は人間の利己的思いさえも聖化され、良き事のために用いられる。
―汽汽爛┘2:6-8「主は命を絶ち、また命を与え、陰府に下し、また引き上げてくださる。主は貧しくし、また富ませ、低くし、また高めてくださる。弱い者を塵の中から立ち上がらせ、貧しい者を芥の中から高く上げ、高貴な者と共に座に着かせ、栄光の座を嗣業としてお与えになる。大地のもろもろの柱は主のもの、主は世界をそれらの上に据えられた」。
・サムエルはシロの神殿で祭司として成長していく。他方、大祭司を務めるエリの息子たちは、権力を傘に来て主に捧げるべき肉を横取りしていた。祭司には腿と胸肉が与えられる規定であったが、彼らはそれ以上に欲した。
―汽汽爛┘2:12-14「エリの息子はならず者で、主を知ろうとしなかった。この祭司たちは、・・・だれかがいけにえをささげていると、その肉を煮ている間に、祭司の下働きが三つまたの肉刺しを手にやって来て、釜や鍋であれ、鉢や皿であれ、そこに突き入れた。肉刺しが突き上げたものはすべて、祭司のものとした」。
・肉の中でもっとも貴重な脂肪は焼いて主に捧げる慣わしであったが、彼らはそれも自分たちのものとした。
―汽汽爛┘2:15-16「人々が供え物の脂肪を燃やして煙にする前に、祭司の下働きがやって来て、いけにえをささげる人に言った。「祭司様のために焼く肉をよこしなさい。祭司は煮た肉は受け取らない。生でなければならない。」「いつものように脂肪をすっかり燃やして煙になってから、あなたの思いどおりに取ってください」と言っても、下働きは、「今、よこしなさい。さもなければ力ずくで取る」と答えるのであった」。
・エリは息子たちの悪評を聞いて彼らを戒めたが、息子たちは聞こうとしなかった。
―汽汽爛┘2:22-25「エリは彼らを諭した。「なぜそのようなことをするのだ。私はこの民のすべての者から、お前たちについて悪いうわさを聞かされている。息子らよ、それはいけない。主の民が触れ回り、私の耳にも入ったうわさはよくない。人が人に罪を犯しても、神が間に立ってくださる。だが、人が主に罪を犯したら、誰が執り成してくれよう。」しかし、彼らは父の声に耳を貸そうとしなかった。主は彼らの命を絶とうとしておられた」。


2.祝福はエリ家からサムエルへ



・「人が人に罪を犯しても、神が間に立ってくださる。だが、人が主に罪を犯したら、誰が執り成してくれよう」。祭司が罪を犯した時には主が彼を除かれる。祭司の役割は人々のために仕える事であり、自分を養うことではない。
―エゼキエル34:2-10「災いだ、自分自身を養うイスラエルの牧者たちは。牧者は群れを養うべきではないか。お前たちは乳を飲み、羊毛を身にまとい、肥えた動物を屠るが、群れを養おうとはしない。・・・私の群れは略奪にさらされ、私の群れは牧者がいないため、あらゆる野の獣の餌食になろうとしているのに、私の牧者たちは群れを探しもしない。・・・見よ、私は牧者たちに立ち向かう。私の群れを彼らの手から求め、彼らに群れを飼うことをやめさせる。牧者たちが、自分自身を養うことはもはやできない。私が彼らの口から群れを救い出し、彼らの餌食にはさせないからだ」。
・エリと息子たちも、自分を養った故に、祭司職から除かれる。
―汽汽爛┘2:29-34「あなたはなぜ、私が命じたいけにえと献げ物を私の住む所でないがしろにするのか。なぜ、自分の息子を私よりも大事にして、私の民イスラエルが供えるすべての献げ物の中から最上のものを取って、自分たちの私腹を肥やすのか。・・・あなたの二人の息子ホフニとピネハスの身に起こることが、あなたにとってそのしるしとなる。二人は同じ日に死ぬ」。
・そして新しい祭司が立てられる。それが神殿で育てられているサムエルである。
―汽汽爛┘2:35「私は私の心、私の望みのままに事を行う忠実な祭司を立て、彼の家を確かなものとしよう。彼は生涯、私が油を注いだ者の前を歩む」。
・教会では牧師が祭司として立てられる。牧師の基本は教会員に仕えることだ。それを忘れた時、牧師もまた除かれる。
―ヨハネ10:12-15「羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。狼は羊を奪い、また追い散らす。彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。私は良い羊飼いである。私は自分の羊を知っており、羊も私を知っている。それは、父が私を知っておられ、私が父を知っているのと同じである。私は羊のために命を捨てる」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2006年10月18日祈祷会(サムエル記上1章、悲しみが喜びに変えられた)
カテゴリートップ
サムエル記上(完)
次
2006年11月1日祈祷会(サムエル記上3章、サムエルの召命)