すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  士師記(完)  >  2006年8月16日祈祷会(士師記13−14章、不完全な人を用いられる主)

1.サムソンの誕生

・最後の士師サムソンの物語も士師記の主題(罪の犯し−神の懲らしめ−救済)の中で語られる。ペリシテ人は海の民であり、イスラエルの仇敵である。戦いはサムソンから始まり、サムエル、サウル、ダビデを経て、現在も続く(パレステナ=ペリシテの地)。主はサムソンを母の胎内にいるときから選ばれた。
―士師記13:1「イスラエルの人々は、またも主の目に悪とされることを行ったので、主は彼らを四十年間、ペリシテ人の手に渡された。その名をマノアという一人の男がいた。彼はダンの氏族に属し、ツォルアの出身であった。彼の妻は不妊の女で、子を産んだことがなかった。主の御使いが彼女に現れて言った『・・・あなたは身ごもって男の子を産む。その子は胎内にいるときから、ナジル人として神にささげられているので、その子の頭にかみそりを当ててはならない。彼は、ペリシテ人の手からイスラエルを解き放つ救いの先駆者となろう』」。
・ナジル人、神から特別の召命を受け、聖別(ナーザル)された者。強い酒を飲まないこと、髪をそらないことが求められた。洗礼者ヨハネもナジル人と呼ばれている。
―民数記6:2-8「特別の誓願を立て、主に献身してナジル人となるならば、ぶどう酒も濃い酒も断ち・・・ナジル人の誓願期間中は、頭にかみそりを当ててはならない。・・・ナジル人である期間中、その人は主にささげられた聖なる者である」。
・サムソンは祝福の元に生まれ、成長した。主は彼と共におられた。
―士師記13:24-25「女は男の子を産み、その名をサムソンと名付けた。子は成長し、主はその子を祝福された。主の霊が彼を奮い立たせ始めたのは、彼がツォルアとエシュタオルの間にあるマハネダンにいたときのことであった」。


2.ふさわしくない者を用いられる主


・成長したサムソンはペリシテ人の女性に心を奪われ、妻として迎えるように父に依頼する。無割礼の異民族の女性との婚姻はに両親は反対するが、これも主の計画であったと士師記は描く。この出来事を通してサムソンは仇敵ペリシテと関係を持つからだ。
―士師記14:3-4「父母は言った『お前の兄弟の娘や同族の中に、女がいないとでも言うのか。無割礼のペリシテ人の中から妻を迎えようとは』。・・・父母にはこれが主の御計画であり、主がペリシテ人に手がかりを求めておられることが分からなかった。当時、ペリシテ人がイスラエルを支配していた」。
・婚礼に向かう道すがら、サムソンは獅子に出会うが、主の霊は彼と共にあり、彼は撃退する。やがて獅子の死骸に蜜蜂が巣をつくり、蜂蜜ができた。死骸に触れるなとの戒めにもかかわらず、死骸から蜂蜜を集める。
―士師記14:5-9「一頭の若い獅子がほえながら向かって来た。そのとき主の霊が激しく彼に降ったので、彼は手に何も持たなくても、子山羊を裂くように獅子を裂いた・・・しばらくして・・・獅子の屍を見ようと脇道にそれたところ、獅子の死骸には蜜蜂の群れがいて、蜜があった。彼は手で蜜をかき集め、歩きながら食べた」。
・婚礼の席でも彼は飲酒し、なぞをかける。そのなぞを解くためにペリシテ人は彼の妻を脅し、妻は同族のためにサムソンを裏切る。この事件を契機にサムソンは30人のペリシテ人を殺す。
―士師記14:19「そのとき主の霊が激しく彼に降り、彼はアシュケロンに下って、そこで三十人を打ち殺し、彼らの衣をはぎ取って、着替えの衣としてなぞを解いた者たちに与えた。彼は怒りに燃えて自分の父の家に帰った」。
・乱暴者のサムソンがペリシテ人を殺した。神の民イスラエルは無割礼のペリシテの支配下にいてはいけなかった。ペリシテを恐れて何もしない民を奮起させるために主はサムソンを用いられた。ギデオンにセヨ、エフタにせよ、不完全な人である。主は不完全な人を用いて御旨を行われる。ヘブル書は彼らを信仰の人として描く。
―ヘブル11:32-34「これ以上、何を話そう。もしギデオン、バラク、サムソン、エフタ、ダビデ、サムエル、また預言者たちのことを語るなら、時間が足りないでしょう。信仰によって、この人たちは国々を征服し、正義を行い、約束されたものを手に入れ、獅子の口をふさぎ、燃え盛る火を消し、剣の刃を逃れ、弱かったのに強い者とされ、戦いの勇者となり、敵軍を敗走させました」。
・主の御心は私たちにはすぐにはわからないことが多い。しかし、後になるとわかる。ヨセフは兄弟たちの裏切りでエジプトに売られて苦労したが、やがて一族を救うために自分があらかじめエジプトに導かれたことを知る。
―創世記45:4-8「ヨセフは兄弟たちに言った『私はあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセフです。しかし、今は、私をここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神が私をあなたたちより先にお遣わしになったのです。・・・私をここへ遣わしたのは、あなたたちではなく、神です。神がわたしをファラオの顧問、宮廷全体の主、エジプト全国を治める者としてくださったのです』」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2006年8月9日祈祷会(士師記12章、イスラエルの罪の歴史としての士師記)
カテゴリートップ
士師記(完)
次
2006年8月23日祈祷会(士師記15―16章、弱かったのに強くされたサムソン)